JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

29歳の息子がくも膜下出血で倒れ救急車で病院へ運ばれ、血管内コイル塞栓術及び脳室ドレナージ術の手術を受けました。手術

解決済みの質問:

29歳の息子がくも膜下出血で倒れ救急車で病院へ運ばれ、血管内コイル塞栓術及び脳室ドレナージ術の手術を受けま した。手術はうまくいって翌日には意識が戻り、体のマヒなどの障害も出ませんでした。術後も順調で、3日目には頭のドレナージ管を抜き、腰椎穿刺による髄液排出とし、リハビリを始めるほどの状態でした。但し、腰椎穿刺の施術ではなかなかうまく針が入らず2時間を要し、髄液の排出量も少なかったとのことです。ところが発病から5日目の昼食時に急に右上下肢のマヒと言語障害が出て、わずか20分後に意識不明、自発呼吸なしの状態になってしまいました。医師の話では予後の心配として、血管の再破裂、脳血管攣縮による脳梗塞、水頭症からの脳ヘルニアの3つがあるとのことでしたが、意識不明になった後のCT検査では再破裂はなく、脳の状態も大きな変化がないとのことでした。最終的にはCT検査では判断できない脳幹部の脳ヘルニアと推測されるがこのような様態の急変の真の原因はわからないとのことです。また5日目の昼食前には患者から頭痛がひどいとの訴えがあり、座薬を入れた経緯があったようです。私もいろいろ調べてみたのですが、脳梗塞や脳ヘルニアが発症するまでには患者の症状変化があり、それに対処する方法もあると考えています。結局症状変化を注意深く観察していなかったので、脳ヘルニアに至るまでの脳圧亢進での対応が行わなかったと懸念されます。そこで質問なのですが、①くも膜下出血の予後でこのように急激な容態変化が予兆なしに発生することは考えられるのでしょうか、②腰椎穿刺の処置が悪さをすることはないのでしょうか、③予後の看護として、脳圧管理をどのように行うのが常識で、ヘルニアに至るまでの予兆(処置が必要な症状変化)をどのように見つけるのが常識なのでしょうか。医学の知識がありませんのでご教示いただけましたら助かります。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

息子さん、大変なことになられてお気持ちをお察しいたします。

現在はっきりした原因がわからないんですね。
お答えをひとつひとつ書いてみます。

①昼食前に激しい頭痛があったようですがその時に医師は呼ばれたのでしょうか。
急激な変化が見られる前にあったこの頭痛は予兆であったと思います。

②腰椎穿刺ですが、もし脳内に腫瘍などがある場合はそれによってヘルニアが起きます。
ほぼ瞬時に起きますね。
でも息子さんの場合は腫瘍があったわけではなくこの腰椎穿刺のあとかなりあとに変化が起こっていますのであまり関連はないでしょう。

③頭痛を見逃したことが気になっています。
脳圧管理は続けて高くなっているときのみ管理すると思います。
息子さんはかなり安定されていたので脳圧はあまり’問題にならなかったのでモニターはあまりきつくしていなかったと想像します。

頭痛の件がたいへん気になりますね。
それに関して医師がずぐにやってきて診察をするべきであったと思いますよ。

情報がない中での一般的なお答えですがご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答有難うございます。


追加情報は下記のとおりです。


 


①最初の手術後から本人は頭が痛いと言っていました。しかし、これは最初の手術で当然出るものと思いまし たが、それは時間経過とともに弱まるのが普通ではないのでしょうか。座薬を使用するほど痛みがひどくなっていたことに疑問を感じるのですが、医師の話ではそれまでにも使用していたと言っています(私はそれを患者本人からは聞いていないし、見舞いの時に見てもいません。投薬記録はカルテに記載されるのでしょうか。)。従って急激な症状悪化の前に頭痛を訴えた時も、看護師が座薬を与え医師を呼んでいません。その後の体のマヒが出た時点で医師に連絡しています。


 


②針の挿入がうまくゆかず長時間を要したので気になったのですが、ヘルニアに至るまでの脳圧亢進の原因になったとも考えられないのでしょうか。


 


③上記のように頭痛は急に出たものではありませんが、それが時間経過とともにひどくなっていたとしたら、医師はどのような処置を行うのでしょうか。またそれによって以降の急激な容態悪化は防げた可能性はありますか。


 


④最初の手術後の容態が非常に良く、それがわずか20分ほどで急激に悪化することは常識的にあり得るのでしょうか。それまでの予兆を見逃していたのであって、実際は前日、前々日からの症状変化を注意深く見ていたら最悪の事態は避けられたのではと疑ってしまいます。頭痛以外に現われていた症状としては他に何が考えられますでしょうか。脳圧亢進の過程なしで脳ヘルニアを発症したという説明は常識的にあり得ないと考えてしまいます。


 


以上よろしくお願いいたします。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事をありがとうございます。

①投薬の記録は全てカルテに記載されています。
確認されて下さい。

②これはよくあることです。
関連性は少ないと思いますね。

③時間とともにひどくなっていたのなら重要視するべきでした。
医師はひどくなっているという部分には注意を払うべきだったと思います。
ただし、CT検査で異常がなかったということですのでどれだけの処置ができたかに関しては厳しいところがあるでしょう。

④脳ヘルニアであったかどうかもはっきりはしていないのでそうだとして書きますが。。。
一体何が起きているのかがはっきりしない以上推察の推察での意見になりますが、ヘルニアがほんとうに起きたなら急な変化は頷けます。
どのようなことが実際に起きていたか、ヘルニアが徐々に起きていたのか、それも今となってはわからないですね。
悪化する頭痛が唯一の変化であったわけですから、それを見逃したことは否めませんね。
頭痛以外には、目に異常が出ます。でもそれもへリニアが起こらないとでないです。
その前にはそういう変化は出ないです。
目の視野が狭まったり、目が一定方向を向いてしまったりします。

docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問