JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。子供が抜毛症のようです。左の眉毛のみ抜いてしまいます。 何が原因かわかりませんが、小さいときからさまざ

解決済みの質問:

こんにちは。子供が抜毛症のようです。左の眉毛のみ抜いてしまいます。 何が原因かわかりませんが、小さいときからさまざまなチック症状がありました。 今7歳です。


 


最初は肩を上下に動かし、その後つめをかむというのがありました。息ができないといったこともあります。今年は毛を抜くというもので、左の眉毛の毛がなくなっています。両親は二人とも働いていますが、母親は比較的6時以降は子供と一緒に過ごしています。


私自身も疲れてしまいました。


 


子供は公文をやめたいといいますが、フランス人の父親は日本の教育は緩いといい、そのぐらいは勉強させないといけないといいます。


 


 


夫婦関係はけんかをすることもありますが、愛情もあると思います。


習い事はピアノ、水泳、公文です。(バレエをやめるため)

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

チックと抜毛癖の合併ということですと、「心の問題」であると同時に「脳の病気」の側面も考えなければなりません。同じ程度のストレスがかかった7歳の女の子が皆、チックや抜毛癖を呈するわけではありません。

少し補足情報を下さい。

相談者様と患者様のご関係を教えて下さい。

チックと抜毛癖はそれぞれ何歳時に始まりましたか?

抜毛を我慢させたことはありますか? ご本人はなぜ抜毛をするのだと説明するでしょうか。

発達の遅れや偏りを指摘されたことはありませんか?

学業成績に偏りはありませんか? 得意科目と不得意科目の差が極端であるようなことはありませんか?

お友達は多い方でしょうか? チックや抜毛癖のためにいじめを受けたりはしていませんか?

医療機関で相談されたことはありますか? また、今後それをするご意向はおありでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。わたしは母親です。


 


チックは3歳ぐらいに始まりました。


最初はときどき、肩を上下に動かしていました。


その後4、5歳ぐらいからつめをかむくせがはじまりました。


わたしは小さいときから、彼女のつめをほとんど切ったことがありません。


わたしは大学で研究をしていますが、去年1年間研究生活を送ったために、そのストレスが子供に伝わったのか、急に子供が息ができない、と言い出しました。それで医者につれていきましたが、悪いことは何もありませんでした。時間的には子供との時間を普段以上に持っていたつもりだったので、ショックでした。そして小学一年生の夏以後になってはじめて、まゆげ、まつげを抜くというのが始まりました。現在では、その他のチックは収まっているようで、つめかみ、息、肩の問題はありません。(でもつめはたまにあり)


 


初めて抜毛に気づいたときは、やめなさい、と強くいいました。最初は遊びのように思っていて、自分の眉毛を抜いて、それを集めて遊んでいたので、とてもびっくりしました。そしてよくみたら、一方のまゆげも薄くなっていたのです。


びっくりして相談すると、職場の看護婦から、注意しない方がいい、と言われました。したがって何もいいませんが、手をまゆげにやっているときは、無言で手をはなしたり、とかしています。


 


本人は、最初はおもしろがっていました。そして快感のようです。たとえば注射が好き、と変なことをいうのですが、それと一緒の感覚なのかな、と思っています。


発達の遅れや偏りを指摘されたことはこれまでにありません。


学業成績については、言葉がすごくよくでき、英語、フランス語、日本語の日常会話を理解、話します。算数はできるのです が、時間がかかります。公文では算数がストレスになっているようです。いつも指で数えています。あと芸術の才能があり、絵、工作などが得意です。また編み物などの手を使った物も好きです。ピアノもわたしが同じ年齢だったころと比べると、わたしよりうまいと思います。ただ字が乱雑で、すべてに対して、乱雑なところ、細かいところに配慮できない部分があるように見えます。(実はわたしもそうです)あと水泳が得意です。


 


友達は4、5人いるようです。ただ最近同じハーフの、ほかにお友達が一人もいない、問題児のような女の子の話をよくします。誰も友達がいない子で、娘も最初嫌がっていた子なのですが、現在はその子と遊びたいようです。授業などを見に行くと、一目で問題児とわかる子です。


