JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

初めてご質問させていただきます。 どうぞよろしくお願い致します。 45歳 女性です。 今年7月に胆石症のた

解決済みの質問:

初めてご質問させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

45歳 女性です。
今年7月に胆石症のため腹腔鏡手術にて胆嚢摘出しました。
外科的な経過は良好だと思うのですが、術後1週間程過ぎたくらいから
摘出前と同じ様な痛みが起きています。
場所は右脇腹、右背中(肩甲骨下)十二指腸付近に食後1時間半~3時間位の間
何とも言えないシュ~というような痛みです。
摘出前の疝痛発作の前兆という感じです。
食べたものが今どこで消化されているのか・・・というのが分かる程大変敏感に
痛みを感じてしまいますが、食後に起こっているので心因性のものだとは
自己判断ですが考えられません。

先日DIC検査を受けましたが、石が残っていることはないようでした。
又 血液検査でのCRP反応、ビリルビン、アミラーゼも全て基準値内になっています。
肝臓関係の数値は全て半減しておりγ-GTP等は128→50(術後)24(現在)と低値です。

術後検査での執刀医の診察では、外科的には問題ないとのことですが
痛みが残っていることについて、私には根治されていないと感じる状況です。
インターネットの情報で「胆嚢摘出後症候群」に非常に共通点を感じ
執刀医(主治医)にその旨伝えたのですが「内科又は心療内科」に行くように
指示されました。
かかりつけの内科医にも相談しましたが、納得のいく回答は得られず
術後なので、筋肉の痙攣があるかもしれないとのことで
先日よりカリウム(スローケー錠600mg2錠×3/日)服用していますが
残念ながら改善されていません。

大変前置きが長くなりましたが、質問させて頂きたい内容は下記のとおりです。

■ DIC検査で何が分かるのか詳細を知りたい。
■ 胆道狭窄や運動機能不全等の判断は何を基準に判断をするのか

知りたい内容は上記2点に絞っておりますが
その他注意する点やお気づきの事がありましたら、こちらの詳細もありますと
嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

大変お困りなんですね。
お気持ちをお察しいたします。

DIC検査は、

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000417.html

のことですよね。

胆管の詳細を調 べ、石が残っていないか、胆汁が漏れていないか、胆汁のう胞などができていないかを探るものです。

胆道狭窄は、造影剤が映らない狭まったところが映ればそうと判断されます。
運動機能不全は、胆汁の排出の度合いから判断します。

MR胆管膵管造影=MRCPを受けられることをお勧めします。
これですと、MRIなんですが、胆管と膵管を高輝度に撮影できます。
おそらくCT(DIC)より詳細がわかると思います。

あなたの場合は、胆嚢摘出後症候群なんでしょうね。
手術のあと、統計的に10-40%の患者にそのような症状がみられるとか。

それには胆管が原因の時と、そうでない時の二つに分かれるそうです。
胆管が原因になっている時は、狭窄がある時、石がまだある時、腫瘍がある、オッディ括約筋機能不全、胆嚢管の残骸です。
胆管が原因でない時は、消化性潰瘍や、胃食道逆流、膵臓の疾患、肝細胞の障害、冠動脈疾患、過敏性腸症候群、肋間神経痛などです。

DIC検査でも、申し上げたMRCPでも総胆管に残っている石の可能性を拭い去ることはできないようですが、その疑いがあるなら、ERCPを受けられたらいいのではないでしょうか。
ERCPは、内視鏡的逆行性胆道膵管造影のことです。

胆管の状況は今回概ねいいわけですから、MRCPをやってもらって確認を取られ、その上で胆管が原因でない時の可能性もみてもらいましょう。

心療内科はそのあとですね。。。

そうそう、お食事ですが、いっぺんに食べないで一回のお食事量を2ー3回に振り分けられて、一日の食事量は同じでも10回くらいにしてみて違いがあるかどうかみてください。
もしそれで改善するならその方法を取られるといいです。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使って質問を書き入れられてください。


質問者: 返答済み 5 年 前.


度々失礼します。


 


再度質問したのですが、届いておりますでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
届いていないです。

再送願います。
質問者: 返答済み 5 年 前.


先生


 


早速のお返事ありがとうございました。


本日再度受診するため、大変参考になりました。


先生のアドバイスを下に、早速MRCPをお願いしたいと思います。


 


再度質問させて下さい。


 


最後の診察の際「これ以上検査しても多分何も出てこないよ


外科で出来ることはロキソニンを処方して上げることくらいだな・・・


多分肋間神経痛かメンタルの問題だから」


 


との返答でした。


それでも本日再受診の予約を入れ、先生からのアドバイス通り


再検査のお願いをしたいと思うのですが、その際主治医に検査の


お願いをするのが本筋でしょうか?


