JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1月30日に階段を落ちて、病院へ行くと左足関節靭帯損傷、右下腿挫創との診断。湿布をはり、サポーターをしていますが、左

解決済みの質問:

1月30日に階段を落ちて、病院へ行くと左足関節靭帯損傷、右下腿挫創との診断。湿布をはり、サポーターをしていますが、左足首は腫れており一向に、元に戻る気配がありません。最近は通院もしていませんが、くるぶしの下あたりに軟骨くらいの硬さのコロコロと動く楕円形のようなものもあり、治るのか心配になってきました。病院をかえて診察してもらった方が良いでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

足関節は構造が複雑で、整形外科の中でも専門性が高い領域です。

受診・通院されているのはどのような規模の整形外科でしょうか? ちなみに、靭帯損傷に対して、湿布はほとんど治療的意義がありません。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

名古屋市南区の救急指定病院にもなっている「医療法人 三和会 山口病院」という病院で、診療科目は:整形外科・外科・消化器科・脳神経外科・内科・肛門科・リウマチ科・皮膚泌尿器科・リハビリ科・放射線科・麻酔科となっています。


勤務先でけがをした為、勤務先の近くの病院に行った感じです。


湿布が意味のないものだとはしりませんでした。


くるぶしの上の骨のあたりも触るだけでもまだ痛いです。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

湿布を皮膚に貼っても、靭帯には有効成分が届かないのです。効果的なのは、氷や氷嚢で冷やすことです。

足首関節は、細かい骨や靭帯、腱が入り組んでおり、レントゲンやMRIを撮影しても、専門性の高い医師でなければ骨折を見逃す場合すらあります。
http://da5wf380ybs7x.cloudfront.net/var/ezwebin_site/storage/images/media/images
http://www.bodywork-center.com/blog/wp-content/uploads/2010/11

相談者様の場合、受傷から2ヶ月が経っていますから、少なくとも現在受けられている治療が病状に対して十分なものではないと申し上げざるをえません。

足外科の専門医を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本足の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本足の外科学会認定 専門医一覧】
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

名古屋には、専門医が2名いますね。
http://www.jssf.jp/general/hospital/city_06.html#name1

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問