JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

こんばんは。マニラ在住の日本人です。今年の3月頃に手足の震え、体重の減少(ー17キロ)、喉の違和感、腫れ、疲れなどの

解決済みの質問:

こんばんは。マニラ在住の日本人です。今年の3月頃に手足の震え、体重の減少(ー17キロ)、喉の違和感、腫れ、疲れなどの自覚症状が現れ日本人医師(専門医ではありません)に診察してもらったら バセドウ病と診断されました。薬を飲み始めて1ヶ月くらい経った頃から、体重の増加、むくみ、便秘の症状が出て来て、何度か診察に行きましたが問題はないと言う事で同じ量の薬を飲んでいました。8月に日本へ一時帰国した際に、専門医院に診察に行きました。そこで、薬の量が多すぎると言われ、薬を1週間休み、1週間後に半分の量でそこで処方してもらった薬を再開しました。マニラで飲んでいた薬を同じ薬だと言われましたが薬を飲み始めて2週間程経った頃に皮膚の異常なかゆみが出てきました。マニラの日本人医師の所へ相談に行きましたが、かゆみ止めを処方されただけで治療法、薬の量も変わりませんでした。かゆみ止めを飲み終わってもかゆみがおさまる事はありませんでした。先生に相談なしで勝手にバセドウ病の薬を飲むのをやめてしまいました。薬をやめて3ヶ月程経ちます。だるさや、手足の震えなどの症状は現れてませんが最近、抜け毛、便秘、体重が急激に増加してる事に気がつきました。これはバセドウ病の反対の病気、橋本病なのでしょうか?マニラには専門医が2名程いるらしいのですが、なかなか予約が取れない状態です。日本人医師の所には行く気になれません。どうしたらよいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少なくとも現在、甲状腺機能が低下した状態にあるのは間違いないと思われます。「皮膚の異常なかゆみ」も、恐らく甲状腺機能低下の症状でしょう。

「バセドウ病」に対して処方されたお薬の名前と、1日用量を教えていただけないでしょうか?

また、都度都度、採血して、甲状腺ホルモン値を測りながらお薬の調整は行われなかったのでしょうか(8月に一時帰国されて専門医を受診された際も?)。

一時帰国された時の専門医の診断もバセドウ病だったのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

処方された薬の名前はマニラも日本も「メカゾール」です。


 


マニラの医師からは10gを1日3回飲むように言われ5月から2ヶ月間飲みました。


 


日本の医師からは5gを1日1回を1ヶ月分処方されましたが飲み終わる前にやめてしまいました。


 


マニラでは1ヶ月ごとに採血していましたが薬の量は減りませんでした。日本で診察した際も血液検査、超音波、レントゲンなどの検査をした結果の薬の処方でした。


 


日本の専門医では「マニラでバセドウ病と診断されたんですよね、このまま治療を続けてください」と言う風に言われました。


 


体重増加はおさまるのでしょうか?きちんとした治療をすれば体重は元に戻るのでしょうか??


 


よろしくお願いします。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
回答を試みてみます。
症状の経緯から橋本甲状腺炎を持っていると思います。橋本甲状腺炎は自己免疫疾患で甲状腺に対する自己抗体が甲状腺を攻撃し、破壊する病気です。初期の症状は甲状腺の破壊によって一時的に甲状腺ホルモンの血液に大量にでて甲状腺機能亢進症、バセドウ病の様な症状を起こします。その後、甲状腺の破壊によって甲状腺ホルモンの欠乏がおこり甲状腺機能低下症となります。皮膚の異常なかゆみはメカゾールの副作用です。その日本人医師を受診し血中のTSH, freeT4, 甲状腺自己抗体(10-15%は橋本甲状腺炎で陰性)を測ってもらいTSHが3より増加している場合、甲状腺ホルモンを処方してもらってください。その症状は軽減します。その薬の量はTSHが0.3-3の間になり、症状がなくなるように調整してもらってください。長期間放置するとまれに意識障害をおこし危険です。甲状腺ホル モンとしてレボサイロキシンを一日あたり体重kgあたり1.6-1.8マイクログラム処方してもらい、6−8週間ごとに症状とTSHの値をみながらその量を調整してもらってください。安定したら6-12ヶ月ごとにフォローアップしてもらってください。50歳以上又は心臓病を持っている場合一日当たり25マイクログラムで治療を開始してください。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございました。


日本人医師の所へ診察に行く事にします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。どうぞ御大事に。早く症状が良くなることを祈っています。
恐れいいりますが、回答の評価をお願いします。

医療 についての関連する質問