JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

32歳専業主婦、3歳になる子どもがいます。 もともと短気な性格ではありましたが、結婚してから半年ほどで夫婦のコミュニケーション不足で、 うつ状態になり、心療内科へ約1年通院

解決済みの質問:

32歳専業主婦、3歳になる子どもがいます。

もともと短気な性格ではありまし たが、結婚してから半年ほどで夫婦のコミュニケーション不足で、
うつ状態になり、心療内科へ約1年通院しました。

その後、出産を経て、子どもが1歳半になったころ、心身ともに非常に疲れて、また心療内科へ。
これも1年近く、今から半年前まで通院していました。
このときの診断は、軽度のうつ、抑うつ状態という感じです。

通院時は投薬治療(ジェイゾロフト、レキソタン、レンドルミンD錠)と、集団心理療法やカウンセリングで、気持ちの持ち方、考え方で今の状態から脱せられる、と自分で納得し、医師からも許可がでて、
通院終了となりました。

最近また、情緒が不安定になってきました。
子どもが片づけをしない、言うことを聞かないなど、幼児にしたら当然の些細なことで、イライラというか、キレるとういうのでしょうか、烈火のごとく子どもに大声で怒鳴ったり怒ってしまうのです。
また、一度イライラすると、イライラが1日中引きずった状態です。
当日は子どもに対して怒りがこみ上げてきますが、しばらくすると自分は普通じゃない、虐待の域だろうと落ち込み、こんな母親は迷惑だろうと思います。
翌日は、子どもだから当たり前、今日は叱らずに余裕を持って、こどもと向き合おうと思い、
昨日よりたくさん、子どもが求めるたびに抱っこをします。

しかし、最近はそれが短いサイクルで、イライラと、謝罪の繰り返し。
おとといは、朝食を食べずに遊び始めた、お菓子を要求する子どもに怒鳴ってしまいました。

そのとき改めて、自分の異常さに気づき、ネットで調べて、
自分は境界性人格障害なのではないかと思いました。
ネットの診断では、傾向ありでした。以下該当項目です。

私は周囲の人や物事からいつも見放されている気がする
他人との親しい個人的関係を持つのを恐れている
私は人生に立ち向かう力がないと感じている
自分の人生を自分でコントロールできないと思う
私はなんでも新しいことが怖い
)何かを決定することは私には難しい
できるだけ努力しても決してうまくいかない
私が いないほうが、家族はむしろうまくやっていくだろう
私は至るところで失敗している人間だと思いはじめている
この先、何をしたいのか私にはわからない
何か変な考えが頭に浮かぶと私はそれを取り除けない
私は自分自身を尊敬することができない
私は人生の失敗者だ
誰か他人の責任を負うことは怖いことだ
自分が他人に必要とされている人間とは思わない
私は自分の人生を生きることができないと思っている
私は友人をつくることが下手である
私はもはや人に認められる人間になるには遅すぎる
私は残酷な考えが浮かんで苦しむことがある
私は自分が男性(女性)であることに自信を持っていない
私は長く友人づきあいが出来ない

心療内科、精神科へもう一度行くことは確定だと思います。
子どもにもやはり影響があると思います。
子どもへのケアはどうしたらよいでしょうか。

長文で申し訳ありません、ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

境界性人格障害(パーソナリティ障害)は、ある日突然発症する病気ではなく、生来の性格の偏りのことですから、ご記載を拝読する限りは、相談者様は境界性人格障害というよりは、うつ病の再発を呈している可能性が高いと考えます。

 

まず、相談者様はうつ病の治療を終結されていますが、継続されるべきであったかもしれません。
「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われましたが、うつ病に関しては慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。


【うつ病の再燃と再発-予防法の実際-】
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_21.htm

また、うつ状態になると、患者様の性格のネガティブな面が前面に出ますから、一見すると人格障害に見えてしまうことは少なくありません。


実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず、これに関して確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.

先生、ご返信ありがとうございます。


 


さっそく、記されたサイトで診断を致しましたところ、14点でした。


 


今日、ここへ相談して、吐き出せたからか、気持ちは落ち着いています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

少しでも楽になられたのであれば何よりです。

行っていただいたQIDSは、感度が高いうつ病診断のための質問票です。
もちろんこれで確定診断が下せるものではありませんが、中等症を意味する14点という点数が出たことは、人格障害ではなく、うつ病を念頭に心療内科を受診すべき、という方針を後押しする結果であると思います。

この結果を携えて、心療内科を受診されることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問