JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4098
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

どうぞよろしくお願いします。去年から減り始めていた体重が、とうとう10キロ減り病院へ行きました。去年

質問者の質問

どうぞよろしくお願いします。


 


去年から減り始めていた体重が、とうとう10キロ減り病院へ行きました。


 


去年、消化器科で逆流性食道炎・慢性胃炎と診断されたので、それが悪化して いるのではないかと思い病院に行き、先日2月4日から8日までに、CT検査、 胃カメラ、大腸検査を受けました。


 


結果は同じ慢性胃炎でしたが、医師から胃腸だけではなく、「CT検査に写った 肺に微小の影があり、軽度の肺気腫です」と思ってもいなかったことを言われ、 大変ショックを受けています。


とても忙しい病院なので詳しい説明を受けることはできませんでしたが、医師は 「さほど心配ないと思うが、影はとりあえずCTで詳しく見て、必要なら呼吸器科 を紹介します。今後は3ヶ月ごとに肺のCT検査。肺気腫はタバコを止めること」 と伝えられました。


 


家に帰り「肺気腫」を検索したところ、予後が悪く5年生存率は極めて低い、 これほど壮絶な苦しみかたで死ぬ病気はない、肺気腫は治らず進行を遅らせる ことしかできない、 などと恐ろしいことしか書いておらず、また 「肺がん」の検索でも同じようなことが書いてあり、検査もとても苦しいとあり 現在とても動揺しております。 


 


 


質問させてください。


 


1.「肺気腫」とはいずれ重症化しこの病気で死んでいくことの宣告なの    でしょうか。


2.だとすると肺気腫の方の、正しい5年生存率とはどの程度なのでしょうか。


3.肺気腫と肺がんを同時に併発することがあるのでしょうか。


4.その場合、余命はとても短く、窒息に苦しむ壮絶な死が待っているとは   本当でしょうか。


5.詳しい検査をしなければ答えられないものだと思いますが、微小の影が   腫瘍であった場合は悪性であることの方が確率は高いのでしょうか?


6.今後3ヶ月ごとに肺にある影をCTで診るようですが、これは一生続くか   影が大きくなり入院することになるまで、と心得るべきなのでしょうか。   影が消えることはないのでしょうか。


7.そして最後に、何センチほどになった時、どのような方法で悪性・良性の   検査および治療をするのでしょうか。


 


不安と動揺の中にあり、質問が多くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。


 


なお、喫煙歴30年。1日1箱です。若い頃は2箱を吸っていました。


 


念のためですが、2012年に家族2名がすい臓ガンと白血病になりました。 毎日双方の看病にあたっていましたが、心労なのか自分自身も身体をずいぶん 壊し、様々な診療科を受診し通院することになりました。 白血病の家族は再発し現在も入院中です。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
1,2,軽症であれば4年間で80%の生存率があります。禁煙がその進行を防ぐ唯一の方法であると考えられています。 禁煙外来を受診するか担当医に禁煙の助けをしてもらってください。
3,肺がんは肺気腫の合併症と考えられていません。
4,肺がんがある場合,初期であれば手術,抗がん剤等で完治することもできます。
5,微小の影が腫瘍であればCTでわかるはずです。その可能性は少ないと思います。
6,その陰が大きくならないならば中止するかもしれませんがそれは肺気腫の状態のフォローでもあります。悪くなるようなら一年おきにとるようになるかの知れません。
7,その部分がおおきくなるようならCT下で生検するか気管支に近いなら気管支鏡下で生検します。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 

GATO先生、お忙しい中をご回答いただき、本当にありがとうございました。
最後に、お忙しいのに誠に申し訳ありませんが、不明点を質問をさせてください。


1.家族や友人が重症な病気を患った時に、必ずお医者様の言われる

  「生存率」の理解のしかたに困っていました。
  例えば胃潰瘍や腰痛などで「4年生存率は・・」などという話は出て

  来ませんが、今回わたしの肺気腫では、「生存率」という話がでて来ま

  した。

  これをどのように理解すれば良いのかわからず悩んでいます。

  先生から頂いた「軽症であれば4年間で80%の生存率があります」という

  お言葉は、

  4年目以降は進行次第で生存率は変動するということなのか、4年生存を

  クリアしたら以降は安心しても良いと理解して良いものなのか、いつも迷い

  ます。

 

2.また、軽度の肺気腫でも20%の方が死亡しているその理由は、禁煙で き

  なかったことが原因でしょうか。


3.肺気腫は完治の方法がなく進行は防げないと聞きましたが、つまり、
  「私は肺気腫になり癌のように死に至る可能性の高い病気になってしま

  った」
 「度合いは違えど、進行し続け、何年かかるか不明だがやがて末期を迎える病気で      

  ある」
 「禁煙も、あくまで進行を遅らせるためであり、肺気腫とは度合いは違えど、進行は続く」
と心得れば良いのでしょうか。

 

また末期に呼吸困難に苦しむ最期を和らげる方法は、尊厳死が認められること以外にないのでしょうか。

 


回答に難しい質問もあるかと思いますが、どうかこれまでに得た知識をお貸しください。
私はまだ若く、社会にも精一杯貢献し家族と深い絆を結んで暮らして行くのだと考えています。
ネガティブにはなっていません。 自分と家族のために正しい情報を必要としています。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
1,4年目以降は進行次第で生存率は変動すると意味です。
2,そのとうりです。禁煙がもっとも重要な延命の決め手です。喫煙はその病気を進行させます。肺炎,インフルエンザの感染もその死因に関係しています。肺炎,インフルエンザの予防接種をかならず受けてくださ い。
3,大部分の方は息切れのような症状がでてから受診し40-50%の肺が損傷を受けており,ステージ2または3にあたります。あなたの場合は運が良く偶然に見つかり軽度といわれていることからステージ1と考えていいと思います。ステージ1の方は喫煙をやめたなら正常の方と同様に命をまっとうすることができます。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


簡潔で分かりやすいご回答をいただき、絶望的だった昨日とは違い、


とても安心することができました。


 


迅速にお答えいただいたことに心から感謝しています。


禁煙し、自分の身体をこれまで以上に大切にしながら、明るく元気に


天寿を全うできるようにしていきます。


 


ありがとうございました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。ではお大事に。

医療 についての関連する質問