JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4037
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

Dr_GATOさま。こんにちは。再度質問させてください。外転神経麻痺はそもそもなんの病気から発生するものですか?髄膜

解決済みの質問:

Dr_GATOさま。こんにちは。再度質問させてください。外転神経麻痺はそもそもなんの病気から発生するものですか?髄膜腫が数ミリ単位でも外転神経近くにあれば麻痺が起こるものでしょうか?もしくは神経自体に腫瘍があるということも考えられるのでしょうか?また、手術で外転神経を巻き込んで(切断)腫瘍をとっているとしたら、それをMRIで執刀医以外の医師でも確認することはできるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
外転神経麻痺の最も一般的な原因は、脳卒中、外傷、ウイルス性疾患、脳腫瘍、炎症、感染症、片頭痛, そして,脳内圧の上昇です。髄膜腫が数ミリ単位でも外転神経近るだけでは麻痺は起りません。髄膜腫が外転神経を巻き込めば麻痺は起ります。手術で外転神経を巻き込んで(切断)腫瘍をとっている としたら、それをMRIで執刀医以外の医師でも確認することはできるかという質問ですが他方の正常の外転神経の位置とくらべることで外転神経があるかどうかを判断することは可能ですが手術によって本来の位置からずれている可能性もあります。その場合外転神経があったとしても同定することは難しいかもしれません。正常の位置にあるならば同定することは可能です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

外転神経を傷つけないで手術をするという約束で手術承諾したわけですが、術前よりも複視の状態がひどくなったとすれば、やはり神経を切断している可能性が高いということになりますか?


術後8ヶ月がたち、複視の状態は以前よりひどくなり、頻頻に頭痛がおきるようになりました。


頭蓋骨がきちんとはめられていなくてずれていることも分かりました。心身共ににダメージを受け


先日は心療内科を受診しました。まだ気持ちとしては法で解決していきたいと思っています。


私の考え方は間違っていると思われますか?


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
可能性としては神経の切断はあります。他の可能性としては術後の炎症,癒着によって神経がダメージを受けていることが考えられます。神経の切断又は損傷をうけていればMRIで確認できるかも知れません。放射腺医または脳外科医にMRIを見てもらってください。法で解決することはまちがっていません。お金の問題ではないとおもいますが仮に勝訴したとしても十分な賠償額を得られないかもしれませんが気持ちとしてはすっきりすると思います。医療訴訟専門の弁護士と話をしてください。健闘を祈っています。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

いつも丁寧に詳しくご回答をありがとうございます。参考資料として使わせて頂きます。またよろしくお願い致します。

医療 についての関連する質問