JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

五年前にめまいと右耳の聴力低下で突発性難聴かメニエール病といわれ、お薬で治ったのですが、昨年9月に再発。検査の結果、

解決済みの質問:

五年前にめまいと右耳の聴力低下で突発性難聴かメニエール病といわれ、お薬で治ったのですが、昨年9月に再発。検査の結果、完全なメニエールと言われ、お薬で聴力がある程度、なおつたものの完全には治らず、また1月28日から今度は両耳(特に左)の聴力が前よりも落ちて、閉塞感がひどい状態です。
このままどんどん聴力が落ちてきこえなくなるのではないかと思うととても不安です。
どこか専門の先生を教えてもらえないでしょうか?

ちなみに愛知県名古屋市在住です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

メニエル病を含む「めまい」に関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます。
大多数が、「あちこち受診したがめまいの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」、「メニエール病と診断されたが、治療の成果が判然とせず、症状が進行しているので専門医を紹介してほしい」というものです。
それだけ、診断や治療が困難なめまいは多くみられる症状であるということでしょう。
実際、耳鼻科的な診断がつくめまいは半数に満たないという報告もあります。

メニエール病という診断が付いた場合でも、専門医にかかると診断が覆る場合は少なくありません。メニエル病の診断は、個々の医師の判断・主観が大きく働く部分が大きいからかもしれません。

名古屋ということであれば、やはりお勧めできるのは名古屋大学病院の耳鼻咽喉科ということになります。
同科では、メニエール病の客観診断の研究も進めており、メニエール病を含む内耳性のめまいについては、全国的にも先進的な治療を行っています。

【現在行っている特記すべき臨床的検査・治療 - 名古屋大学医学部耳鼻咽喉科学教室】
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/jibika/ja/chiryou/index.html

大学病院の受診が難しい場合は、下記のサイトから、日本めまい平衡医学会認定の「めまい相談医」を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本めまい平衡医学会認定めまい相談医リスト】
http://www.memai.jp/sodan-i/list2012.htm

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございました。


私の場合はめまいはなく、聴力だけが悪くなっている状態です。


 


名古屋大学のMRI検査で両耳に水がたまっていることがわかったのですが、その先の治療はやはり飲み薬や漢方で飲んでいても効果が出なかったので、ほかになにかあったらと思いメールしました。


 


高橋正紘先生(めまいメニエール病センター院長)の著書である薬も手術もいらないめまい、メニエール病治療という本の中で有酸素運動で治したということが書かれているのですが、このような治療をしてくれる病院は名古屋にはないのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

高橋正紘先生の著作は拝読したことがありませんが、学会発表を聴いたり論文を読んだことはございます。

【有酸素運動導入で一新されたメニエール病の治療と概念】
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jser/70/3/70_3_204/_pdf

高橋先生の、「メニエール病は内耳固有疾患でなく、ストレスや生活習慣に根ざす病気の可能性がきわめて高い」という主張は、学会でも決して否定的ではないニュアンスで受け止められていますが、メニエール病の病態論・治療論として一般的に受け入れられているとは言えません。

従いまして現在のところこの治療方法は高橋先生のオリジナルで、横浜の高橋先生のセンター(か、高橋先生が週1回外来を行っている川崎の病院)でしか体系的には行われていないのが、少なくとも私が知るところの現状です。

名古屋大で既に検査・治療を受けられているということですと、なかなかそれ以上のことを行える医療機関は見つからないのではないかと考えます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


色々ありがとうございました。


 


 

医療 についての関連する質問