JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

69才の男性です。 現在の持病は次のとうりで治療中でございます。 糖尿病 HBA1C 6月 6.4%、11月

解決済みの質問:

69才の男性です。 現在の持病は次のとうりで治療中でございます。

糖尿病 HBA1C 6月 6.4%、11月 7.3% 何れも4月1日からの新しい検査値
      薬:ジャヌビア グルコバイ3錠、オイグルコンと、グルメピリド各1錠
高血圧 オルメティック 1錠
腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症のリハビリ中 9月27日手術済

相談したい症状: 泌尿器科なのか皮膚科なのか分からないのです。

11月初旬頃から、特に夜間の排尿時、出だしに時間が掛かったり、勢いも無ない。
また、尿の散らばりがありその後少しよくなります。 起床後はスムースな排尿となりますが、
頻尿です。 残尿感はありません。  夜中は3~4回が続いています。
水は毎日1L飲むようにしています。
丁度この頃は10日間腰の為、湯治中で比較的湯温の高い温泉に入浴していました。
そのご、排尿困難、頻尿を意識するようになり、亀頭部分がかなり赤くなっているな、と
感じ、その後は低温の湯船を利用した。  温泉は純重曹温泉です。

特にいま、困っている事は尿の出口が下着にふれるとひりひりした痛さが11月10日頃
から続いて悩んで言います。 表面上は特に化膿していたり、傷があるわけでもありませんし
排尿時には痛みは全くありません。
4日前に亀頭部分に皮膚が生まれ変わったのか、白い薄皮の小さなものが付着していました。
これは一度きれいに無くなりましたが、また少しでています。
このひりひりする痛みはどうしたら宜しいのでしょうか?

やはり11月10日頃からだと思いますが、両腕の肘下から手の甲に赤い湿疹の様なものが
両腕に各10個ぐらいでました。 痛くも痒くもありませんが、現在は湿疹の表面はかさついて
来て少ししこりの様な状態であります。
何れの症状も其の内治るであろうと思いながらいましたが、症状の改善がないようですので
相談させていただきました。
一週間前よりお酒(キリングリーンラベル)を控え(1本に)、カロリー0のオールフリーにして
血糖値を下げる努力をしています。

以上の2点につきまして診断していただきたくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。

まず、念のため初めに申し上げておきますが、相談者様を直接診察できないこのようなインターネット相談では、「診断」はできません。「診断していただきたくお願いいたします」とのことですが、われわれが出来るのは、可能性が高い疾患名を挙げ、受診されるべき診療科をお示しすることです。この点につき、あらかじめお含みおきください。

純重曹泉はナトリウム-炭酸水素塩泉とも呼ばれ、末梢血管拡張作用があるため、動脈硬化や筋肉痛、腰痛や肩こり、頚肩腕症候群、関節リウマチに効くと言われています。血糖降下作用があるので、糖尿病に対する効果も期待できます。
一方で、効力が強いため、高齢の方や虚弱体質の方、皮膚の敏感な人や粘膜の弱い人は純重曹泉の利用に慎重になるべきともされています。

相談者様のような「糖尿病患者さんは、皮膚の代謝が障害されています。そのため、新しい皮膚への入れ替わりが遅れて皮膚は乾燥し、傷つきやすくなっています。また、バリアである粘膜を保護するもの、例えば目では涙、胃であれば胃酸などの量も減少しているため(http://www.club-dm.jp/novocare_smile/lets_focus28-1.php より引用)」、上述の「皮膚の敏感な人や粘膜の弱い人」に当たります。加えてご高齢でもあります。

相談者様の亀頭と尿道口の状態、両腕の肘下から手の甲にかけての赤い湿疹のご記載から読み取れる性状から推察しますし、感染症の可能性は低いと思われます。

どちらも、純重曹泉に10日間入り続けたことによる皮膚・粘膜のかぶれのような状態であろうと思われます。
湿潤を保ち、皮膚・粘膜を保護する塗り薬を使用する必要がありますので、皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問