今日の診察の際、消化器内科に繋いで欲しい旨を願いする予定でした。


私との意思疎通がなかなか上手くいっていない気がして、少々弱腰になっています。


 


先生に直ぐにお返事をしたのですが、あいにくきちんと送信されていないようで、再度思い出してのお返事なのですが、直ぐに出来ず大変失礼しました。


又、食事の取り方についてのアドバイスも頂きまして、本当にありがとうございました。


先ずは自分が出来ることから改善してみたいと思います。


 


取り急ぎありがとうございます。


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうですね。

主治医とお話された方がいいでしょう。
私なんかより主治医はあなたのことをよく知っておられるのですし。

お話しにくいのはよくわかりますが、苦しんでおられるのは結局あなたなのですし、やるだけのことをお願いする権利はあると思います。
とことん調査してくださるようお願いしましょう。

こちらこそありがとうございました。
早くよくなられて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.


迅速なご返答ありがとうございました。


本日これより診察に行ってまいります。


先生のアドバイスもノートに書き写しましたので


万全の準備が整いました。


おかげさまで勇気もいただきました。


本当にありがとうございます。


 


回答について、大変満足しております。


質問については終了したいのですが、受信の結果をご報告させて頂きたいので、このまましばらく保留にさせて下さい。


本日中に再度ご報告を兼ねてご連絡した後、決済の手続きに移行したいと


思います。


 


誠に勝手ですが、どうぞよろしくお願い致します。


本当にありがとうございました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

ご報告をお待ちしております。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
追加でご紹介しておきたいものがあります。
日本肝胆膵外科学会の専門施設や専門医のリストです。

http://www.jshbps.jp/retrieval.html

もし行き詰まったらこういうところがあるということを覚えていて下さいね。


https://www.jsge.jp/WHAT/NSWMEIBO/NSWNINTEI01.asp

消化器内科の方はこちらです。

参考にされて下さいね。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


ご連絡が遅くなりまして大変失礼いたしました。


本日受診した際、結論から申し上げますと胃カメラとCT/造影で


再検査ということになりました。


 


ご提案頂いたMRCPで再検査のお願いをしました。


「内科医よりMRCPで再検査をとの提案があったので、先生の見解はいかがですか」


 


という伝え方をしました。


主治医いわく「僕はDICの方が信憑性があると思うし、血液検査の結果も


問題ないと判断している。MRCPをするなら内視鏡で直接検査させて欲しい」とのことでした。


又すい臓についても調べてみたいとの事です。


 


主治医が前日に忙しかったらしく、かなり疲労困憊の様子で


又、一番最後の診察であったために、非常にピリピリとした中での


相談でしたので上手く説明が出来たのかはわかりませんが


前回の診察時には「外科ではもう何もすることはない」と言い切ったのですが、内科受診→内科医より外科に再診察を指示され、不定愁訴を抱えて


生活するのは苦痛です。と伝えると「確かに自分がオペをした患者さんが


納得をしてくれなければ、こちらとしても満足できない」と言われました。


ここへ来て主治医も私の訴えに傾いてくれた事が最大の収穫でした。


 


やはり私の様なケースはレアなようです。


多分主治医にとっては初めて関わるケースなのではないかと察しました。


又「消化器内科へ繋いで欲しい」旨お願いしたのですが


これについては主治医のプライドなのか、急にスイッチが入ったように徹底的に調べようという方向で決着がつきました。


 


最終的には心因性で心療内科に行くような話しぶりでした。


あくまでも検査は一通りやるけども・・・


と言う様なニュアンスに感じられましたが、50分も時間をかけて話を聞いてくれた事に私にはとても嬉しく思えました。


 


大変参考になるアドバイスや、新たな情報のご提供を頂きまして


この度は大変お世話になりました。


本当にありがとうございました。


自己判断ですが、きっと私は最終的に「胆嚢摘出後症候群」となると


思います(笑)


今回のケースで、諦めず自身で積極的に関わっていくというスタンスが


非常に重要なんだと痛感した次第です。


これを踏まえ、今後も医師任せにせずに医師と向き合ってみたいと思います。


 


本当にありがとうございました。


 


今後のご検討をお祈りしております。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご報告感謝します。

少しでも前に進めてよかったと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
こちらこそありがとうございました!

医療 についての関連する質問