ほかのお友達の話をしなくなったのが気になります。


友達の数は多くありませんが、みんなに好かれており、成績表には、人に対する思いやりのある優しい子と先生のコメントが書いてありました。チックのためにいじめをうけていることはないと思います。


 


医療機関では相談したことはありません。主人はたいしたことない、といっています。わたしは問題があるのなら、直面したいと思います。そしてできるだけこれらの問題をなくしていくよう努力したいです。


 


よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)においては、抜毛癖も爪噛み(pathological biting)も、ともに「衝動制御障害」に分類されます。

抜毛癖は、若年女性の10%に見られるとも言われますが、軽症例は習癖の範疇とみなされ、臨床的には問題と見做されません。
しかし、無意識に体毛を抜く段階から、「体毛を抜きたい」という内的衝動が生じ、実際に抜毛すると快感に近い解放感を得る、という、はっきりとした自覚が生じる状態にまで進行する患者様が一定割合おられ、そこまで至ると、治療の対象とすべきであるとされています。
「本人は、最初はおもしろがっていました。そして快感のようです。たとえば注射が好き、と変なことをいうのですが、それと一緒の感覚なのかな、と思っています」というお嬢様のご様子は、この、治療対象となるべきループが形成されてしまっていることを示唆するものだと考えます。

ちなみに、抜いた体毛を並べたり、唇に当てたり、時には食べてしまうのも、抜毛癖でしばしば認められる付随症状です。

チックは、分類上は衝動制御障害には含まれませんが、抜毛癖や爪噛みとの合併率が高く、病理的には類縁の疾患であると考えられています。
チック、抜毛癖、爪噛みといった症状が消長を繰り返しながら合併していることから、お嬢様には、前述したように、「脳の病気」として、衝動的な行為が現れやすい体質のようなものをお持ちになられていると考えます(これらの疾患には遺伝性があることも確認されています)。

これらの疾患をお持ちのお子様は、成績に科目ごとのばらつきが大きく、また、その衝動性のために、しばしば安定した人間関係を構築できないことがあります。
お嬢様の場合は、日仏ハーフという特殊要因がございますので、現在の成績や友人関係にどの程度病的な要素があるのかは判じがたいところですが、頭の隅には入れておくべき事項でしょう。

イメージとしては、圧力釜の壁の一部に薄い部分(脳の器質的・機能的脆弱性)があり、内圧(ストレス)が高まると、その薄い部分が破れて、チック・抜毛・爪噛みという症状として現れると考えられてください。さらには、症状自体が自己目的化して、ストレスが無くとも、毛を抜くことを目的に毛を抜くようになることがあるわけです。

対処方法の一つとして、内圧を低減する、すなわちストレスを取り除くのも有効ではありますが、お嬢様が嫌がることを全てさせないとなると、養育上マイナスの面も現れてきますし、悪意味でお嬢様が「学習」してしまい、嫌なことがあると(無意識にではありますが)症状を強く表出するようになってしまいかねません。

だからといってストレスに直面させ続ければ、症状が頻発し、そのことがさらに症状を悪化させるという悪循環につながることが考えられます。

ストレスを適切に処理し(幸い、お嬢様は言語能力が優れているようですから、カウンセリング的な心理療法の良い適応になりうると思います)、症状を出来るだけ発現せずに済むように訓練をする必要があります(これには行動療法という心理療法が用いられます)。

今後のことを考えるならば、現時点で専門的な治療に導入されるべきであると考えます。
この場合、児童・思春期精神医学の専門施設を受診する必要があります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できないからです。
以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

大変的を得た(ように思われる、わたしには全くわからない分野ですので)アドバイスをいただき、まことにありがとうございます。このようなアドバイスを得るまでの時間を節約することができ、治療に当たることができます。幸いリストにのっていた先生の一人と予約が取れましたので、1月より治療を行います。感謝してもしきれません。ありがとうございます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

また何かございましたら、お気軽にご指名ください。

医療 についての関連する質問