JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

58歳の女性です。 今まではいたって健康でしたが、けがをしてから運動不足で3年で5キロ太ってメタボになってしまいま

解決済みの質問:

58歳の女性です。
今まではいたって健康でしたが、けがをしてから運動不足で3年で5キロ太ってメタボになってしまいました。
そのためにひと月前からエステでキャピレーションというダイ エットプログラムを週に1度受けています。
超音波で脂肪細胞の壁を壊し、ラジオ波で脂肪流すというものです。
水分をたくさん取るように言われ、水は1.5~2リットルは飲んでいます。
お酒は毎日飲んでいますが、今までどんなに深酒をしても、またかなりな肩こりですが、頭痛というものを知りませんでした。しかし、数日前からまだ軽いですが後頭部に軽い頭痛がしだしました。ずっとではないのですが・・・
脂肪を流すことで血液中に脂肪の量が増えて血管に良くない状態を作ってしまっているのではないか?このまま続けて良いのか心配になりました。
喫煙者です。アドバイスをお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

医学の世界では肥満は重要な問題の1つであり、糖尿病や高血圧、高脂血症といった疾患をお持ちの患者様に対しては、体重減少、いわゆるダイエットは重要な治療の一部であると言えます。
そこで用いられるダイエットの方法は、食事療法と運動療法です。
他には、深刻な肥満で、早期に体重減少を図らなければならない患者様に、一定期間だけ使用可能な食欲減退薬が使用されるくらいです。

つまり、そうした生命の危険がある肥満患者様に対してであっても、即座に脂肪を融解させて肥満を解消させるような医療技術は存在しないのです。

「キャビテーション」が、エステサロンだけではなく、美容外科等の医療機関で行われていることは存じていますが、この機器は、厚生労働省がその効果と安全性を認めた医療機器ではありません。有効で安全、かつ直接的に体脂肪を融解させて洗い流せるような機器が実在すれば、厚生労働省はそれを認可するでしょうし、内科や脳神経外科といった一般の医療現場で、保険診療下で使用されるでしょう。

こうした事実を踏まえた質問ですが、

実際に体脂肪が融解し、血中に溶け出しているのであれば、血液検査をして中性脂肪を測定すればすぐにわかります。この件で内科を受診されるご意向はおありでしょうか。

「運動不足で3年で5キロ太ってメタボになってしまいました」とのことですが、それに対して医療機関を受診され、血液検査と腹囲測定による診断は受けられていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答ありがとうございます。


実はここ3年ほど健康診断を受けていません。


手足は太らず、アンダーバストから腰骨までが異常に出ています。


 


まずは一度内科を受診してみます。


この年齢58歳になったので、年が明けてから人間ドックも一度受けたほうが良いでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】

ご返信ありがとうございます。

そうでしたか。
メタボリック症候群以外にも、(失礼ながら)加齢に伴って、特に女性は、色々な疾患の発症リスクが高まりますから、一般論として年に一度は乳がん検診、子宮がん検診を含む健康診断を受けることが推奨されます。
しばらく健康診断を受けられていないのであれば、仰る通り、人間ドックで、一通りの検査を受けられておいた方が安心だと考えます。

脂肪のつく順番としては体幹⇒四肢ですので、「手足は太らず、アンダーバストから腰骨まで」に脂肪が付くこと自体は奇異ではないのですが、その程度が「異常」と形容されるほどなのであれば、「中心性肥満」という、体内で産生される副腎皮質ホルモンのバランスが崩れることで生じる肥満である可能性も否定できませんので、これについては健康診断とは別途に、代謝・内分泌内科を受診されるべきかもしれません(健康診断では通常、ステロイドホルモンは検査項目に入っていません)。

【中心性肥満】
http://www.medical-examination.com/dictionary/2007/10/post_290.html

前述しましたように、体脂肪が血液中に溶け出し、それによって血行が悪くなって頭痛等の症状が生じたことをご心配されているのであれば、血液検査で中性脂肪を測定すればすぐにその程度がわかりますし、中性脂肪は健康診断では必ず測定される項目です。
キャビテーションを始められる以前の中性脂肪値がわかりませんから、高脂血症がみつかったとしてもそれがキャビテーションによるものかどうかは判断がつきませんが、もしも高脂血症と診断された場合は、そのまま内科で治療を受けられることをお勧めしますし、ダイエットも、管理栄養士の食事指導を受けながら、運動療法と組み合わせて正攻法で行われることが望ましいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問