JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

唇の炎症で皮膚が薄くなっている

解決済みの質問:

唇の炎症で皮膚が薄くなっている
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

この件で、既に皮膚科にはかかられたでしょうか?

ご記載の症状はいつ頃から現れたものでしょうか?

「唇の炎症」とのことですが、痛みやかゆみは強いですか? 唇に皮疹はあるでしょうか。

精神科のお薬(特にヒルナミンは強いお薬です)を服用されていますが、最近、これらのお薬の内容に変更はなかったでしょうか?

パニック障害の治療を行っている医師(精神科医?)には唇の件は相談しましたか?

パニック障害以外の持病や常用薬があれば教えて下さい。

今回のご相談でご質問になられたいことを具体的に教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


はじめまして、よろしくお願いします。                              二年前くらいに、口角炎と口唇炎で皮膚科に行き、ステロイドの軟膏をつけました。痛みがひどく赤くはれ、一向に良くなりませんでした。             他の皮膚科へ行ってステロイド、アトピーの薬、ビタミンの飲み薬を飲んでも良くならず、扁平苔癬の疑いで大学病院へ移りましたが、大学病院でもステロイドを出されて使用した結果、副作用でカビになりカビの薬とステロイドの繰り返しでした。大学病院から自宅近くの皮膚科に戻されても良くならず、金属アレルギーの検査もしました。異常なしです。                        次に口腔外科にも行って唇の皮膚が薄く新しい皮膚が付かない状態なのでステロイドなどの薬は全てやめるように指示されました。             ハリゾンシロップのうがい薬を数ヶ月続けたが良くならず、アズノール軟膏をもらいました。まだ炎症が収まらず薬局で薬剤師が唇を見てステロイドの後遺症で唇が薄くなっていると言われました。現在は口内軟膏とアズノール軟膏でなんとか炎症を抑えています。毎日、膜のようなものが取れます。    特に下唇と上唇の下半分が悪いです。尚、歯科にも行き歯周病の治療も終えてます。皮膚科の病院ではステロイド以外の薬ないと言われて以来怖くて病院へは行けません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

追加で知らせます。唇に皮疹はありません。小さなぶつぶつがあります。常に薬を付けているので乾いた状態になりません。精神科の薬は変更したことはありません。十年近く同じです。パニック障害以外薬はありません。精神科医に唇のことは言ってます。血液検査も行い異常なしです。この病気は何ですか?治りますか?単なる口唇炎だと思っていたものが二年二ヶ月も治りません。病院へ行ってから一層悪くなりました。助けてください。お願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様の唇の皮膚が薄くなってしまったのは、薬剤師の方が仰ったとおり、ステロイドによる皮膚萎縮という副作用であると考えられます。
ステロイドが表皮の増殖と再生を抑制することで皮膚が薄くなる現象です。
皮膚萎縮は一度発生すると治りにくく、長期間後遺症に悩まされることが多いステロイドの局所性副作用です。
http://d.hatena.ne.jp/halks55/20110902/p1

一方で、ステロイドを急に止めることによってリバウンドで炎症が強く現れることがあります。局所の免疫力も低下していますから、感染症も起こりやすい状態であったかもしれません。
http://www.atopymanual.com/steroid/

相談者様の場合、ごく弱いステロイドを使用して少しずつ減量していくか、今のままステロイドを使用せずに他のお薬での炎症コントロールを試みるかする必要があります。
時間はかかりますが、現在の「口内軟膏とアズノール軟膏でなんとか炎症を抑え」られているのならば、その方針で治療を続けられるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問