JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。  88歳になる義父ですが6~7年前より足にしびれと痛みがあり、5年ほど前からは休憩しながら

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
 88歳になる義父ですが6~7年 前より足にしびれと痛みがあり、5年ほど前からは休憩しながらでないと歩けなくなってしまい、次第に休憩の回数が増えてきており杖や歩行道具を頼りとなってます。この正月にお会いした時は家の中なら・・歩くよとのお話でした。
 頑固な方で医者嫌いですので、きちっと診て頂いたことはなく、やっと検診を承諾してくださいました。
 総合病院で診ていただくのが一番とはわかっておりますが、長い時間待つのもお嫌みたいですし、検査日結果日等何回も足を運ばれるのもお嫌のご様子・・
 とりあえず循環器内科と整形外科どちらに診て頂いたらいいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

既にご存知かもしれませんが、「休憩しながらでないと歩けなくなってしま」うのは間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状で、整形外科的疾患である腰部脊柱管狭窄症と、循環器外科(循環器内科ではなく、循環器外科の方がよいです)で扱う疾患である閉塞性動脈硬化症が、その主な原因です。
http://www.daiichihosp.jp/ronbun/meyoudate/1203.html

従いまして、循環器外科と整形外科どちらにかかられればよいかは、ご記載の情報からだけではなかなか決めきれるものではありません。

強いて申し上げれば、下肢の冷感があるのであれば循環器外科(血管造影検査ができる規模の病院)、腰痛がおありなら整形外科(MRIが撮れる規模の病院)を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問