JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

主人の性格について悩んでいます。気に入らないことがあると癇癪をおこし、大声で怒鳴りつけます。機嫌がいいときはたいへん

解決済みの質問:

主人の性格について悩んでいます。気に入らないことがあると癇癪をおこし、大声で怒鳴りつけます。機嫌がいいときはたいへんいいので、その差に愕然とします。言 葉ひとつで人格が豹変し、自分のプライドを傷つけた人のことを異常なまでに許せないとブツブツ言い続けます。優しくしてもらえないと眠れないと言うので、体をさすったり寝付き始めるまで添い寝をしたりしています。不安だ、とか寂しい、という言葉もよく耳にします。内心、妻である私のことを信用していないようでいつか自分は捨てられる、というようなこともたびたび口にします。主人は離婚歴があり、原因は前妻とのケンカが絶えなかったことと、義父との折り合いがよくなかったこと、と本人から聞いています。離婚は前妻から切り出されています。交際していた頃もあまりにも神経がこまやかで難しい性格だと感じていましたが、最近では何か精神病の一種なのではないかと恐怖を感じる次第です。
主人は離婚が原因で心療内科にかかり、安定剤や睡眠薬を常用していた経歴があります。
不安なこと、気に入らないことがあると頭が痛い、疲れたとため息を連発します。
寝付きはたいへん悪いです。何かの精神疾患ではないでしょうか?仕事を休んだりすることはありません。疾患であればどのような治療をすればよいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医で す。

ご記載を拝読する限り、ご主人は境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害:BPD)の診断基準を満たす可能性が高いと考えます。

ただ、診断基準とはいっても、人格障害は、「著しい性格の偏り」という程度の意味であり、狭義の病気ではありませんので、特異的な治療方法があるわけではありません。 「治療」を施す場合は、厳密な限界設定(治療上の約束(時間外受診をしない、診察時間は守る、過量服薬しない、自傷他害を行わない……)をし、守れなければ治療は終結、という契約で す)をした上で、薬物療法を補助的に用いながら心理療法を行っていきますが、その目的は人格 を矯正することではなく、その人格のまま当事者を何とか社会に適応できるようにすることで す。

しかし、ただ心療内科に連れて行けばよいというものではなく、ご本人の治療意欲が必要です。 ご主人が、ご自身、自分の感情のコントロール困難でお困りなのであれば、治療につながる可能性 はあります(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承くださ い)。

治療につながらない場合、周囲がご主人をうまく扱う方法を身に付けられる方が現実性の高い解決法であろうと存じます。

以下のサイトの
【Q2:人格障害は病気ですか?】
【Q4:家族や知人が境界性人格障害だと思うのですがどうすればいいのですか?】
が特に参考になると思います。 http://www.deborder.com/faq.html

以上、ご参考になれば幸いです。

******************************************

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュ アル)における境界性パーソナリティ障害の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませ んが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【境界性パーソナリティ障害】

以下9項目のうち5つ以上を満たすこと

1. 現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注: 5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )

2. 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係 様式

3. 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や 自己観

4. 自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行 為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)

5. 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

6. 顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続すること はまれな強い気分変調、いらいら、または不安)

7. 慢性的な空虚感

8.不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも 怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

9.一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問