JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

てんかんの薬について質問です。素人の判断で勝手に薬をやめたりしてはいけないことはわかっているのですが、担当医が病院に

解決済みの質問:

てんかんの薬について質問です。素人の判断で勝手に薬をやめたりしてはいけないことはわかっているのですが、担当医が病院にいる曜日が限られているためすぐに相談できません。
半年前にてんかんを発症した息子がいます。部分てんかんらしく、1回の発作は15秒程度。体に力が入り、倒れます。このような発作が半年前から毎日複 数回あります。睡眠中も起きています。なかなか合う薬が見つらない状況が続いています。
2週間ほど前から、いつも飲んでいるテグレトールとマイスタン(朝のみ)にプラスしてイーケプラを試し、1日500mgまで増やしましたが逆に発作が増えました。
10/19(金)に受診したところ、イーケプラはやめていいと言われ、その日の夜から新しい薬、トピナを飲み始めました。(テグレトール300mgとマイスタン5mgも継続)
トピナを飲み始めてまだ3日目ですが、発作は増える一方です(昨日は7回)。今日は朝7:30にも発作がありました。こんなに早い時間の発作は初めてです。
このまま飲み続けて、いきなり効果があらわれる可能性はあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

このまま飲み続けて、いきなり効果があらわれる可能性があるのか、という ご質問部分に関して申し上げれば、いきなりあらわれることはありません、という回答になります。トピナの用量が十分で、ご子息の発作型に合っているとしても、規則的に服薬を続けて、血中濃度がご子息の体内で一定になり、薬理効果を発揮するまでは数日を要します。臨床的な発作抑制効果は、その過程で徐々にあらわれてくるでしょう。


以上、ご参考になれば幸いです。

ご質問には過不足なく回答したつもりですが、追加でご質問がおありの場合は、下記情報を添えてご返信下さい。

ご子息のご年齢を教えて下さい。それによっててんかん発作の意味合いが全く変わって参ります。

また、主治医からは発作型は何だと告げられていますか(例:複雑部分発作)?

多剤が併用されていますが、主治医はてんかん専門医なのでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早々にありがとうございます。息子は9歳半です。知的障害などはなく、てんかんだけ発症しました。


 


てんかんの種類については、部分てんかん、としか聞いていませんが、担当医はてんかん専門医です。


 


質問の仕方がわかりにくく、申し訳ありません。


薬の効果がすぐにでないのが通常なのはわかっているのですが、薬を試しはじめて発作の回数が激増している事実があります。


変化なしであれば、引き続き服用して様子をみますが、今まで夕方2回程度の発作だったのが、ここは6回、しかも今日は朝から発作があり、この時間ですでに5回を越えているため10回以上になりそうです。これだけの回数になるのは発症後初めてです。


 


血中濃度はまだ安定していないとはいえ、発作が増えている要因は新しく飲み始めたトピナだと考えられると思います。


このまま飲み続けてもよい結果に転じるとは、今の段階では思えず、トピナを飲ませるのが怖いが現状です。


 


担当医は不在ですが、夕方救急外来でも相談してみたいとは思っています。


 


ご意見は多い方がありがたいので、引き続き回答をいただけるようであれば、よろしくお願いいたします。


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

ご質問の意図は理解いたしました。

そういうことであるならば、ご子息の発作が増えた理由としてはトピナを始めたことではなく、イーケプラを止めたことである可能性が大です。

多くの抗てんかん薬は、「離脱痙攣」と呼ばれる現象を起こすことが知られています。一定期間使用していた抗てんかん薬を急に中止すると、痙攣発作が増加する現象のことです(これは、元々のてんかんにそのお薬が効いていたかどうかに関係なく起こります)。
このため、離脱痙攣を起こす可能性がある抗てんかん薬を中止する場合は、徐々に用量を減らすか、1日おき⇒2日おきと間 引きして飲むなどの漸減法をとります。

イーケプラも離脱痙攣を起こす抗てんかん薬で、添付文書でも「自分だけの判断で急に中止すると、その反動で重い発作を起こしてしまうおそれがあります。用法用量を守り規則正しく飲むことが重要です」と注意喚起されています。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1139010.html

トピナは、仮にも抗てんかん薬ですから、効かないことはあっても発作を増やすことはありません。
トピナもまた離脱痙攣が起こりうるお薬ですから自己中断はお勧めしません(まだ2~3日しか服用していないので離脱痙攣が起こる可能性は低いと思いますが)。
むしろ、早目に再受診されて、一時的にでもイーケプラを再開し、痙攣発作の頻度が落ち着いてから、あらためてイーケプラを漸減すべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問