JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

高校1年生女子です。H24,4月にヒールのサンダルで歩行中階段の一番上から尻もちをついた状態で下まで落ちました。現場

解決済みの質問:

高校1年生女子です。H24,4月にヒールのサンダルで歩行中階段の一番上から尻もちをついた状態で下まで落ちました。現場にいなかったので詳しい事は分かりませんが、その後痛みは続きましたが、手術するほどの事も無いだろうと受診せず様子を見ていました。
その年の夏(確か8月頃)に整形外科を受診しレントゲン を撮ったところ、尾骨骨折で90度以上屈曲しているとのことでした。
ただ、手術をする場所ではないのでこのまま生活してくださいと言われました。
現在も、座るたびに「痛っ」て時には飛び上がり、椅子のうえにはクッションが手放せません。
もう、このまま一生付き合っていかないといけないのでしょうか?
手術は適応にはならないですか?
もし、手術できるとしたら、どのような手術で、どちらの病院に行けば良いでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
ご指名ありがとうございます。

レントゲン写真はお手元にございますか。
添付できるなら拝見したいです。
どのような整形外科を受診されましたか。
痛みの対処はどのようにされているのでしょう。
ドーナッツクッションは利用されていますでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

レントゲンは手元には有りません。


横から写した写真では、腸側に90度以上、確か私が見た感じでは105度位完全にポキッと折れていました。受傷後、数か月経過していたので、このまま固まってしまっている。お産の時に不具合があるかも、と言われました。


 


病院は市立総合病院で整形外科医が4名程いると思います。


これで病院が参考になるかどうか分かりませんが。


 


痛みの対処はクッションやドーナツクッション、学校では膝掛けを折りたたんで敷いているようです。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
わかりました。

実は今勤務中で、後ほどゆっくりアドバイスが書きたいのでそれでよろしいでしょうか。
2時間ほどお時間をください。

よろしくお願いします。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お待たせいたしました。

少し長くなりますが、よろしくお願いいたします。

娘さんの骨折はかなりお悪そうですね。
10数年の私のキャリアの中でそのようにひどい骨折を見たことは実はないです。

治療法としましては原則として骨折が治癒するまでの痛みの管理となるのが一般なんですね。
尾骨が正常な位置から外れている場合でも、その角度を修正したりはしないです。
尾骨のあたりの筋肉は非常にパワフルで、しばしばその筋肉が外れた位置から元の状態に引っ張り戻してくれることもあります。今一度レントゲンを撮ってもらってもいいかもしれませんね。
尾骨のあたりにはいくつかの筋肉がありますね。

ふつう腕を折ったらギブスで固定しますが、尾骨の固定は非常に難しいですし、いくつかある周りの筋肉が動き続けますので骨折の治癒にも時間がかかります。
お分かりになりますよね。

ゆえにその辺りの痛みは続けて起こります。
長期間に渡って痛むことも稀ではないです。
最初は安静にするように指示されますが、そのうちに動ける範囲で動くようにします。
娘さんの場合はもうすでに何ヶ月も経っていますが、骨折のひどさを考慮に入れますとまだまだ痛みは残る時期であることも考えられますが、そろそろ、ステロイド注射を考慮されてもいいでしょうか。
ステロイドは強力な抗炎症薬です。

書かれてはいませんが、排便の時にも痛むなら、ファイバーをたくさんあげて便秘を防ぎましょう。
ウオッシュレットの他にお尻を暖かいお水をおふろにいれてそこに10ー20分の間沈めるといいです。
排便による痛みが和らぎます。

続けてクッションはお使いください。
ドーナッツクッションはいいですよね。
そして座る椅子はかえって硬いものがいい時もあります。
椅子が柔らかすぎますと、尾骨のあたりに圧力がかかりすぎることがあるからです。
エアークッションもいいですね。

次に外科手術のお話に移ります。
外科手術は尾骨切除術と言います。
簡単なお話、尾骨を取り除く手術です。
ただし、尾骨の骨折が原因でこの手術をしてくれる医師はほとんどいないと思います。
この手術は、尾骨のあたりに腫瘍ができてその切除が必要な場合に行われます。
合併症としましてはふつうの手術で起こりうる感染症や麻酔によるもの以外に、場所が腸に近いところであることから、腸からのバクテリアが入り込んでシビアな感染症を起こしうるということがあります。
術後のリカバリーは非常に時間がかかります。
3ヶ月から1年は、かかるそうです。

お勧めしたいのは今のところ手術ではなく、ステロイドの注射ですね。
整形外科ならどこでも大丈夫。
ご相談になってみたらどうでしょうね。

参考になるといいのですが。。。
私は尾骨骨折の患者さんは時折目にしますが、手術は勧めたことは一度もないですねぇ。
2001年の資料ではこの尾骨切除術で83%の成功率だそうですよ。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

 先生の誠実さが伝わってまいりました。


元々便秘がちでしたが、最近は排便の度に出血しており肛門のケアの必要性は感じておりました。参考にさせて頂きます。


 近いうちに再受診し、レントゲンを撮って頂こうかと思います。


 又、先生の助言を参考に担当医へ相談させて頂こうと思います。


娘は手術してほしいと申しておりましたので、今回の返答を一緒に拝見させて頂き、納得した様です。


 お忙しい中、2症例共 丁寧にご回答頂き心から感謝致します。有り難うございました。


 


 

医療 についての関連する質問