JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

いろいろやっていて、たまたま辿りつきました。 相談する診療科が違うかもしれませんが教えて下さい。 3日前に眼科医

解決済みの質問:

いろいろやっていて、たまたま辿りつきました。
相談する診療科が違うかもしれませんが教えて下さい。
3日前に眼科医でウイルス性の結膜炎と診断されました。
現在、点眼治療のみ行っているのですが、発熱、喉の痛みに、耳の前あたりと顎の下にしこりがあり 、こちらは一向に回復の兆しがありません。
点眼治療だけで治るのでしょうか?
また、注意していたのですが、顔の何カ所かが大きなニキビのように腫れてきました。これはウイルスが転移してしまったのでしょうか?
何科の診療を受けるのが適切なのか教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

発熱、喉の痛みに、耳の前あたりと顎の下にしこりですが、何日くらい続いていますか。
お顔のニキビのような腫れですが、膿を持っているような感じで痛みますか。
その部分に関してましては写真は添付できますか。

年齢、持病、服用されているお薬があれば教えてくださいね。

質問者: 返答済み 5 年 前.

連絡ありがとうございます


発熱はおさまりました


しこりに気づいたのは5日前です。眼科の先生にも説明はしました。


喉の痛みも5日ほど続いており、不思議なのは結膜炎を起こしている右側の喉の奥だけ痛みがあり、左側は特に問題はありません


ただ切ないのが、唾液を飲み込むだけでかなり痛いです


 


また、あれから皮膚科の診療も受けたのですが、先生も原因が分からないそうでした


ウイルス性の結膜炎ということで、ヘルペスを疑ったようですが、発症の仕方が違う事と、帯状疱疹とも違うと言っておられました


喉の腫れから咽頭結膜炎とも考えたそうですが、もしその場合は発疹はしないので、一応ヘルペス性の薬を頂きました


 


腫れは中心部がジュクジュクしており、何となく黄色いので膿んでいる可能性はあります


痛みは特になく、むしろ痒いです


写真を添付いたしましたが、額、眼の周りだけでなく、顎の方にまで現在は広がっています


 


歳は38歳で持病は有りませんが、4週間前に奥歯の親知らずを抜いた事と、10日程前に階段の上り下りが出来なくなるほどの過度の運動をして筋肉痛に悶絶しておりました


 


以下は処方された薬です


眼科「フルメトロン点眼液0,1%(抗炎症ステロイド水性懸濁点眼剤)」「ガチフロ点眼液0,3%(広範囲抗菌点眼剤)」「タリビッド眼軟膏0,3%(オフロキサシン眼軟膏)」


 


皮膚科「バルトレックス錠500(バラシクロビル塩酸塩錠)」「バラマイシン軟膏(バシトラシン・フラジオマイシン硫酸塩軟膏)」


 


専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事をありがとうございます。
実は写真の添付がうまくいっていないようです。
もう一度送っていただけますか。

それとただいま移動中でお答えが少し遅くなりますがご了承くださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

どうやっても、写真の貼付がうまくいきませんが、症状が皮膚科の先生の薬でだいぶ良くなりました。


 


広がっていくこともなく、かさぶたになりました。


元々、自分が持っていた菌が体力が落ちた事で、発症したのではないかとのことです。


このまま、しばらく経過を観察していきたいと思います。


ありがとうございました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。
ご報告ありがとうございました。ひとまずよくなられているご様子、安心しました。

写真の件でお手数をおかけしまして申し訳なかったです。

皮膚の方は目や喉の症状とは別に膿んでいたようですので二次的に?バクテリアの感染症を生じているような印象を受けました。
あなたのおっしゃっているようにご自分の皮膚に住んでいる常在菌が感染症のげんいんだったんでしょうね。
皮膚科で出されたバラマイシン軟膏が抗生物質を含んでいますからそれで、バクテリアをうまく殺してくれたんでしょうね。
私はお写真いかんでは抗生物質の内服をお勧めしようかと思っていましたがあなたの持たれている自然回復力=免疫と抗生物質の外用薬でうまく治療ができてよかったと思います。
バルトレックスの方はおそらく気休めだったでしょうね。
どう考えてもヘルペスではないと思うので。

さて、目と喉と発熱の件ですが、ほぼまちがいなくウィルス性のものだったと思います。
ふつう目安ですが、喉の感染症と目の感染症が同時に出た場合はウィルス性、そして耳の感染症と目の感染症が同時に出た場合はバクテリアによるものなんですね。

ウィルス性の疾患の治療法は対処療法のみでこれと言って特効薬はありません。
いずれは放っておいても治りますが感染力が強いので他の人にうつらないように気をつける必要がありますがそれだけのことなんですね。
一応今回のことでご自分の体力のことをおっしゃっていますが、免疫/体力が下がっていれば今も治らずぐずぐずしているはず。ですから健康な人でもウィルスには勝てないことをあなたも身をもって体験されたことになりますね。

これが私からの事の次第の解説です。
なにはともあれ、よくなられてよかったと思います。

他にも何かご質問がございましたらお受けしますので何でも聞いて下さいね。

docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問