JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

4月から中国の青島に仕事で赴任します。 現在服薬中の抗うつ薬のノリトレン・精神安定剤のパキシル・睡眠導入剤のマイス

解決済みの質問:

4月から中国の青島に仕事で赴任します。
現在服薬中の抗うつ薬のノリトレン・精神安定剤のパキシル・睡眠導入剤のマイスリーは中国の青島で手に入れることが可能でしょうか。
 また、手に入らないとして、家族に日本から郵便で送ってもらうことは可能でしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

 

 

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

 

ノリトレンのみ確認がとれませんでしたが、パキシル、マイスリーは中国でも承認されています。

ノリトレンはこれらに比べて昔からあるお薬ですから、恐らくは中国でも承認されていると思います。

 

「家族に日本から郵便で送ってもらうこと」は、法律違反になりますのでお勧めできません。

http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/chugokushikoku/gyomu/gyomu/mayaku_torishimari/kaigai_kouseishinyaku.html

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


つまり、パキシルと、マイスリーは、中国でも手に入るということでしょうか?また、ノリトレンが手に入るかを、もう一度お聞きしたいと思います。主治医にノリトレンは確保して欲しいと言われています。


 最後に、日本の主治医に処方箋(英文)を書いていただき、中国の病院でそれらの薬を出してもらえるということでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

ノリトレンの販売元の大日本住友製薬に確認しましたが、ノリトレンの中国国内での販売は確認できないそうです。

http://kanja.ds-pharma.jp/inquiry.html

 

日本にいる間に処方を変更していただき、中国でも承認されているお薬で症状をコントロールしてもらう必要があるでしょう。

そもそもこのような場合、処方しているお薬が赴任先でも処方可能なものかどうかは主治医が調べるべき類のものです。

 

「本の主治医に処方箋(英文)を書いていただき、中国の病院でそれらの薬を出してもらえる」ということではありません。

これは中国に限らず、現地の医療機関を受診され、現地で処方をうけるということになります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


何度も質問して申し訳ないです。


 


そうすると、主治医に英文なり、中国語なりで、診断書を書いてもらい、それを持って現地(青島)で、新たに病院で診察を受けるということですね?


 


最後にもう一つ。私は適応障害なのですが、中国で医師にかかるのは、精神科・心療内科でよろしいでしょうか?内科では診ていただけないのでしょうか?


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

中国の医師は英語ならば読めますから、英語で紹介状を作成していただくのがよろしいかと存じます。

 

受診すべき診療科ですが、心療内科は日本独特の科名ですので、おそらく中国には心療内科はありません。

向精神薬は専門性が高いお薬ですので、内科よりも精神科にかかられた方がよろしいだろうと思います。

同じお薬をずっと処方し続けるだけなら内科でも引き受けてもらえるかもしれませんが、適応障害ということですので、現地で症状が動く可能性も否定できませんので、やはり専門科にかかられるべきでしょう。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。


主治医にも、その旨伝えようと思います。


 


現在は症状も落ち着いていて、1か月に1回の診察になっていまして、しかも主治医が非常勤のため、すぐにアドバイスを求められなかったため、今回こちらに質問させてもらいました。


どうもありがとうございます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

プラス評価ありがとうございました。

 

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問