JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4039
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

私は現在右足裏に相当な痺れと太もも裏、左足裏の親指付け根付近に軽い痺れがあります  昨年6月に歩行困難な腰痛で整形外

解決済みの質問:

私は現在右足裏に相当な痺れと太もも裏、左足裏の親指付け根付近に軽い痺れがあります  昨年6月に歩行困難な腰痛で整形外科で坐骨神経痛(股間節狭窄)と診断され、 11月ころまでリハビリとして、整復師のマッサージを受けましたが、改善のみとうしはなく 少しづつ、症状が悪化しているように思います。 今は服薬も通院治療もしておりません 手術しか方法はないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
坐骨神経痛の原因がその整形外科医は何と言っているのでしょうか。ヘルニアでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

レントゲンの映像は見ました。医師は椎間板に変形は見受けないので、坐骨神経痛だろうって。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
レントゲンはX線を意味するのでしょか,それともMRIを意味するのでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

X線で腰部の上、横、斜めの3方向から撮りました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
X線では椎間板は見えず腰椎ヘルニアはわかりません。MRIをとる必要があります。MRIのある大きな病院の整形外科を受診してMRIをとってもらってください。今は腰痛はありませんか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

通常の生活には痛みは全くありませんが、寒い日の立ん坊、40分位散歩後に脊椎右5cmの骨盤上部に軽い痛みがでます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
最初から比べるとかなり良くはなってきているようです。手術以外の他の治療としては腰椎の硬膜外へのステロイドの注射があります。6ヶ月で3回まで打つことができます。それが効かないようなら座骨神経を圧迫している椎間板の一部を取り除く手術が必要となります。まず,大きな病院の整形外科に行ってMRIをとってもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問