JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

4~5日前から、全身に発疹が出ています。熱はありません。 今日、総合病院で診察をした結果、多形浸出性紅斑(?)と言

解決済みの質問:

4~5日前から、全身に発疹が出ています。熱はありません。
今日、総合病院で診察をした結果、多形浸出性紅斑(?)と言われました。
聞いた事も無かったので、自宅に戻り、調べてみたら…重症になると、死に至る場合もあると書いてあり、とても不安です。このまま、自宅安静で、大丈夫ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

既にお調べになっているかもしれませんが、多形滲出性紅斑は単一の病気の名前ではなく、皮膚に紅斑を生じるいくつかの病気の総称です。
大きくは、口腔、眼、外陰部などの粘膜にびらんが生じる重症型(スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死症)と、皮膚にのみ紅斑が生じ、発熱や粘膜症状がない型とに分かれます。
前者の場合は、ご懸念の通り、生死にかかわる場合があり、通常は入院してのステロイド内服・点滴治療が行われます。後者の場合は、外来的に治療が可能で、抗ヒスタミン薬とステロイドの塗り薬などで治療されます。

相談者様の多形滲出性紅斑は、入院治療の必要が無い、後者のタイプのものなのだと推察いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問