JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 370
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

はじめまして、私の69歳の母のことです。以前から左目が見えにくく、下垂体の上に腫瘍(良性のアエデノーマ?)あり視神経

質問者の質問

 私の69歳の母のことです。以前から左目が見えにくく、総合病院の脳神経外科で、下垂体の上に袋状の腫瘍(良性のアデノーマ、ラトネのう胞)があり視神経を圧迫していると診断されました。鼻から中の液体を抜き出す手術を行いました。直後は見えるようになりましたが、すぐでまた元に戻りました。同じ手術を一年間で3回繰り返し、それでもよくならず、ひと月前に脳の開頭手術 をしました。胞嚢の膜を破りの一部を上部から取り、中身が液体なので腫瘍自体はなくなりました。


 ところが悪いほうの左目はまったく良くならず(左半分が見えません)、なおかつ悪くなかった右目がまったく見えなくなりました。光には反応しているそうですが視力はありません。開頭手術の際、たまった液体を後から注射器で抜けるようにシリコン?のチューブをいれていました。が、右目が見えなくなったため急遽手術当日の夜にそのチューブを抜き取りました。手術時のビデオも見せてもらいましたが、白い視神経そのものを傷つけている様子はありませんでした。


 その後もMRIはとっていますが、主治医は原因がわからないそうで、ステロイド注入くらいしかしていません。現在も入院中です。どうすればいいでしょうか?回復の望みはないのでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
手術による影響と思われますが、腫瘍によって圧迫をうけている視神経の場合には、
手術でその圧迫をうまく解除できても、術後に視力の悪化を見る事があり得ます。
原因としては、視神経を栄養している血管の流れが悪くなることによるのかもしれませんし、なかなか原因の特定は困難です。
主治医の先生が言われる様に、原因不明といわざるを得ないと思います。
私にも経験があります。

まだ、術後1ヶ月目とのことですから、3ヶ月目くらいまでは、期待が持てると思いますので、もうしばらく我慢して経過を見られてはいかがでしょうか。
治療法としては、ステロイドが一番と思います。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございました。少し様子を見てみます。


先生の患者さんはその後視力はある程度回復したのでしょうか?

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
少し改善したと思いますが、残念ながらほとんど見えない状態で症状固定となりました。

医療 についての関連する質問