JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

甲状腺ホルモン低下症です。 一日のスケジュールをシミュレーションすると、また、気の向かない場所だと とてつもなく

解決済みの質問:

甲状腺ホルモン低下症です。
一日のスケジュールをシミュレーションすると、また、気の向かない場所だと
とてつもな く不安に苛まれる時があります。
喉がカラカラになり、パニックになりそうになります。
でも、スケジュールの峠を越す事を想像すると治ります。
あと、ロングブレスをすると落着きます。
簡単な薬も欲しいのですが、かかりつけの医師はくせになると
おっしゃいます。
運動不足ですが、運動をすると良いのでしょうか?
不安症状の時は、心不全になるのかと思ったりもします。
アドバイスをお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
不安症に対してはパロキシル、ゾロフト,エフェキサルのような選択的セロトニン再取り込み阻害剤である抗うつ剤と認知行動療法がききます。かかりつけの医師がいっているのはベンゾダイアゼパンで習慣性があります。上記の抗うつ剤は習慣性はありません。認 知行動療法とは否定的な思考や行動を同定し、肯定的なものに置き換える特定のスキルを教えることです。望ましくない状況が変化していない場合でも、あなたが対応する方法を変更することで、ストレスを軽減し、あなたの生活のなかでコンとロールできるようになります。毎日運動をすること,健康食を食べること,飲酒を控えること,瞑想やヨガをすること,十分に睡眠を取ることも手助けとなります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

甲状腺ホルモンの低下と不安症の相関関係があるかどうかを、


教えていただけると納得するのですが、いかがでしょうか。


 


以前はこの不安症は、今と同じ環境においてさほどありませんでした。


 


よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

甲状腺ホルモンの低下と不安症の相関関係があるかどうかを、


教えていただけると納得するのですが、いかがでしょうか。


 


以前はこの不安症は、今と同じ環境においてさほどありませんでした。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
甲状腺ホルモン低下症は不安症は関係ありませんが甲状腺ホルモン亢進症は関係があります。過剰な甲状腺ホルモンの内服は不安症を起こします。過剰な甲状腺ホルモンの内服をしていないかその担当医を受診して血中のTSHを調べてもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問