JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

頸椎症性脊髄症と診断され、手術を勧められました。現在、発症から半年、両手首から先に恒常的痺れがあります。物をもつこと

解決済みの質問:

頸椎症性脊髄症と診断され、手術を勧められました。現在、発症から半年、両手首から先に恒常的痺れがあります。物をもつことに不自由はありません。
手術の是非、その時期とリスクにつきご教示頂きたく、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
症状の発症から一年以内に手術をすることが神経学的な予後において実質的な改善と関係していることが強く証明されています。その一般的なリスクとしては感染,出血,神経損傷、脊随損傷、麻酔に対する反応,将来における手術の可能性,症状の軽減の失敗,神経を 覆う膜の損傷です。
その手術は前方頸椎手術と後方頸椎手術があります。前方頸椎手術のリスクとしてはプテイトやねじの損傷,ゆるみ、痛み、飲み込むことの困難,声の変化,食道の損傷,呼吸困難,手術部位の上下の椎間板の変性などです。後方頸椎手術のリスクとしては手術部位の上下の椎間板の変性、脊髄動脈の損傷,脊髄が後方に移動することからの神経の伸展があげられます。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問