JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。ご相談です。 埋没の二重の整形をした方に、それを知らずに、私の使ってるアイクリームをすすめました。

解決済みの質問:

はじめまして。ご相談です。
埋没の二重の整形をした方に、それを知らずに、私の使ってるアイクリームをすすめました。
使用してから引っ張られるようで痛いと言われ、後から整形のことを話され、糸が緩むのではないかと不安と言われています。
お医者さまにみてもらうとしたら、どのようなところに行ったらいいでしょうか?
皮膚科でしょうか?出来れば診断書ももらいたいのですが。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。

ご友人には、形成外科を受診していただくべきでしょう。
ご友人は、埋没法による「二重の整形」を、 おそらくいわゆる美容整形外科で受けられたのではないかと推察しますが、医学的に高いレベルでその種々の巧拙を評価し、相談者様が勧められたアイクリーム が現在のご友人の「引っ張られるようで痛い」という訴えと関係があるのかを判断できるとしたら形成外科医です。

美容整形手術をしたのもご友人の自己責任ですし、そうした手術の既往がありながら、いくら勧められたとはいえアイクリームを使用したのもご友人の自己責任だと私は思いますが。

形成外科は、「手術をする皮膚科」という側面がある診療科ですから、保険診療を行っている、ちゃんとした形成外科を受診されれば、適切な評価・診断が受けられるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます!
本人とやっと連絡がとれまして、痛みはだいぶん治まってきたけどまだ時々痛いとのこと。
やはり一年半前くらいに美容整形で二重にしたそうです。
で、形成外科自体あまりお世話にならないので、選ぶときにどういったことを見たらいいですか?
病院の選び方?
神戸にお住まいで大阪にはしょっちゅう来られています。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

基本的にJustAnswerでは個別の医療機関の紹介・推薦はしておりません。
が、下記のサイトから、日本形成外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本形成外科学会認定専門医リスト(関西支部)】
http://www.jsprs.or.jp/member/specialist/list/list_04.html

ただし、ご友人の場合、美容整形外科で受けられた施術のセカンドオピニオンを受ける、という性格が強い受診になりますから、このリストの中から、施設名に「美容」が含まれている医療機関を選ばれた方が適切な見解を得られるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。
美容整形のセカンドオピニオンということは、どちらにしても保険不適応となるのでしょうか?
美容整形とつく病院であれば、基本的に保険適応外のイメージです。
その場合、手術をしてもらった病院に行く方がより安全なものでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
診療科を問わず、正式な「セカンドオピニオン」はすべて保険が効きません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/セカンドオピニオン

手術をしてもらった病院に行くのが、手術記録等が残っているのであれば安心です(5年間の保存義務があります)。ただし、その病院の体制いかんですが、保険は効かない可能性が高いでしょう。しかも、何らかの合併症が起きている場合は、形成外科の学会認定医ではない標榜自由の美容整形外科医では対応できないことが多々あります。

一般論としては、形成外科にかかられた方が医学的にはレベルが高い診療が受けられるでしょう。
今回の場合は、美容整形手術のセカンドオピニオンを受けに行かれるわけではなく、瞼に使ったクリームで何らかのトラブルが起きたことで、「診察」を受けに行かれるわけですから、保険診療医療機関ならば保険診療の対象となります。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問