JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは。 初めて相談させて頂きます。 只今妊娠23週になります。 最近不安になることがあります。

解決済みの質問:

こんばんは。
初めて 相談させて頂きます。

只今妊娠23週になります。
最近不安になることがあります。

今から6~7年前に道端で薬物をやっている男性に、不意に薬物(液体)の入っている小瓶を鼻にもってこられ、すぐ避けましたが1息か2息誤って吸ってしまい、その後少し経ってから頭痛や意識が少しはっきりしない状態が1週間程続きました。
その後は症状もすっかり消え体調も戻りました。
病院へは行っていないです。

そこで質問ですが、私は薬物を一切使ったことはないですがこの一度のことで赤ちゃんに影響はありますか?
最近とても不安で、考えてしまいます。
ご回答お願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

厳密に申し上げますと、相談者様が6~7年前に吸入させられた薬物が何であるかがわかりませんので、正確な回答は致しかねますが、99.999%の確率で今回の妊娠に影響を及ぼしていることはないだろうとは思います。

日本で乱用されている薬物の中で、液状のものといえば、トルエン、シンナー、アセトン、クロロホルムといったところですが、この中からということであれば、「頭痛や意識が少しはっきりしない状態」という症状を引き起こしそうなのはクロロホルムです。

クロロホルムはラットを用いた実験において催奇形性が確認されていますが、ヒトにおける遺伝毒性はありません。
クロロホルムのみならず、現在(医療者が知っている)乱用薬物の中で、年余に渡って遺伝毒性を有するものはありません。

器官形成期(妊娠4~7週)に遺伝毒性がある物質に曝露された場合、胎児に影響が及ぶ可能性を懸念しなければなりませんが、6~7年前の「1息か2息」の吸入が現在の妊娠経過に影響を及ぼすことはありません。
病院側には言っていないとのことですが、一応はそういうエピソードがあったことは主治医に告げられ、一般的な検診を受けられていれば問題は無いと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


今までの検診では順調としか言われてません。


なので、影響はないと思って過ごしても良いでしょうか?


ご確認お願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

医学の世界に100%はありませんから「保障」まではしかねますが、現在の超音波検査の精度を考慮しますと、妊娠23週の時点で経過順調なのであれば、お腹の中のお子様に障害が起こっている可能性は無いと考えられて間違いは無いでしょう。

相談者様がおまり気に病まれて持続的にストレスを抱かれることの悪影響の方がむしろ懸念されます。

検診の結果を信じられてよいと思いますよ。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

これからは気にせず、心穏やかに過ごしたいと思います。


 


ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

安産を祈念しております。

医療 についての関連する質問