JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一週間位前から亀頭の先端部分が赤く腫れて、根元の部分には白いカスのようなものが 見られます。 何もしなければ痛みは

解決済みの質問:

一週間位前から亀頭の先端部分が赤く腫れて、根元の部分には白いカスのようなものが
見られます。 何もしなければ痛みは有りませんが、排尿する時に若干沁みます。

以前にも赤く腫れたことは数回ありましたが、白いカス様なものはありませんでした。今回が
初めてです。  今までは全て自然治癒しました。

ネットで調べたところ亀頭包皮炎らしいので、ラミシール軟膏を塗れば治るような
記事が出ていましたが、専門医に診て貰わなくとも良いのでしょうか? 又、自然治癒するもの
なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。

皮膚科的な疾患について(亀頭包皮炎は泌尿器科で扱われる疾患ですが)、視診せずに診断じみたことを申し上げるのは難しいのですが、ご記載を拝読する限りでは、典型的な真菌性の亀頭包皮炎である可能性が高いと私も考えます。
ちなみに、より炎症所見(痛み、痒み、発赤)が強く、膿が出るようだと細菌性亀頭包皮炎が疑われます。

真菌は水虫の仲間ですので、抗真菌薬であるラミシールはよく効きます。
また、亀頭・包皮には細菌が常在していますが、それらが新たに感染した真菌の繁殖を妨げる働きをしますので、患部を適度に清潔に保っていれば自然治癒することもございます。
適切な例えかどうかわかりませんが、地回りのやくざがタチの悪い新興勢力の台頭を抑えるようなものです。

従いまして、相談者様が亀頭包皮炎を患われているという前提で回答するならば、患部を清潔に保たれて(とはいえ、常在細菌までいなくなってしまうと真菌の繁殖を防ぐことができませんから、症状がある間は石鹸も使用せず、ぬるま湯のシャワーですすぐだけで十分です)、抗真菌薬であるラミシールを塗布することで、2~3ヶ月程度で治癒が期待できます。
ただ、相談者様は亀頭包皮炎を繰り返されているようですから、これまで「全て自然治癒しました」ということではありますが、真菌が完全に死滅したわけではなく、皮膚に根を張っていて、体調の変化で常在細菌とのバランスが崩れたり、免疫力が弱まった際に亀頭包皮炎が再発するのだと思われます。

ラシミールは一般用医薬品として薬局で入手可能ですし、やはり泌尿器科は受診しにくいためかインターネット上に多くの情報が公開されていますが、やはり専門医にかかられて、診断を確定したうえで然るべき治療薬を処方していただくのがベストでしょう。
恐らく多くの医療機関で明日が年内最終の診療日でしょうから、年末年始の長い休みに入る前に、泌尿器科を受診されておくのが安心だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

追伸 既にご覧になられたかもしれませんが、以下のサイトは玉石混交のネット情報の中で、信頼できる内容のものです。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/urology/2009/03/post-d6c5.html
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答有難うございます。


大変参考になりました。


 


ところで、包皮炎とでは治療方法が異なるのでしょうか?


又、塗布する軟膏も異なるのでしょうか?


又、 細菌性か真菌性かは専門医に診て貰わないと判らないのでしょうか?


 


尚、追加情報として申し上げますと、数ヶ月前に不整脈で入院して、ICDを


心臓に埋め込んでおり、薬も飲んでいます。 又、前立腺肥大との診察も受けて泌尿器科から薬を貰って飲んでいます。


 


参考までに現在服用している薬の詳細をお知らせします。


 


 


★心臓、不整脈関連剤


  アミオダロン塩、 アーチスト錠、オルメテイック錠、ピロラクトン錠、


  メトグルコ錠(降血圧剤)、クレストール錠、 


 


★前立腺関連剤


 デトルシトールカプセル、ユリーフ錠


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず包皮炎=亀頭包皮炎と考えていただいて問題ありません。
包皮の裏側と亀頭の皮膚は一つながりですから、包皮炎と亀頭包皮炎の違いは感染部位の広がりに過ぎません。治療方法は変わらず、塗布する軟膏も同じです。

> 細菌性か真菌性かは専門医に診て貰わないと判らないのでしょうか?
お答えしにくいご質問ですが、相談者様のように「白いカス」が認められるタイプの場合は真菌性と考えてまず間違いありません。
ただ、ネット越しの相談であり、相談者様の患部を直接視診できない私がそれを言い切ることができない事情はご理解いただければと思います。

現在服用されているお薬の中に、免疫力を弱めたり、常在菌のバランスを崩すものはないようです。

心臓の病気や前立腺肥大によって亀頭包皮炎が起きることもありません。

既に泌尿器科でかかりつけがあるのであれば、亀頭包皮炎(疑)についてもそちらで相談されるのがよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
何時も素早い回答深謝いたします 。実は小生、現在家内の実家(ハワイ)に来ておりまして、日本に戻るのは5月になってしまいますので、日本で診て貰っている専門医(某大学付属病院)に相談できない環境にあります。

従って、診て貰うとしたら、こちら(ハワイ)の専門医に診て貰うことになりますが、日本とは、診断及び、治療法が異なる場合(例えば、風邪で微熱があるときなど、日本では入浴を禁止されますが、アメリカではその反対)が有り得るのではないかと懸念していますが、こちらの病院で診て貰うのに何か留意することがあるでしょうか?

又、最後の質問になりますがよろしくお願いします。

★真菌性亀頭包皮炎と考えた場合、専門医による治療するのに切迫性はありますか? それとも、ラミシール軟膏などで自己治療をしても改善されない場合に専門医に診てもらう選択をしても手遅れになると言うことはありませんでしょうか?★若い時に大分遊んでいましたので、最初は悪い病気(性病)が出てきたのかなあと考えたりもしたのですが、悪性の性病である可能性はありませんか?。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実はこのJustAnswerには、米国で活躍されている医師も専門家として参加しておられます。

亀頭包皮炎も含め、泌尿器科関係の相談は少なくありませんが、その米国勤務の専門家も同じ治療法を回答としていますので(「よく診る症状や診断は各国共通」だそうです)、少なくとも米国の一州であるハワイにおいては日本における治療と大差はないと考えます。
http://www.justanswer.jp/urology/6vkap-40-7-1-7-5.html
http://www.justanswer.jp/urology/73weh-.html

「こちらの病院で診て貰うのに何か留意すること」も特別にはないでしょう(保険の体系は日本とは異なりますが)。

繰り返しになってしまいますが、ご記載を拝読する限りは相談者様の診断は真菌性の亀頭包皮炎である可能性が極めて高いと考えます。ご記載の症状に合致する性行為感染症は私の知る限りございません。

真菌性亀頭包皮炎であった場合、ご記載の程度の症状であれば切迫性・緊急性はありません。「ラミシール軟膏などで自己治療をしても改善されない場合に専門医に診てもらう選択をしても手遅れになると言うことは」無いと考えます。たとえば2月まで自己治療で経過を観察し、改善傾向ならそのままラミシールを継続し、途中で悪化傾向が見られればその時点で専門医を受診されるという方法をとられてもリスクは低いであろうと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問