JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14383
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

=============================================== 妻のことが気に

解決済みの質問:

===============================================

妻のことが気になり、お問い合せをさせて頂きます。

15年程前のことになりますが、妻(現在40歳)は心療内科への受診歴があると言っていました。
その妻が、最近、 どうも様子がおかしいのです。

■以下の様子が見られる場合、もし精神的な疾患があるとすれば、何という名の疾患が疑われますか?

①夜、暗くした部屋で眠ることを怖がり、暗くした部屋で眠れない。また、しばしば朝の4時頃「うぉー」という驚いたような声をだし身震いをして目を覚ます。
②まるで認知症であるかのように、事実と違うことを本当のことだと思い込む。
(例1)生活費を渡された事を覚えていない。または、何にお金を使ったか覚えていない。
(例2)ホワイトボードに書類を留めておくマグネットを、針が出ているピンだと言い張る(今は納得しています)。
(例3)家族で外出したことなど、概ね半年以上前の事を忘れてしまうか、覚えていない。または、頭の中で悪い想い出として作り変わってしまう。
③「実際は○○だよね。」と指摘されると人が変わり、子(現在6歳)の前でも暴力を振るう。

尚、妻の母親と父親は折り合いが悪く、妻が中学校に進学すると、母親が2年程行方をくらましたそうです。
母親が行方不明の間、父によく叩かれ、お金も渡さない父を恨み、眠っている父の前で包丁を握っていたそうです。


以上、考えようによっては、大した事ではないように思われるかもしれませんが、共同生活をしていく上で問題がない程度を超えつつあります。

何卒、ご返信くださいますようお願い申し上げます。
また、他にメール等相談できる相談先をご紹介いただければ幸いです。

===============================================
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

 

 

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

 

ご記載を拝読するだけでは、診断を絞り込むことは困難です。

ただし、まだお若いこと、妄想と健忘の両方があることに加えて成育歴を考え合わせると、解離性障害のいくつかによって説明しうる部分が多いように思われます。

 

【解離性障害】

http://www8.plala.or.jp/psychology/disorder/kairi.htm

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_dissociation.html

 

メール等ではなく、カウンセリングを行える体制が整った精神科・心療内科を奥様に受診していただく必要がございますが、それが難しいようなら、相談者様が地域の精神保健センターの精神保健相談を利用して善後策を相談されることをお勧めいたします。

 

【全国精神保健福祉センター一覧】

http://www.acplan.jp/mhwc/centerlist.html

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

===============================================

ご回答ありがとうございます。

紹介して頂いたウェブサイトのことは知らず、とても参考になりました。

他に(もう一つ)候補をあげるとすれば、どういった疾患が考えられますか?
お手数ですが、よろしくお願いします。

===============================================

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

もう1つ、ということであれば、やはり統合失調症を疑うことになると思います。
通常、統合失調症では健忘を伴いませんが、思考の滅裂が激しい場合には、それに近い病像を示すことはあります。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問