JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

急性硬膜下血腫は投薬治療が良いか、それとも頭の中から血を抜く手術が良いか、迷いました。70代女性で、まだ比較的新しい

解決済みの質問:

急性硬膜下血腫は投薬治療が良いか、それとも頭の中から血を抜く手術が良いか、迷いました。70代女性で、まだ比較的新しい出血のようです。失語症の診断がされていますが、それを正常化させるのに手術が必要ではないか、血が脳を圧迫することが原因で失語症的状況になったのでは、と家族として思います。言葉の異常は昨日の午後から見られますが、意識は明確。
漢方など身体に負担ない投薬治療か、あるいは血を抜く手術が良いか、一般論としてのご意見を伺いたく、投稿致しました。ご指導よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

急性硬膜下血腫に対して手術が行われるか、保存的治療(非手術治療)が行われるかは、症例ごとの状態や血腫の大きさ(血腫の厚さが1cm以上が手術適応の目安になります)、脳挫傷の程度により決定されます。

少し補足情報を下さい。

血腫がいつできたのかはおわかりになっていないと理解してよろしいでしょうか?

脳神経外科を既に受診されたのだと考えますが、受診日はいつですか? CT検査を受けられたのでしょうか。

「失語症の診断」はいつ下されたのでしょう? 何科を受診されましたか?

血腫の大きさ(厚さ)はおわかりですか?

脳挫傷の有無はおわかりでしょうか。

状況が理解しかねるのですが、現在、患者様はご自宅におられるのでしょうか? 脳神経外科では治療を勧められなかったのですか?

相談者様と患者様のご関係を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


急性硬膜下血腫は投薬治療が良いか、それとも頭の中から血を抜く手術が良いか、迷いました。70代女性で、まだ比較的新しい出血のようです。失語症の診断がされていますが、それを正常化させるのに手術が必要ではないか、血が脳を圧迫することが原因で失語症的状況になったのでは、と家族として思います。言葉の異常は昨日の午後から見られますが、意識は明確。 漢方など身体に負担ない投薬治療か、あるいは血を抜く手術が良いか、一般論としてのご意見を伺いたく、投稿致しました。ご指導よろしくお願いいたします。


 


今ご回答を頂戴しました先生へ。


突然のことで、きちんとお名前を伺うのを忘れましたことを失礼いたします。頭蓋骨と脳の間に白い血腫が見つかっております。比較的新しいという表現は、ここ1週間内のもの、ということです。


具体的には、次のとおりです。


2日前の夕刻17時に頭を軽くぶつけた程度でしたが、


その晩に食事をつくって家族で食べたものをすべて吐き出すほど強い吐き気・嘔吐がありました。(同じような嘔吐が、実はその1週間前にもありました。)


翌朝頭痛がひどく、朝から寝ておりましたが、昼を食べて一度床に戻り、2時間ほどして話したら、突然失語症のような症状となったのです。


(昨日の午後15時前後)


現在点滴投薬しておりますが、これはおそらく止血剤のようなものに、失語症の原因を退治する薬を混ぜて、点滴投与してもらっているようです。今様子は落ち着いて、頭痛も少し収まってきたようです。


明日とりあえず医師と話して退院のようなことも選択肢にあります。


私としては、手術でその部位にある血を取り除くことが、ベストではないか?という感覚があるのですが、医師によれば、薬でこの血腫が消えることもある、との見解でした。


 


****************


少し手違いで、詳細が遅れました。


CTは既に二度撮っていただいております。入院中です。


血腫は医師との話し合いで、克明にご説明申し上げて、おそらく2日前の頭をぶつけたことによるものだろう、と判断されています。


血腫の厚さはCTで見た限り、1センチはありません。


(但しCTが実寸であるかは知りません)


失語症は昨夜遅く、脳神経外科の専門医により下された診断ですが、


それが「おそらく」という形の診断です。


脳挫傷はなく、脳に以上はないとの診断です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「失語症の原因を退治する薬」はありません。点滴されているのは、おそらくグリセオールかマンニトールで、これらは脳の腫れを引かせ、頭蓋内圧を下げるお薬です。

急性硬膜下血腫では、血腫による脳の圧迫と、脳そのもののダメージ(脳挫傷)による腫れによって頭蓋内圧が高くなり、脳の色々な部位に頭蓋内圧亢進症状が現れます。
その代表的なものが、ご相談の患者様の場合、頭痛であり、嘔吐ということになります。
重症例で頭蓋内圧が非常に高くなった場合、意識障害や呼吸障害があらわれますから、「意識は明確」ということなのであれば、ご相談の患者様の急性硬膜下血腫は、手術の絶対適応になるほどの重症例ではないということになるでしょう。

少なくとも、現在までの情報では、患者様を実際に診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談で、明確に手術をした方がいいとお勧めできる状態ではないようです。

