JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4034
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

海外で合気道のトレーニング中に突き指をして、左手親指の付け根、2番目の関節、MP関節を剥離骨折しました。2月5日の出

解決済みの質問:

海外で合気道のトレーニング中に突き指をして、左手親指の付け根、2番目の関節、MP関 節を剥離骨折しました。2月5日の出来事です。
診療所での治療に効果がなく、発症4日後に、整形外科を受診し、シーネギブスで3週間固定しましたが、骨が剥離したまま、戻っていない状態です。
ある程度までしか曲がらない状態ですが、最低限、日常生活はできる状態です。
<質問1>
すぐに手術をした方が良いのでしょうか?
それとも、例えば、数か月や1年後に、手術することができますか?
(2)仕事に影響が出るため、通院の時間が取れない(1)できれば日本帰国後に日本で手術したい という理由で、可能なら、少し後にしたいと思っています。
<質問2>
難しい手術でしょうか?それとも、専門医であれば、誰でもできる手術ですか?
難しい手術の場合は、日本で評判の良い医師を探し、お願いしたいと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
その関節が使えないことで長期の放置は指が動かせないことで筋肉の萎縮を起こします。そのMP関 節の剥離骨折はベネット骨折といわれ,大部分の場合,手術が必要となります。シーネギブスで3週間固定しましたが、骨が剥離したまま、戻っていない状態ですので早期に手術をした方が良いです。
手の専門の整形外科医に手術をしてもらってください。
日本のどこに帰られますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

やはり、すぐに手術をした方が良いのですね。


 


その場合は、すぐに帰国することが難しいので、


現地の Hand&Microsurgery 専門医であるDr. Rajesh Singh( http://www.medeguide.com/rajesh-singh)にお願いしようと思っています。


サイトの情報によると15年の経験があると書かれています。



手術内容は、専門医であれば、難易度は通常のものであり、危険はないだろう、と認識していますが、


やはり、確かな医師を選ばなければ、危険が伴う手術ですか?



日本に帰国が必要な場合、東京か大阪のどちらかになると思います。


その場合、必要となる滞在日数など教えていただければ、助かります。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
Dr. Rajesh Singhの経歴(オー ストラリアでトレーニングを受けている)から大丈夫と思います。手の専門医で経験が十分あれば、難易度は通常のものと思います。
http://www.ukmsc.com.my/wp-content/uploads/2011/11/Dr-Rajesh-Singh-CV.pdf
東京であれば東京慈恵医大付属病院の整形外科をお勧めします。
http://www.jikeiseikei.com/orthopedics/hand/index.html
入院は2週間程度になりますがその後の通院はどの程度かかるかわかりません。リハビリは海外の病院で受けることができると思います。直接,電話をかけて大まかな必要となる滞在日数についてきいてみてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


Dr. Rajesh Singhの診察を受けてみて、手術ができるようならお願いしようと思います。


 


ギブスの装着期間は、どれくらいになりますでしょうか?
どれくらいで、また合気道ができるようになりますか?


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
4-6週間は固定する必要があります。それは難しい質問です。固定の後,手を護るためにキャストまたはスプリントをつけて合気道ができるようになります。しかし,キャストまたはスプリントをつけずに合気道ができるには痛みがないこと,圧痛がないこと,その関節の動きが十分であることが必要となります。それは個人個人でその回復は違います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問