JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

お早うございます。 仕事作業、生活にも支障がでており、困っております。 何科を受診したらよいかわからない為、相談

質問者の質問

お早うございます。
仕事作業、生活にも支障がでており、困っております。
何科を受診したらよいかわからない為、相談させて頂くことと致しました。
以下に、まず前提情報と次に相談したい症状の状況を記述させていただきます。
何科を受診するのかなど治療へのアドバイス等宜しくお願い致します。

--------------------
■前提情報■
--------------------
【年齢/性別/身長/体重/職業】
52才/男・既婚/178.5cm/73.8kg/ソフトウェアエンジニア

【血圧(2012/03/26に計測時)】
最高:141
最低: 91
(過去5年程、同じくらいの値で高血圧ぎみ)

【既往歴】
①甲状腺機能亢進症
(2005年から現在3カ月毎に通院治療中)


【常時服用中の薬】
メルカゾール(3錠)


【喫煙】
する

------------------------------
■相談したい症状に関する状況■
------------------------------
【症状自覚日】
2012/11/02

【具体的な症状】
①症状のある部位:右手の親指、人差し指、中指、薬指
    但し、
    手の甲、手のひら、手首、唇など他の体の部位には、
    同様のしびれや痛みなどありません。

②症状:しびれ(長時間正座した後のようなしびれ)
    右手の指を触られると痛い
    右手で物を触ると痛い
    右手で鉛筆を持つことまでは我慢できても筆記ができない
    パソコンのキーボードを右指小指を除く指ではうてない
    (但し、食事時の箸は、普段左手だったため食事はできる)
    
➂症状継続期間:常時
        (しびれ具合など常時同じしびれ具合で継続している)
        (夜睡眠はとれている)

④症状自覚までの手にかかった負担と思われる事:
 1)2012年08月に宴会に出席飲酒後帰宅時に、歩道で躓き、
  前のめりに転倒したが、その時、両手でつっぱって手をつき、両膝をつき
  転倒した体をささえた。
  膝のすりむきとあざができた程度で、両手、手首、ひじ、肩へは痛みなど
  何もなかった。
 2)職業上、常にパソコンのキーボードを打つ、右手でマウスを操作している。

------------------------------

できうる限り問診に近くなるよう書いたつもりですが、
専門医さんのご考察に不足情報もあるかと思いますが、
どうか宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.

はじめまして。

 

私でよろしかったらお力になりますよ。

 

ざっと読ませていただいた感じでは、手根管症候群のような印象を強く受けます。

 

もし小指に影響が出ていないのでしたらそうではないかと思いますが、それで検索してみて、ご感想をいれていただけませんか。

 

http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html

 

このURLをコピーされて検索願います。

お返事をお待ちしています。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事をお待ちしましたがないようですので手元にある情報からお答えを書かせていただきますね。

この手根管症候群なのですが、なんと甲状腺機能亢進症に伴って起こることがあるということにも注目されてください。

このサイトに書かれてあります。

http://www.sb-n.com/undou/syukonkansyou.html

手根管症候群は小指に影響が出ないことが大きな特徴なんですね。
パソコンをよく使われていることもその原因になります。
初期であれば手首を固定することによって保存治療できます。炎症止めの注射をすることもあります。
ですが、保存治療で改善しない場合は圧迫されている正中神経をリリースします。

手外科の専門医にかかられてはどうでしょうね。
手は機能的にも解剖学的にもとても複雑ですので専門医が存在します。

ですからもし手根管症候群でなかったとしてもしっかり診断を付けてもらえますよね。

http://www.jssh.or.jp/jp/about/senmoni-meibo.html

このリストを参考にされて下さいね。
お近くになければ整形外科専門医ならだいじょうぶ。

どうか、とりあえずは薬局で手首用のサポートを購入されて安静にされてロキソニンなどの市販薬で炎症と痛みを治療してくださいね。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。

そうそう、血圧それくらいが続いているのであれば治療されたほうがいいですよ。
お薬を始めた方がいいです。
付け加えておきますね。


docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答、アドバイスの程、大変有難う御座いました。
返信が遅くなったこと申し訳ございません。


 


・甲状腺機能低下症の場合だけと誤解していましたが、
 甲状腺機能亢進症の場合も要因となりうること
・まずは整形外科医に受診してみればよいということ
・手外科専門医 という医師が存在すること
・手首用のサポート用具を使うこと、
 また、それを薬局で購入できること


 


参考とさせていただきます。
まず、整形外科を受診し相談し、
薬局さんで手首用のサポート用具を探し、かつ、
手外科専門医さんの在籍する病院をご紹介して
いただけるようお願いをしてみます。


 


また、高血圧の件も医師にかかること長い間躊躇していたのですが、
医師に治療を相談してみようと思います。
大変有難う御座いました。


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

こちらこそありがとうございました。

医療 についての関連する質問