JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

二十歳の頃から軟式野球しました。最初キャッチャーしていましたが、27歳から右投げピッチャーとして39歳まで現役で活躍

解決済みの質問:

二十歳の頃から軟式野球しました。最初キャッチャーしていましたが、27歳から右投げピッチャーとして39歳まで現役で活躍、徐々に肩が痛み出し引退しました。OB野球からの誘いがあり、50歳でしたがキャッチボールくらいなら出来ると思い、若かりし頃の浪漫を求め誘われるままに61歳の現在に至っています。その間、弱小チームのことでもあり現役時代の勇姿を今一度との懇願でピッチャーするハメに・・・、10球も投げれば肩に激痛が走り、痛みを堪えるためマウンドを3~4周するありさまです。
 前職は消防吏員でしたが、55歳で早期退職し手打ちそば屋を開 業現在に至っています。そば打ちをしていても角度により痛みが走ります。自分で肩の痛みを確認してみると、右腕を横に水平に上げ、後方にそらそうとするとかなりの痛みがあり、前方、後方に回転しようとするとどちらにしても激痛です。
 入浴中に、痛みの部位を左の中指で押し込んでみると最低3箇所以上が筋(腱)が硬い感じで痛みます。もしかしたら・・・この硬い部分が関節の間に挟まって激痛となるのではないか?    何処へ治療に行けばいいのか当てはなく、どんな治療が必要なのか、手術は必要なのか、治るのか治らないのか、不安の中で毎日をすごしています。  
 居住地は宮城県石巻市雄勝町なのですが、仙台市周辺の整形外科を検索しクチコミを読んでみるとさらに不安が助長するしだいです。
 どうか今を乗り切るためのアドバイスをいただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

(失礼ながら)ご高齢・肩を酷使するご職業・肩を酷使する競技を行っている、という条件が揃っていますから、特徴的な症状とも合わせて、腱板損傷を起こされている可能性が高いと考えます。

【肩腱板損傷】
http://hone.ninpou.jp/seikei/cuff.htm
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2010/07/0708.html

「この硬い部分が関節の間に挟まって激痛となる」症状は、腱板損傷においては「インピンジメント症候群」として起こりえます。

MRI検査を行える規模の病院の整形外科を受診されるべきであると考えます。
スポーツ医を受診できれば理想的です。
以下のサイトから、日本整形外科学会認定のスポーツ医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定スポーツ医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問