JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 現在オーストラリアのブリスベンに住んでいます。 1ケ月前に日本から帰ってきて、ここ2週間位、

解決済みの質問:

よろしくお願いします。 現在オーストラリアのブリスベンに住んでいます。 1ケ月前に日本から帰ってきて、ここ2週間位、主に夜10時頃になると胃が痛くなります。 そしてしばらくするとオナラがたくさん出ます(臭いです)。 それで楽になるときもあ りますし、横になると楽になるのでベッドに行き、寝てしまいます。 翌日はすっかり良くなっています。 が、毎日繰り返しています。 時々もっと差し込むような痛みがあり、嘔吐と下痢が同時に来ますが、出すと楽になり、しばらくすると何もなかったかの様になります。  今年の5月に日本でピロリ菌の検査をし、除菌をしました(10月の呼気検査では異常はまったくなしと言われた)。 胃カメラ検査もし、問題ありませんでした。 以前から逆流性食道炎の薬を(オメプラール)ずっと飲んでいた(15年位)のですが、その胃カメラ検査で逆流性食道炎は治っている!と言われましたので、薬を飲まなくても良いのですか?と伺うと、止めてもよいです!と言われました。 それでここ最近は飲んでいませんでした。 先日お医者さんにいきまして、その話をしましたら、その薬を止めたせいだ!と言われ、今又飲み始めましたが、変わりません。  子供の頃から頻繁に腹痛があり、「自律神経失調症」と言われてきました。 私は神経性胃炎か緊張性胃炎かナと思っています。  又以前アジアに旅行に行くと、食べ物が合わないのか、同じ痛みがありました。 でもその時はたしか下痢して、出した後は治りました。   どうぞよろしくお願い致します。


 


  コーヒーの飲みすぎもあるかと思い今は、朝1番と夜寝る前のコーヒーは止めました。 又お酒は毎日1杯ウオッカの水割りを飲んでいましたが、これも今は止めています。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。

まず、「逆流性食道炎の薬を(オメプラール)ずっと飲んでいた(15年位)のですが、その胃カメラ検査で逆流性食道炎は治っている!と言われました」とんことですが、そもそも相談者様が患われているのは逆流性食道炎(GERD)ではなく「非びらん性胃食道逆流症(NERD)」であるのかもしれません。
これは、簡単に申し上げると、胃カメラで胃や食道のただれが認められない逆流性食道炎です。
http://kanja.ds-pharma.jp/message/shokakan/column6.html

このNERDは、過敏性腸症候群(IBS、相談者様が仰られるところの神経性胃炎や緊張性胃炎に相当するものです)を高率に合併することが知られています。
「子供の頃から頻繁に腹痛があり、『自律神経失調症』と言われて」いたのであれば、その可能性は高いでしょう。
http://ibsnet.jp/

まず、オメプラゾールは継続されることをお勧めします。
また、主治医に、NERDという病気を知っているかを確認されて下さい。
その上で、IBSの可能性についても確認し、診断がつけばその治療薬も処方していただくのがよいでしょう。

オーストラリアの医療事情にはあまり通じてはいないのですが、現在の相談者様は、日本ならば、消化器内科の専門医がすべてカバーできる状態で、稀に心療内科の併診を受けていただくことがある、という状態だと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。 早速URLをチェックさせて頂きました。 そこで再度2~3質問をさせて頂きたいのですが。 
 まず逆流性胃・食道炎についてですが、GERDとNERDの2つがある事は知りませんでした。 以前、胃の墳門部がゆるくなっているので、それで上にあがってくる!との説明を受けました。 年齢もあり、もう 治らない!と思っておりましたが、今年5月 胃カメラ検査で「治っている!」と言われ、私はこの墳門部の緩みが治った!と理解してしまい、「治るなんて事があるんですか?」と思わず聞いてしまいました。 今思えば墳門部の事を言われたのではなかったのかもしれませんネ。 この墳門部の緩みからのものは、一生治らないですよネ?  最近胸やけもなく酸っぱい液が上がってくる感じもなかったので、薬は止めていましたが。 このIBSが治ればオメプラ―ルは止めても良いのでしょうか? それとも一生飲み続けないといけませんでしょうか?
 それからIBSについてですが、読み進めてまいりますと当てはまる症状と当てはまらないものがありますので、2~3伺わせて下さいネ。
 まずストレスなどが原因で、慢性的に下痢や便秘、腹痛をくり返す疾患とありますが、何年か前に緊張してたまに胃が痛い事はありましたが、長い間ありませんでした。 ここ2~3週間程前から急に始まりましたので、慢性的ではない!と思うのですが....。 只その2週間前位に日本から帰って来た所で、日本は寒く、逆にこちらは夏で大分暑くなってまいりました。 この季節も関係しているとの事が書かれていましたが....。 
このNERDはIBSと一緒に症状が出る事が多い!とありますが、主に胃の痛み・差し込むような強い痛み(2回)がここの所、夜10~11時頃になるとあります。 その後だんだん下りて来てオナラが頻繁に出て来ます。 一杯出ると楽になりますが、かなり臭いので主人は「これは毒ガスになる!売れるのでは?」と言って、逃げ回っています(笑)。 この間2回程強い胃痛の際、吐き気があり、おう吐しました。 と同時に便ももよおし、出すと楽になります。 只下痢ではありません。 便は毎朝起きてすぐ水分を取ると出ます。 固くもなく色も黄土色で便はいつも快調です。
 
