JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

うるさいくらいの耳鳴りに困っています。 耳鼻咽喉科の医院で今年1月に受診しましたが、耳の聞こえ方の派長がメニエール

解決済みの質問:

うるさいくらいの耳鳴りに困っています。
耳鼻咽喉科の医院で今年1月に受診しましたが、耳の聞こえ方の派長がメニエールのものではないので、原因が分からないと言われました。その時に小一時間ほどかかった聴力検査を受けました。

仕事などで何かに集中すると耳鳴りが意識から外れますが、独り静かになると朝昼夜関係なく、ずっとキーーーーーーーンと聞え続けています。

今年の10月に受けた人間ドックでの聴力検査も正常範囲でしたが、このような書き方が正しいか分かりませんが、右 側から左側にキーンと突き抜けていくような音がしているのです。
心臓の派長を見るモニターをイメージするとしたら、心臓が止まった時の1本線のイメージです。
右側が大きく聞こえるので、頭の後ろの方で右から左側に音がキーーンと通って行く感じです。

普段は右側の方が大きく聞こえて要るように感じますが、指で耳の穴に突っ込むように塞いだ時には塞いだ方の耳がハッキリ聞こえています。

もう半年以上たちますが一向に良くなりません。
耳の病歴としては10年以上前に右側の耳が突発性難聴(専門医にも伝えています)、他は、耳の症状なのか本人には解かりかねますが、昨年の冬から今年の春にかけて、回転性のめまいで起きていることができずになったことがあり、救急外来ではめまいの点滴を受けめまいは改善。後日、どこに行ったらいいのか分からずに受診した内科では「メニエール症候群」と言われ、耳鳴りも気になっていたので、次に耳鼻咽喉科を受診したところ、先ほど書きました通りで原因不明と言われた流れです。

その時に耳鼻咽喉科で頂いた薬はフロモックス100mgで、耳鳴りは全く改善されませんでした。
諦めて現在に至ります。放置していても、その後めまいは起きていません。ただ、ふと落ち着いた時にいつも耳鳴りがしているという状態を何とかしたいですが、放置していてもよいものなら我慢するしかないと思っています。 今もうるさいです…。 やはり別の専門医に診てもらうべきでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。 大多数が、「あちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよ いか」というものです。それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であるということで しょう。 悲観的なことを申し上げるようですが、相談者様の場合も、何科を受診しても原因はわからず、 対症療法もあまり効かない可能性が高いでしょう。 実際、耳鼻科的な診断がつく耳鳴りは半数に満たないという報告もあります。

耳鳴りが良くなる場合は、「耳鳴りがありながらも普通の生活」というスタンスで過ごしていただくことで、患者様ご自身の自然治癒力で良くなっていく印象があ ります。五官というのは非常 にデリケートな器官で脳との連携も密なので、意識を向けてしまうとそれに縛られ、縛られると 耳鳴りが気になり……という悪循環が容易に成立してしまうためであろうと思われます。

脳腫瘍等が耳鳴りの原因になる場合もありますから、脳外科や神経内科の受診はされて みてもいいかもしれませんが、CTやMRI検査で異常がみつからなかった場合は、脳外科的にも特別な治療方法はありませんので、恐らくこれまでと大きくは変わらない結果になるのではないかと予想致 します。

残念ながら耳鳴りに関しては、「どのような病院に行くといいのか、このような治療法によって 改善が見込める」といった回答ができないのが現状です。 耳鼻科を受診されて原因がわからなかった場合でも、症状を受容された上で、できるだけ質の高い生活を目指されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答をありがとうございます。

耳鼻咽喉科で検査を受けた時も、念のため脳腫瘍等の疑いがあるかどうかも含めた検査をしたとおっしゃってました。結果は脳腫瘍の疑いもないとのことでした。 

思い起こしてみると、耳鳴りは子どもの頃から時折鳴ったり、忘れていたり、いつのまにか消えていたため、今回のものもどちらかというと楽観的に思っておりました。

生活の質を高めるとのお言葉に当てはまるか分かりませんが、趣味も増やしましたし、大きな不安もなく何事もおおらかに受け止めるようにし、耳鳴りも極力気にしないでいるようにしておりました。

ですが今回の耳鳴りは、何かに集中しない限り耳に音がずっと頭の奥で通り続けている(鳴っているというより、放送されてるかのように通り続けてる感じです)のでさすがに半年を過ぎて気になった次第ですが、それでも眠れないわけでも物事に集中できないわけでもありません。

ただ、安静時にうるさく耳に障るので、これ以上ひどくならないうちに改善出来るものならばと思いましたが、体質と考えて付き合うしかないようですね。

これから年齢とともに聴力も弱まってくるでしょうし、最後は耳鳴りだけが聞こえているかもしれないと思うと、ちょっと溜息が出てしまいます。

少なくとも、大病、難病に結び付くものではなさそうですし、これからも気にしないようにしたいと思います。 でも思い出したくないのに勝手に聞こえてくるから性質が悪いですが、仕方がないですね。

猫山先生、これをきっかけに、耳鳴りに対する気持ちを切り替えるように努めます。ありがとうございました。

 

 

医療 についての関連する質問