JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在逆流性食道炎で2ケ月で10kg痩せてしまいました。なかなかん食欲だ出てこないのと、倦怠感と眠気やる気が起きない、

解決済みの質問:

現在逆流性食道炎で2ケ月で10kg痩せてしまいました。なかなかん食欲だ出てこないのと、倦怠感と眠気やる気が起きない、また、ここ ひと月前ごろから夜中目が覚めると、そのあと寝付けないなどの症状が出てきました。また、胸が締め付けられるような症状もあります。ただ、夜お風呂に入るとわりとすっきりします。
現在胃腸科に行っていて、胃腸薬のつくしAM剤・ビオフェルミンR錠・ウルソ100を処方されれいます。
なかなか眠れないのもあり、先日、心療内科に行き事情を説明したら、夏バテではとの見解ですが、ワイパックス錠0.5・ドグマチール錠50mg・レンドルミン錠0.25を処方されました。睡眠薬等は初めてで、飲み合わせや、薬ばかりを飲んでしまうと、なかなか抜けなくなるのが心配です。ぜひ見解をお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

ワイパックス錠0.5・ドグマチール錠50mg・レンドルミン錠0.25
これらは全て1日量ですか? 1日1回服用されているのでしょうか。

逆流性食道炎に効きそうなお薬は服用されていないようですが、逆流性食道炎自体は既に治ったと理解してよろしいでしょうか。

心療内科から処方されたお薬の効果は実感されていますか?

下記のスケールとやっていただき点数を教えていただけないでしょうか?
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

逆食はまだ完治していないと思います。現在胃腸科に行っています。ただ、症状は良くなっていますが、食欲があまりない状況です。心療内科の薬は、1日3回の服用で、レンドミンは、寝る前です。レンドミンは1回服用して、効き目がありましたが、その他はまだ、飲んでいません。


スケールの点数は14点でした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

夏バテであれば心療内科での薬物療法は必要ありませんので、まず診断から見直されるべきでしょう。

行っていただいたQIDS-Jの得点が14点ということは、中等度のうつ病の症状があるということです。中等度というのは、精神科/心療内科の受診が望ましく、薬物療法の適応となる水準であるということです。
よって、診断はともかく、心療内科を受診されて投薬を受けられていることについては適切な行動であると言えます。

ただ、そのお薬の中身ですが、あまり感心できたものではありません。
主剤はドグマチールということになります。いちおう抗うつ薬として認可はされていますが、あまりうつ病を改善させる効果が強いお薬ではありません。
うつ病の患者様に対しては、もう少し副作用が少なく、効果は強いお薬がありますので、近年はそうしたお薬が第一選択薬として用いられます。

ワイパックスとレンドルミンはともに化学的には「ベンゾジアゼピン作動薬」に分類される薬物で、長期間服用した場合の副作用と、依存性の強さで知られています。
頓服として用いられるにおいては良いお薬ですが、毎日服用することを前提に処方されるべきものではありません(残念ながら日本ではそれが当たり前のように行われているのですが)。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

お薬を処方するならばまずちゃんとした診断を下すべきですし、もっと有効性と安全性に気を配った組み合わせにすべきです。

QIDSの得点からは治療は受けられた方がいいと思いますので、他の心療内科を受診されてみることをお勧めいたします(※JustAnswerでは個別の医療機関の推薦・紹介は行っていません。ご了承下さい)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

いろいろご意見ありがとうございます。


では、レンドミンも服用しないようにしたほうがいいのでしょうか。


それとも、頻度はどれくらいでしょうか


宜しくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
眠れないのは辛いですから、その辛さと依存の可能性を天秤にかけて、ということになります。

ただ、いずれにせよ連用はお勧めしかねます。
個人差はありますが、最低でも中1日開けて、週に3回程度の服用ならば依存の心配はありませんから、そのような飲み方を試されてみてはいかがでしょうか。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問