 又、生活リズムに関して書かれていましたが、私もリズムは良くないです。 ベッドに行ってからなかなか寝付けず、本を読んでいますが、朝方になってしまう事もあり、最近寝る前のコーヒーを止めました。 すると以前程は時間がかからなくなって来ましたが、でも宵っぱりです。 仕事柄家に居る事が多くパソコンを使っていて、視力低下と肩こりがあります。
 もしIBSだったとして、これは薬を飲まないと治りませんか? オーストラリアの医療に関しまして、私は信頼していません、何か 急性の病気以外は、出来るだけこちらの医療にはかかりたくないと思っております。 先日中国人のドクターにかかりましたが、大雑把なチェックで......その前はインド人の医者で、咳喘息の発作が出た時に「ビタミンDが不足しています!」と言われガッカリしました。 盲腸なのに「ピザの食べ過ぎです!」と、もう少しで腹膜炎を起こす所だったそうです。 次回来年の春に帰国予定ですので、できればその時に!と希望しております。
何かIBSに良い食品や飲み物のお勧めはありますか?(例/モスコミュールの紅茶が良いなど......)肉類等は如何ですか? 又、逆に止めた方が良い食品やドリンクはありますか? コーヒーやお酒(1杯だけ)は良くないですか?
 以上、再度、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 P.S;次回何かあった時に、先生を指名する事はできますでしょうか?
 質問者
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> このIBSが治ればオメプラ―ルは止めても良いのでしょうか? それとも一生飲み続けないといけませんでしょうか?
まず、NERDとIBSは、合併することは多いけれど、基本的には別の病気です。従いまして、IBSが治ったからといってNERDの治療を止められるわけではありません。
NERDに対してPPI(プロトンポンプ阻害薬、オメプラールもその一種です)をいつまで服用すればよいか、という点については議論があり、「PPIは基本的には長期投与しても非常に安全な薬剤であると考えられますが,有効性の証でもある胃酸を抑える作用により様々な副作用が起こる可能性も否定きません。現在も副作用についての調査・研究が行われており,今後の動向に注意が必要です」というのが現時点での学界の見解です。
http://www.jmedj.co.jp/fileview.php?field=reading_pdf&id=425&type=book
実地臨床では、副作用が無ければ処方を続けるか、症状が無くなれば処方を止めて、症状が再発したら処方を再開、という使用方法が一般的であるように思います。
オーストラリアの医療事情は詳しく存じませんが、NERDに関しては日本では医療者間でも認知度に差があり、この疾患を知らない消化器内科医も少なくありません。オーストラリアでも事情が似ていて、そのために
「治っている!」という診断になったのかもしれませんね。

> ここ2~3週間程前から急に始まりましたので、慢性的ではない!
これは「慢性的」の解釈によります。
症状が3か月続き、次の半年くらいは無症状で、しかし何かのきっかけでまた下痢と便秘を繰り返し……という経過でも「慢性的」と、この場合は解釈されます。
つまり、常に症状が起こる準備状態にあって、何かのストレスで一定期間症状が出現することを繰り返す場合です。相談者様の場合も
「子供の頃から頻繁に腹痛があり、『自律神経失調症』と言われて」きたとのことですから、「慢性的」であると考えます。
天候の変化は、あるいは今回の症状再発の一因であったかもしれません。

> 主に胃の痛み・差し込むような強い痛み(2回)がここの所、夜10~11時頃になるとあります。 
これは、消化器に他の疾患が無いという前提で回答するならば、NERDとIBSの症状であると考えてよろしいかと存じます。
一般に、胃腸症状は夜間に悪化する傾向がありますので(夜は副交感神経が優位になって消化管の働きが活発になるからです)、「
夜10~11時」の症状悪化は不自然ではありません。

>
又、生活リズムに関して書かれていましたが、私もリズムは良くないです。
現代社会では相談者様のような生活リズムの方は少なくありませんが、自律神経のバランスを崩れやすくするライフスタイルであることは確かでしょう。

>
もしIBSだったとして、これは薬を飲まないと治りませんか?
これはもう、程度問題です。IBSだけれど、軽症であればお薬を服用されていない方もたくさんおられます。
食事療法的なアプローチとしては、下痢に対しても便秘に対しても、食物繊維を多く含む食べ物が良いとされており、放屁に対しては、
豆類、キャベツ、その他の発酵しやすい食品を制限し、炭酸飲料の多飲も避けるようにするのが良いとされています。一般に、アルコール、香辛料、コーヒーなど刺激性の食品は控えるようにすることが推奨されています。
逆に、これを食べたり飲んだりするといい、というお話はあまり聞きません。

> 次回何かあった時に、先生を指名する事はできますでしょうか?
可能です。サイトのシステムを使用しての指名は手順が難しいようですから、質問文の先頭に「猫山指名」と記載していただけると、それが指名になります。

最後に、文末のお名前が本名であるのであれば、サポートデスクに連絡して伏字にされるか、このスレッドの非公開措置を申請することをお勧めします。JustAnswerは公開サイトで、第三者が、このやりとりを閲覧することが可能であるため、個人情報の開示は推奨されていません。

JustAnswerサイト利用規約の5をご参照ください。

5.投稿文は非公開でも機密扱いでもありません
投稿文をアップロードする場合、ユーザーの質問、回答、情報に対するリクエスト、返答、プロフィール、署名、資格、コメント、専門家フォーラム内の投稿文や本サイト上においてユーザーが情報交換をする場所、その他の投稿文は公開され、 非公開でも機密扱いでもない点にご留意ください。また、弁護士・依頼者間の秘匿特権の対象外となります。投稿文は第三者が目を通したり、収集したり、使用することがあります。 プライバシーを守るには、本名とは関係のないユーザー名を使用し、ユーザーの身元や連絡先を特定できるような情報は投稿文には記載しないようにしてください。
http://ww2.justanswer.jp/ja/terms-service-0#posts
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問