JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

明日から仕事に行ける自信がありません。 体調もすぐれませんし,気持ち的にもやる気がでません。 現在50歳 女性

解決済みの質問:

明日から仕事に行ける自信がありません。
体調もすぐれませんし,気持ち的にもやる気がでません。
現在50歳 女性 幼稚園勤務です。
年末年始に主人の親を見舞うためアメリカへ行ってきたことや,給料が自分の仕事量に見合わないことや,仕事での達成感の薄さや,上司に対しての不満や,自分の力のなさへの失望などさまざまなことが重なっていると思われます。
今までに疲れやストレスがたまったことは時々ありますが,現在のように,やる気が全くなえてしまうことはありませんでした。
主人と2人暮らしですが,現在主人はまだアメリカで,一人でいることで,余計に気弱になっていることもあるかもしれません。
時折,ひどい偏頭痛がします。偏頭痛用の薬を医師から処方されていますが,使いすぎることの怖さや,寝ている間に頭痛が起こることも多く,朝起きた時に頭痛がおこっていたらどうしようと不安があります。頭痛がひどいと,生きているのがめんどくさいという気持ちになります。
2日前にひどく偏頭痛があり,まだ,十分に回復できていません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

明日、お仕事に行かない、もしくはお仕事を辞めることは不可能ではないのですよね?

片頭痛のお薬を「使いすぎることの怖さ」がおありとのことですが、具体的には何が怖いのでしょう? 痛みはコントロールできた方がよろしいかと思いますが。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/


以上、確認させていただけますと幸いです。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

明日仕事を休むのは,同僚に非常に迷惑をかけると思いますが,不可能ではありません。しかし,仕事をやめるのは,現実的に考え難いです。


 


偏頭痛の薬は,医師から,一日2回まで,ひと月に10回以上使うと使いすぎで,薬が効かなくなってしまう。と教えていただいています。


 


8点 経度

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様としてはどうされたいですか?

どうなりそうでしょう?

例えば、2~3日休んだら、また出勤して仕事をする気力が湧いてきそうでしょうか。
 
質問者: 返答済み 4 年 前.

体力が回復すれば気力も出るかもしれませんが…


今まで,ここまで,仕事に行くことができないと感じたことがないのと,偏頭痛がひどい時に度々,もう死にたいなと思う自分に気づき,不安になっています。


どうしたいかは,今はっきりとはわかりません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける8点は、軽度ではあるけれども、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、早急な治療を 要すると判断される結果です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

鶏と卵のような話になってしまいますが、うつ状態では痛みに敏感になり、片頭痛の方にはうつ病の発症が多いという特徴があります。
相談者様の場合、この悪循環が生じている可能性が高く、うつと片頭痛の両面からアプローチをする必要があるでしょう。

やはり、自殺念慮が頭をよぎる状態というというのは尋常ではありません。

明日はお勤めを休まれ、心療内科を受診されることをお勧めいたします。
診察の結果いかんですが、一定期間の休職を勧められる可能性も高いと思われますので、その場合にはその指示に従われるべきであると考えます。

また、マクサルトを含むトリプタン製剤で耐性を生じることはありませんから、少なくとも今は、1ヶ月に10回という縛りは気にせずに服薬されるのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問