JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

19歳の娘。大学1年生。抜毛症です。中学3年のころからです。1年前からウィッグをかぶって生活しています。中高とも吹奏

解決済みの質問:

19歳の娘。大学1年生。抜毛症です。中学3年のころからです。1年前からウィッグをかぶって生活しています。中高とも吹奏楽部で毎日休まずに学校に行っていました。高校時代はヘアースプレーをかけて、ごまか して登校していましたが、ほとんど髪の毛のない状態でした。現在は家でもウィッグを取らないため髪の毛の状況は親でもわかりませんが、眉毛はありません。大学はウィッグをかぶり、きれいにお化粧していくので、ちゃんと通っています。
自分でも人が見ていないところで抜くのがわかっているので、家ではほとんどリビングにいてくれるのですが、部屋で、トイレで向いているようです。
勉強中や集中しているときには抜くように思います。
やめようと思ってやめられるならやめてる!!といいます。が病院へは行きたがりません。
あなたが悪いのでなく、脳の障害や、遺伝があるようだから、病院へ行こうと説得中です。私も高校の時軽い抜毛症でした。髪を触る癖は現在もあります。
一度 私が精神科に行きましたが、成育歴や、お母さんの育て方・・・ようなことを言われ、やめました。出来たら科学的に理解して治療を受けたいと思います。薬はなるべく飲ましたくありません。
大きな病院に行きたいですが、紹介状がないと受診できないようですし、開業の精神科に行ってまた落ち込むのも避けたいです。でも病院に行ったほうがいいと思っています。
娘をどう説得するか。先に家でできる行動療法的なことがあるのか、どうしたらいいのか・・。
助けてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

ご記載を拝読しますに、お嬢様が抜毛癖の診断基準を満たし、重症といってよい状態であることは間違いが無いようです。

まず、このサイトでは、受診を拒む患者様ご本人をどうやって受診させればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばありますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言がで きるわけもありません。
統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。
受診までは、家族が何とかしなければならない部分なのです。従いまして「娘をどう説得するか」という部分に対する回答はございません。

残りの部分ですが、相談者様は、抜毛癖をご自分の育て方や環境因によって起きたものではなく、脳の病気として扱ってくれ、しかし薬物療法は行わずに行動療法で治す医療機関を探されている、もしくは、医療機関にはお嬢様を連れていけそうもないので、ご家庭で治療する方法を探されているということなのでしょうか。

また、ご記載を拝読しますに、相談者様はかなりのところまで抜毛癖について勉強された形跡がうかがえます。
このサイトでは、回答をしても、「それは既にネットで調べて知っています。もっと個別性・専門性の高い回答をして下さい」とお叱りを受けることがございます。
抜毛癖やその治療について既にご存知のことについて、おしめしいただけないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生


お返事ありがとうございます。


返答の見方がわからず、なかなか返事がないのでお返事をあきらめていました。(メールの受信BOXに来ると思っていました)


 


なんだか偉そうな質問口調で申し訳ありませんでした。


 抜毛症をよく知っているわせでなく ただ最近本で、強迫性障害だと分かった次第です。


 本は「強迫性障害からの脱出」りー・ベアー著 です。まさしく 娘と同じ症状の女の子の治療方法がありました。娘も本を読み、自分と一緒と思い、内容は納得し、自分が重篤な強迫性障害だと分かったようです。


 治療法は習慣逆転法とあります。 方法はいつ、どんな時どちらの手で抜くかをちゃんと書き出し、自分の行動を理解し、抜毛症状がでたら、2分間手を握って我慢し、衝動が去るのを待つ。記録する。といった感じです。


 


 私は先生に相談メールを送らせていただき、娘は本を読んで


やってみ始ました。まず自分でやってみてだめなら病院へ行くと言っていますが・・ただこれには 応援者がいることのこと、今のところ 私が うまくいってる?と声をかけて うん できてる。 という返事・・・です。(まだ4日目)


 ただ この本は2000年出版です。すでに13年以上前のことなので 現在の治療方法としていいかどうか知りたいです。


 OCD治療に力を入れている病院として本の後ろに関西では4つの大学病院が載っていますが、大学病院は近くの病院からの紹介状がなければ見ていただけないようです。


 。


 娘は7歳前後に手洗いとチック(高い声がでる)の時期がありました。これは自然になおりましたが、この時に病院に行っていればよかったでしょうか?


