JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

14歳の息子です。11月に交通事故に遭い鎖骨を骨折し、右の膝にも痛みがありました。鎖骨は幸い、一か月ほどで完治ました

解決済みの質問:

14歳の息子です。11月に交通事故に遭い鎖骨を骨折し、右の膝にも痛みがありました。鎖骨は幸い、一か月ほどで完治ましたが、膝の痛みは消えず足をまっすぐに延ばせない状態でした。病院ではレントゲンを撮っていましたが骨には異常なしでした。年内様子見でしたが、一月にMRIの検査(当初通ってい た病院ではMRIがないため紹介で違う病院に移りました)で半月板が切れて離れてしまって、半月板の全摘しか方法はないと診断されました。半月板の全摘手術は難しいものなのでしょうか?術後のリハビリの期間はどのくらいでしょうか?まだ14歳なので、術後の膝の状態も気になります。部活は卓球をしています。まだ手術の日程は決まっていませんが、全摘ということで、不安でご相談しました。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

半月板損傷はスポーツ外傷としてもしばしば見られるものです。
半月板は膝関節の軟骨に張り付いた小さな構造物で、膝関節のショックアブソーバーの役割を果たします。
血管分布がほとんど無いため、離断・断裂すると手術で縫合するか、摘出しなければなりません。
ご子息のように「足をまっすぐに延ばせない」のは、ロッキングといって、千切れた半月板が膝関節に挟まることによって生じます。恐らくはご子息の半月板は損傷が激しく、縫合は不可能であり、膝関節機能維持のために摘出が必要だと判断されたのだと推察します。

一般的には、半月板の全摘手術自体は難しいものではありません。
現在は関節鏡手術が主流ですから、膝関節の周囲を3ヶ所、小さく切開し、関節鏡を入れて千切れた半月板を取り出します。手術時間自体は1~2時間程度で、入院も3日~1週間程度である医療機関がほとんどです。

リハビリテーションは、元々の筋力や、関節の柔軟性、リハビリの頻度といった要素にも左右されますが、これも一般的には、日常生活に不自由を感じなくなるまでに2~3ヶ月、スポーツの競技復帰のためには半年ていどを要します。

半月板損傷以外の問題がないのであれば、筋力や関節可動範囲を含めて、ご子息の膝の機能はほぼ100%元に戻るでしょう。
実際、スポーツ選手で半月板が無い方はたくさんおられます。

ただ、半月板という組織も、必要だから存在しているわけで、これが無くなることで膝関節の摩耗は早まります。
お若いうちは問題無く過ごされると思いますが、将来的に、ご子息が、半月板を切除した側の変形性膝関節症を患われる可能性は高いと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

参考サイト:
http://allabout.co.jp/gm/gc/391832/
http://health.merrymall.net/cb07_07.html
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問