JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14197
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

耳下のしこりが5,6年ほど前から気になっていました。 何処の科で扱うのか分からず内科や甲状腺の専門医,口腔外科など

解決済みの質問:

耳下のしこりが5,6年ほど前から気になっていました。
何処の科で扱うのか分からず内科や甲状腺の専門医,口腔外科など で診ていただくと,当時リンパ節や脂肪の塊で心配ない,との診断でした。
昨年漸く耳下腺腫(良性)と診断されました。
診断されほっとしたものの,要手術。それはまた複雑な気持ちでした。

約1cm多形成 浅葉内 皮膚側とのことです。腫瘍の周り5mmの範囲で摘出と言われた時(そんなに切るの!)と不安になりました。
顔面際でもあり家族の勧めもあって,セカンドオピニオンを受けたところ,診断同じ,大きさ0.9cm,摘出範囲はさらに広範囲で深さは顔面神経際までとのこと。そんなに切らなくてはいけないのですか?
再発やガン化を危惧しての治療方針は有り難いのですが,後のことを考えると躊躇してしまいます。
患者としてどのような選択があるでしょうか?御指南ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

耳下腺腫瘍ですと、マージンを5mmとっての腫瘍摘出というのは標準的な術式です。

耳下腺腫瘍には手術以外には残念ながら治療方法はないのですが、「患者としてどのような選択があるでしょうか?」というご質問は、例えば放射線療法や化学療法で治せる可能性はないか? というご意図のご質問でしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

仕事終了後に会議があり返信遅くなりました。


 


診断をつけてくださったのは口腔外科の先生です。


手術は必須としても,周り5mmも余計に切らなくてはいけないのだろうかの疑問から家族の薦めで頭頸科でセカンドオピニオンを受けました。他の理由として過去にプランマーの手術をし,30年後の今も甲状腺に新たな腫瘍があり,また,心臓にも少し気になる事があるために,歯科分野の口腔外科で手術をしていただくより,手術実績の多い病院で手術をしていただきたかったので,転院も考慮に入れてのセカンドオピニオンであることを始めに伝えていました。


 


結果は,切除部分をさらに広範囲にする必要があるとの説明でした。


 


腫瘍は1cmから0.9cmになっているのに,そして診断名は同じなのに切除範囲が広いと言うことに疑問があるわけです。疑問を持ちつつ診療を進めていただくことに同意してきました。


素人が選択できるのは病院選びしかないように思います。


 


その後ネットで検索すると他院に名医と言われる方が何人かいらっしゃることがわかりました。


こんな事でふらふら悩むのは非常に愚かな気がしますが,元々唾液の出が悪く,口が渇きやすいのでなるべく唾液腺の摘出範囲は小さい方が嬉しいのです。


このことが現状からして無理な要求なのか専門家に伺ってみたかったのです。


 


表現が下手で申し訳ありません。よろしくお願いします。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

仕事終了後に会議があり返信遅くなりました。


 


診断をつけてくださったのは口腔外科の先生です。


手術は必須としても,周り5mmも余計に切らなくてはいけないのだろうかの疑問から家族の薦めで頭頸科でセカンドオピニオンを受けました。他の理由として過去にプランマーの手術をし,30年後の今も甲状腺に新たな腫瘍があり,また,心臓にも少し気になる事があるために,歯科分野の口腔外科で手術をしていただくより,手術実績の多い病院で手術をしていただきたかったので,転院も考慮に入れてのセカンドオピニオンであることを始めに伝えていました。


 


結果は,切除部分をさらに広範囲にする必要があるとの説明でした。


 


腫瘍は1cmから0.9cmになっているのに,そして診断名は同じなのに切除範囲が広いと言うことに疑問があるわけです。疑問を持ちつつ診療を進めていただくことに同意してきました。


素人が選択できるのは病院選びしかないように思います。


 


その後ネットで検索すると他院に名医と言われる方が何人かいらっしゃることがわかりました。


こんな事でふらふら悩むのは非常に愚かな気がしますが,元々唾液の出が悪く,口が渇きやすいのでなるべく唾液腺の摘出範囲は小さい方が嬉しいのです。


このことが現状からして無理な要求なのか専門家に伺ってみたかったのです。


 


表現が下手で申し訳ありません。よろしくお願いします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

CTやMRI、もしくは超音波検査といった画像検査機器の解像度を考えると、「約1cm」と「0.9cm」は意味ある違いではありません。むしろ、2つの病院で検査して、同じ結果が得られたことで、診断や重症度の評価が確認されたと理解されるべきでしょう。

 

相談者様を実際に診察しているわけでも、検査所見を拝見したわけでもありませんから、2つの病院で示された手術方法のどちらが相談者様にとって適切かはこの場では判じかねます。

一般論としては、2番目に受診された頭頸科の方が「手術実績の多い病院」なのであれば、その判断がより好適なものだと解釈されます。

 

耳下腺腫という疾患の性質上、手術しか治療方法が無く、またその術式もほぼ定型化されており、そこに各医療機関の方針や術者の判断が加わって切除範囲が決まります。

もちろん、相談者様が納得された上で手術を受けられるのが一番ですから、サードオピニオンを他院で受けられるのもひとつの選択であるとは思います。

 

「唾液腺の摘出範囲は小さい方が嬉しい」という点で確認させていただきたいのですが、耳下腺部分は浅葉と深葉という2つの部位から成ります。

例えばですが、口腔外科では浅葉だけの摘出、頭頸科では浅葉と深葉の両方を切除する(耳下腺を全摘する)という説明を受けられたのでしょうか?

 

この点、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話様です。


1信で記載しましたように両院の診断とも腫瘍は浅葉にありおそらく良性でしょうとのことでした。摘出部位も浅葉内です。


元々浅葉の深さ広さがどれほどか知らないのですが,この腫瘍に対して


口腔外科では腫瘍の周り5mmを切除。


頭頸科ではそれより縦横広く,また深さは神経の見えるところまで始めに切ってしまうので大きさに関係なく良性腫瘍の手術の深さは同じで,この手術法は確立されていて昔から変わっていないとのこと。悪性の場合は深葉も含めて切除するとのことでした。



専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

口腔外科では腫瘍の核出術、頭頸科では耳下腺浅葉切除術を勧められたということになるでしょう。

http://www.jsprs.or.jp/member/disease/nevus/nevus_17.html

 

上述のリンク先のサイトにもありますように、一長一短ありますが、どちらも確立された術式です(恐らく浅葉切除術の方が一般的ですが)。

どの術式を選択するかは、前述したように、各医療機関の方針や、腫瘍に対する術者の評価によるでしょう。

 

口腔外科の診察医は相談者様の耳下腺腫瘍には核出術が好適と考え、頭頸科の診察医は同じ腫瘍を診て浅葉切除術が好適だと考えたということです。

 

これは、どちらが正しいとか間違っているというわけではありませんから、利害得失をよく理解された上で相談者様ご自身がどちらを選ぶかを決めなければなりません。

 

「元々唾液の出が悪く,口が渇きやすいのでなるべく唾液腺の摘出範囲は小さい方が嬉しい」のであれば口腔外科を選ばれるべきでしょうし、「手術実績の多い病院で手術をしていただきたかった」というのであれば頭頚科を選ばれるべきでしょう。

核出術を勧めてくれる「手術実績の多い病院」を探されることが第3の選択肢になると思います。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

※ちなみに耳下腺は最大の唾液腺で、前後長:3~3.5cm、上下長:4~5cm、厚さ:2~2.5cmほどあります。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/51/Illu_quiz_hn_02.jpg

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14197
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問