JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 297
経験:  日本医師会認定産業医など資格多数
69030297
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

オスグット病について質問いたします。 10歳(小学4年)女の子の母です。 子供は現在バレーボールをしています

解決済みの質問:

オスグット病について質問いたします。

10歳(小学4年)女の子の母です。
子供は現在バレーボールをしています。

半年程前、膝の痛みを発症したので整形外科で診察を受けましたら、オスグット病と言われました。様子を見ながらスポーツを続けるように指導して頂き、痛みが出た時や、激しく動いた時などはアイシングをするようにご指導頂き、そのようにやってきました。痛みもさほどなかったので、半年後の定期検診に先週行きました。そしたら、レントゲンの状態は頸骨が完全に剥がれている状態で、日常生活は安静にした方が良いと言われまし た。ただ、子供は休みたくないので、痛みが出た場合は休ませてもらうよう、バレーボールの指導者に伝えました。
また、剥がれる前と、剥がれた後のレントゲン写真も見せました。

そしたら、指導者はオスグットは炎症性のケガではないから冷やしてはいけない。逆に暖める事。また、我が家の食生活が悪いから煮干しを食べさせろ。もっとちゃんとした整形外科へ行くように。針治療でも治るからそちらを紹介しようか?…など言われました。

この指導者の言葉に納得いきませんので、指導者に説明する為のアドバイスを頂けたらありがたいと思います。よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

clozapine1961と申します。

質問を投稿いただき、ありがとうございます。

 

オスグット病の治療は、痛みの程度や運動時の障害の程度により異なりますが、基本的には活動を続けながら治療を行います。

 

軽症例では、消炎鎮痛作用のある外用薬および患部のサポーター装着で対応します。

痛みが非常に強いなど重症化しますと、一時的にスポーツを休止し、安静にする必要があります。

 

症状の程度に関わらず大切なことは、ストレッチと患部のアイシングです。

ですから、指導者の温めるという指示は間違っており、また食事内容は関係ないですが、鍼灸は疼痛の緩和には効果的かもしれません。

 

最後に日本整形外科学会のホームページによる解説を添付しておきます。

http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/osgood_schlatter.html

 

以上参考にしていただけると幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

clozapine1961様


 


ご回答ありがとうございます。


 


申し訳ございません。投稿の文面が確認出来ず投稿してしまい、『日常生活や学校以外は安静にするように』との訂正をさせてください。


 


『鍼灸は疼痛の緩和には効果的かもしれません。』


とありましたが、鍼灸で治りますか?痛みを軽減させるだけ(回答もそのように受け取りました)のように感じますが、鍼灸でどの程度治るのか知りたいです。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

clozapine1961様


 


ご回答ありがとうございます。


 


申し訳ございません。投稿の文面が確認出来ず投稿してしまい、『日常生活や学校以外は安静にするように』との訂正をさせてください。


 


『鍼灸は疼痛の緩和には効果的かもしれません。』


とありましたが、鍼灸で治りますか?痛みを軽減させるだけ(回答もそのように受け取りました)のように感じますが、鍼灸でどの程度治るのか知りたいです。


 


 

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

鍼灸には、患部を直接刺激する方法と、経絡の部分に処置を行う部分があります。

もちろん今回のケースは痛みを軽減するだけですが、オスグッド病は経過をみながら成長を待つ側面がありますので、乗り切るための対処療法としてはいいかもしれません。

しかし、鍼灸師で腕のいい先生は、いい医師を探すよりも難しいです。

ですから鍼灸だけでやろうとせずに、整形外科医にも適宜相談したうえで、補助療法として使うべきでしょう。

以上参考にしていただけると幸いです。

clozapine1961をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問