退院の話が出ているくらいですから、血腫は小さく、脳挫傷も認められないか軽微であり、手術適応ではないと判断されているのかもしれませんが、であるならば失語症がなぜ生じているのかを確認されるべきでしょう。

頭をぶつけた当初は失語はなく、時間経過とともに(血腫が大きくなるとともに、もしくは脳の腫れが大きくなるとともに)失語が現れていますから、頭蓋内圧の亢進によって生じた症状である可能性は高いと考えます。

「手術でその部位にある血を取り除くことが、ベストではないか?」というお気持ちもわかりますが、患者様がご高齢ですので、手術に伴う麻酔リスクだけでも馬鹿にできないものがあります。失語症の回復可能性と手術の利害得失を主治医とご相談の上で治療方針を合意されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

※患者様が呈されているのは、「急性硬膜血腫」ではなく「急性硬膜血腫」間違いありませんよね? ご記載の経過は、むしろ硬膜外血腫に近いように思われますが……
質問者: 返答済み 4 年 前.


手術を選択した際、麻酔等による別の問題を併発するということでは、軽々に手術を選択することはできませんね。そういったご意見をお待ちしておりました。ありがとうございました。


 


ただ、心配なのは最後の行です。これが硬膜外血腫のシンプトムだということであるなら、それは一般的にCTで見つかりにくいものなのでしょうか?


 


昨夜の追加情報ですが、テンカンの薬を使われたということでした。


退院のアドヴァイスは、年齢も考えると、環境が変わって、


痴呆状態などが進む可能性がある、ということから


自宅療養を進められています。


私はこれは非常に見識のある判断だと思いましたが、もしこの症状が硬膜外血腫の状況であるなら、家族としては不安になりますので、


どの点が硬膜外血腫なのか、教えていただけませんか?


CTでは、薄い血のラインが左側にできておりましたが、これは頭蓋と脳の間というお話でしたので、硬膜下、だというご判断をいただいております。


ご指導よろしくお願いいたします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

私が懸念していたのは、大変失礼ながら、相談者様の聞き間違い、書き間違いの可能性でした。
一般に、「硬膜外血腫」と「硬膜下血腫」の区別が付く方はあまりおられないと思うのです。

専門医にとっては、両者の画像診断における鑑別は容易です。

端的に申し上げると、「硬膜外血腫」の方が、一般には「硬膜下血腫」よりも軽い病態です(例えば、血腫の大きさが同じであるという前提のもとで)。

硬膜外血腫は脳を包む膜の外側にできますから、脳は圧迫されても、それ自体にダメージは負っていないことがほとんどです。
一方で硬膜下血腫は多かれ少なかれ脳挫傷があり、脳自体がダメージを負っています。症状も経時的に進行し意識レベルが低下していくことが少なくありません。
「ご記載の経過は、むしろ硬膜外血腫に近いように思われます」というのはそういう意味です。

診察医がCTを見て「薄い血のラインは、頭蓋と脳の間なので硬膜下血腫」という判断を下しているのであれば、これはクリアな説明だと思います。診断は硬膜下血腫で間違いなく、しかもごく軽症ということでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


先日はお話をありがとうございました。


その後の経過ですが、患者である私の母(70歳)は、2日間入院をして、自宅に一昨日戻りました。


本人が入院中頭が痛いことを医師に告げなかったため、鎮痛剤の処方がないまま、帰宅。帰りは吐き気がして、戻しそうになりましたが、2日前の昼に就寝し、その日の夕方以降は食欲がほとんどありません。


 


頭が痛くて退院した夜にそのまま入院した病院の救急外来に行きましたが、CTの結果は同じで出血の進行はなかったのです。


 


ところが昨日は手にしびれが出てきて、記憶も定まらず、痛み止めもないまま、朝晩にエクセグランとラニタックを飲んでいますが、


記憶が飛んだり、私の名前がわからなかったり、虚ろな状態で、今までに見たことのないような姿に、心配でなりません。


 


主治医の話では、先週の土曜に構音障害が確認されて、急性硬膜下血腫が診断されてから、1週間は脳がむくみが出るために、手術はしないのが適当とのこと。金曜にまた診察をして、その後の対応を決めるとのことです。入院中は点滴で止血剤を処方してくださったらしいですが、その後止血剤ではなく、自宅でエクセグランを処方しており、本人も周囲も、その記憶の飛び方や、正常だった人が急に痴呆のような状態になることに、困惑しています。


 


私の質問は、以下のとおりです。


この場合、手術を急がずに様子を見るのが正しいのかどうか?ということです。一説には、手術をした場合、飛躍的な回復が期待できるように書いてあります。確かにそんな夢物語を期待するのはおかしいのかもしれませんが、家族の心理から言って、このまま様子を見るのが常道だとは、少し思えないというのが本心なのです。


 


今どうしたらよいか?迷っています。何か次のご判断を仰ぎたいきもちでいっぱいです。ご指導よろしくお願いいたします。


 

医療 についての関連する質問