 


 「抜毛癖をご自分の育て方や環境因によって起きたものではなく、脳の病気として扱ってくれ、しかし薬物療法は行わずに行動療法で治す医療機関を探されている、もしくは、医療機関にはお嬢様を連れていけそうもないので、ご家庭で治療する方法を探されているということなのでしょうか。」と書いていただいていますが、理想を言えばそのとおりです。がちゃんと納得すれば病院に連れて行けると思います。

 やっと専門家の力を借りなければいけないと私も、娘も思い始めました。今まで皮膚科、カウンセリング、精神科(私のみ)、心療内科(漢方の薬)、は受診していますが、全く 専門外だったようで 正直病院にあまりいい印象はありません。


 


 ながながと書きました。お忙しいところ申し訳ありません。


 


 家で始めた行動法でいいのか?今はもっといい方法があるのか?


病院に行くなら、専門としてみていただけるのはどこか?(阪大病院は近くです) などなど 回答をよろしくお願いいたします。


 


 回答は週末の先生がお休みのお時間でかまいません。待っています。 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず診断・分類の話になりますが、抜毛癖と強迫性障害は、別の系統に属する病気としてカテゴリー分けされています。
強迫性障害は不安障害、抜毛癖は衝動制御の障害の一種です。
しかし、これにチックも加えて、同系列の疾患だと考える研究者もたしかにおり、確立した見解はありません。

ただ、強迫性障害で有効な治療方法が必ずしも抜毛癖に有効ではないことは確かです。
お読みになられた本が出版された2000年以降、抜毛癖に関する研究が長足の進歩を遂げたということはなく、抜毛癖の治療法に確立したものはありません。
患者様間で個人差もありますので、薬物療法を行ったり、心理療法(行動療法を含む)を行ったり、両者を組み合わせたりと、治療の方法は様々です。
治療ガイドラインのようなものは無く、試行錯誤を重ねながら、個々人の治療者の工夫で治療が勧められる傾向が強い病気です。

治療者の知識・技量や、治療者との相性によって、大きく予後が左右されるとも言えるでしょう。

上述のように、衝動制御の障害のひとつですので、衝動を抑えるのが 根治治療だと言えます、
すなわち、この衝動のもとになっているストレスを言語化させたり、何らかの形で表現させるようなカウンセリング、心理療法が治療の中心を占めるべきという考え方もあります。

一方で、衝動性があまりに強い場合には、治療に導入するためにお薬で鎮静をかける場合がありますし、ある種のお薬が衝動制御そのものに役立つこともあります。

お嬢様の場合において薬物療法が必要になるかどうかは何とも判じかねますが(ウィッグをかぶって過ごすほどですから、薬物療法が必要と判断される可能性は高いと思います)、専門性の高い医師ならば、必要最小限、最短期間の使用に留めると思います。

お嬢様の年齢ですと、一般の心療内科で診てもらえないことはありませんが、児童思春期精神医学の専門医でなければ抜毛癖の知識や治療技術がありませんから、以下のサイトから検索できる、専門の医療施設を受診されてみることをお勧めします(紹介状は、近所の内科ででも皮膚科ででも書いてもらえます)。
前述のように、「今はもっといい方法がある」わけではありませんが、「家で始めた行動法でいいのか」どうかは、専門医の診察を受け、お嬢様に合っている治療であるかどうかを見極めてもらわなければなりません。

 

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】


以上、ご参考になれば幸いです。

参考文献:
「習癖・チック・トゥレット障害」
www.aiiku.or.jp/aiiku/jigyo/contents/kaisetsu/ks0801/ks0801_1.pdf

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問