JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

カナダに在住11歳の女児です。9歳の時、おたふくかぜのようなものに罹り、(おたふくかぜの予防注射は受けていた)その後

質問者の質問

カナダに在住11歳の女児です。9歳の時、おたふくかぜのようなものに罹り、(おたふくかぜの予防注射は受けていた)その 後、数ヶ月に1度、右あごの下が腫れます。耳鼻科でみてもらいCTもとり、来月OK432注射を受ける予定です。腫れは数週間くらいで消え、しばらくするとまた出るというのを繰り返しています。こちらのドクターからの説明だと生まれつきもっていた嚢のようなものがあるからそれをかためるものを入れるということですが、全身麻酔でしなくてはならず、今はほとんど腫れもないので本当に必要なことなのか心配になりました。
ネットで調べるとガマ腫に対してOK432は有効とあり、反復性耳下腺炎に対してのこの治療法の記事は見つけられませんでした。
思春期以降は自然に消えることもあると書かれていたので今は様子をみてこの治療は受けない方がいいのか迷い始めています。
英語だと専門的なことがよくわからないのでどうかご助言をいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
それで,診断名は英語でなんといわれているのでしょうか。
正確にはあごのどの辺りが腫れるのでしょう。耳の手前あたりではなくあごの下なんですよね?
中心線より耳寄りですよね?

MUCOCELE OF SALIVARY GLAND
RECURRENT PAROTITIS

どちらでしょう?

私は北米の医師です。
日米の医師免許を所持しています。
かかられたのはENTの専門医ですよね。

今から勤務を終えて帰路につきます。
お返事はこの時間から一時間後くらいになりますがご了承下さいね。
その他、追加の情報がございましたらぜひ書き込まれて下さいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.


返答が遅くなりすみません。


今朝、ENTに電話して診断名を聞いたところ、


history of Cystic Hygroma


OK432にはNeck Massでブッキングしてある。ということしか教えてもらえませんでした。


腫れるのは右あご下、ちょうど耳からあごの先の中間くらいでひどい時は全体、軽い時は見逃してしまう程度です。


中心線よりは耳寄りです。


耳下腺なのか唾液腺なのか、どこに問題があるのかははっきりわかりません。1分診療であまり突っ込んだ質問をすると医師の機嫌がとたんに悪くなります。具体的にどこに何があるのかわかった上でこの処置をおこなう必要があるのか家族として納得してから臨みたいのですが、今は疑問だらけです。処置前にもう1回診察の予約があるのでその時にできるだけわからないことは解消しておきたいと思い、このサイトを利用しています。


家族を病院の検査後に亡くした経験があり、検査や手術に対しトラウマがあるのでできるだけの準備をしておきたく、よろしくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
今、お返事を読みました。
今から私の意見をまとめてみますね。
お待ちください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


次回の診察は3月13日です。


 


診察のとき、このことは聞いておいたほうがよい、といったアドバイスもありましたらよろしくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
もうひとつ、質問なのですが、Cystic Hygroma は確かな診断なんですね。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.

お返事をお待ちしましたがないようですので、Cystic Hygromaが正しい診断であるとして私の意見を書かせていただきますね。

Cystic Hygromaはガマ腫でも、耳下腺炎でもないです。
日本名は水滑液嚢腫といいます。
リンパ管腫ヒグローマとも言いますね。
内皮細胞で内張りされたリンパ液を満たした嚢腫の集まりからなる種瘤です。
頚部に見られることが多いのですが、他の部分に見られることもありますし、単純な構造のこともあれば複雑なこともあります。

首にある腫瘤はどのようなものであれ基本的には外科的に取り除くことが一番いいといわれていますが、腫れるたびにもし感染症が原因であれば抗生物質で感染症をたたきます。
たとえばClindamycin、Amoxicillin/Clavulanate もしくは1stか 2nd GenerationのCephalosporinを使いますね。
今までもそうやって治療されてきたのではないかと想像します。

OK-432での硬化療法は無難なところですね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Cystic_hygroma

外科的な根治術を選ばれるとは今の段階では思えないので、他にもよく使われているEthanolやBleomycinでの硬化療法はどうか伺ってみたらどうでしょう。
硬化療法でリンパ管が小さくなることを狙います。
また全身麻酔は麻酔医が行いますから安全ですが、小児の経験のある麻酔医であるかどうか伺ってください。治療自体は30分くらいのようです。

日本語での情報を探ってみましたがあまりないですねぇ。
お送りしたサイトは英語ですが、わからない部分があれば遠慮なくおっしゃって下さい。





docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


docmmart様


 


早速の回答ありがとうございました。


Cystic hygroma が確定診断であるかはわかりません。


(今日はクリニックはお休みです)


自分なりに紹介していただいたサイトなどで読むと胎児期や小児期(2歳以下で発症することがほとんどで娘の場合にはあてはまりません。


なので次回診察の時にドクターに確定診断であるのか伺ってみます。


診察後にまだ不明な点がある場合、また質問してもよろしいでしょうか?


今回はここで1度評価させていただきます。


ご丁寧にありがとうございました。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
ごていねいにありがとうございました。
診断がはっきりていないならそれが最初の疑問です。

またのご投稿をお待ちしています。

医療 についての関連する質問