JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 370
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

V-Pシャント再建術における脳室内出血のリスクについて(脳神経外科の先生)

質問者の質問

脳神経外科の先生、水頭症V-Pシャント再建術と脳室内出血のリスクについて 教えて下さい。


 


【経過】


1)5歳のとき髄膜炎にかかり、その後水頭症を発症、V-Pシャントをしました。


 


2)19歳になり、5歳時に入れたシャントが詰まったため、新たにV-Pシャントをしました。 このとき、主治医から、「スリット脳室 ぎみなので、シャントと脈絡叢が癒着する可能性があり、今回入れたシャントを抜くと出血する」と言われ、シャントが詰まった場合、このことを、医師に伝えるように言われ ました。


 


【質問】


 シャント再建術には、「現在入れているものを抜いて交換する方法」、「別の 場所に新たにシャントを入れる方法」があると聞いています。 5歳の時のシャ ントは抜いていないため、既にシャントは2本入っています。 このため、以下 について教えて下さい。


 


1)今度、シャントが詰まった場合、「交換する方法」と「新たに入れる方法」のどちらを選んだほうが良いでしょうか?


 


2)交換する方法(抜いて同じ場所に入れる)は「出血する可能性があると」と説明を受けています。 交換する方法を選択する場合、事前に出血の可能性を診断する必要があるでしょうか? また、MRI、血管造影検査等で診断可能ですか?


 


3)術後、脳室内出血が発症した場合、どのような合併症の発症が予想されますか?   また、予後はどのようになりますか? できれば、出血量との関係も知りたい です。


 


以上、宜しくお願い致します。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
1)私ならば、2本とも抜去して新たなシャントを挿入します。
この主治医の先生は、おそらく内視鏡手術というものをご存知では無いか、
やった事がないためそのことに触れていないものと拝察いたします。
私は、神経内視鏡の技術認定医ですので、そのあたりのことはよくわかっています。

2)内視鏡を用いて交換する方法であれば、見ながら直視下にできますので、出血のリスクはずいぶん軽減できます、と言いますか、出血してもきちんと止血してから、
手術を終了できます。
ということで、3)の術後の出血の心配は、神経内視鏡を併用したVP シャント術tを行う限り出血を考える必要がほとんどなくなります。

神経内視鏡手術ができる施設を選ぶ事をおすすめ申し上げます。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

nou-no-moribito


>神経内視鏡手術ができる施設を選ぶ事をおすすめ申し上げます。


お世話になります。 w.mです。


神経内視鏡手術ができない場合の回答を期待していました。


こちらでの評価はどのようにしたらよいでしょうか?


以上、よろしくお願いいたします。


 

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
内視鏡手術ができない場合ですね。

内視鏡手術ができない場合には、私であれば、シャントチューブの周辺に何があり、どのくらい癒着しているかをみたいですので、
CTよりは、MRIで検査します。しかし、詳細は見えないと思います。
ですから、実際にシャントチューブを少し引っ張ってみて、抜けなければ止めるしかないです。
過去にもそうやって、少し引っ張ったら抜けたので交換した症例は経験があります。
でも、やっぱり心配です、術後出血が。

で、術後出血ですが、これは、必ず「脳室内出血」になります。
内視鏡手術で術後にこれを来した事はありますが、少量の出血で止血しました。
シャント抜去時の出血は経験ありませんが、脳室が血腫で充満するまで止血しない可能性はあると思います。
少量の出血であれば、ほとんど症状はないか、頭痛や発熱(それに伴うシバリング=震え)、見当識障害など。
中等量であれば、意識障害が加わってくると思います。頻脈や過呼吸も起こりえます。
そして、それでも出血が持続するとなると脳ヘルニアを起こして死亡する可能性もあると思います。
あくまでも出血源が動脈なのか静脈なのかによってもずいぶん異なった結果になると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

>私であれば、シャントチューブの周辺に何があり、どのくらい
>癒着しているかをみたいですので、
>CTよりは、MRIで検査します。しかし、詳細は見えないと思います。
私は、「脳の診断はMRIのほうが優位性がある」と聞いています。
先生の回答に、「MRIで検査します。しかし、詳細は見えない」と
ありますが、


・MRIを撮ることで、留置状況及び癒着状況が、ある程度診断できる。
・留置状況が悪く癒着が確認できた場合、シャントを抜いた場合、
 出血する可能性の診断ができる。
・このようにして、留置状況及が悪く癒着が確認できた場合、
 「新たにシャントする方法」を選択することができる。
・古いシャントは、神経内視鏡のある病院で安全に抜くことができる。(これは、前回の回答)


という理解はあっているでしょうか?


 


なお、シャントを入れた先生からは、「シャントを抜くと出血する」と
説明があり、シャントの説明書にも以下のように記載されています。
【シャント説明書】
「・近位カテーテルが側脳室に適切に留置されない場合、脳室
 壁や脈絡叢に食い込む恐れがあります。その場合、近位カ
 テーテルの閉塞になることがありますので、留置部位につ
 いては特に注意が必要です。
 ・近位カテーテルが繊維性癒着により周囲の脈絡叢または脳
 室壁に付着することがあります。その際近位カテーテルを
 無理に抜こうとしないで下さい。力をかけないと除去でき
 ない場合は、脳室内出血の可能性がありますのでそのまま
 にしておくことをお勧めします。」


>ですから、実際にシャントチューブを少し引っ張ってみて、抜けなければ止めるしかないです。
>過去にもそうやって、少し引っ張ったら抜けたので交換した症例は経験があります。
少し引っ張って抜けた場合、シャントチューブに脳組織はどのくらいつくでしょうか?
また、抜いたシャントは、家族に、「提示する」、「提示しない」のどちらが一般的でしょうか?


 


>少量の出血であれば、ほとんど症状はないか、頭痛や発熱(それに伴うシバリング=震え)、見当識障害など。
>中等量であれば、意識障害が加わってくると思います。頻脈や過呼吸も起こりえます。
・脳室内出血が認められた場合、継続して、頭痛や発熱、頻脈や過呼吸を
 発症することが予見できる
・継続して発症したシバリング、40℃超の高熱の原因は、脳室内出血の(可能性がある)or (可能性が高い)
という理解はあっているでしょうか?


細かな質問になりますが、宜しくお願い致します。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
順にお答えいたします。
1)その理解で良いと思います。
2)付着する脳組織はごくわずかですね。
  私なら呈示しますね。少し抵抗があって抜けた訳ですから後からのCTで
  出血があるかもしれませんし。しかし、見せなければいけないというわけでは
  ありませんから、ご家族からの希望にもよるでしょうね。
3)ある程度は予見できるでしょう。
  そうですね、術後のCTで出血を見ている場合には、意識障害が進行してくれば出  血の増大を疑えますが、シバリングや、高熱だけでは無理でしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


JustAnswerは、「役に立った」の評価で完了にしました。 


お願いなのですが、いままでのQAの内容を以下にまとめました。


病院に説明したいこともあり、内容があっているか確認して頂けないでしょうか? 以上、宜しくお願いします。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
はい、確認しました。

メイルも頂きましたので、お答え完了しました。

医療 についての関連する質問