JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

飛蚊症と共に硝子体が濁って来たような気がします。 元々乱視があり、老眼(66歳)で字を読むのにはメガネが必要です。

解決済みの質問:

飛蚊症と共に硝子体が濁って来たような気がします。
元々乱視があり、老眼(66歳)で字を読むのにはメガネが必要です。
眼の中の糸くずが気になるのと、少し曇ったような感じが最近気になりご相談いたします。
外科的治療法か良い薬をご紹介頂ければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

大多数の飛蚊症は眼球の中に詰まった硝子体が加齢性に伴って濁ることで起こります。
従って「飛蚊症と共に硝子体が濁って来た」のではなく、「硝子体が濁ってきたので飛蚊症が起きている」のです。
生理的飛蚊症で病的意義はありませんが、ごく稀に網膜疾患や硝子体出血といった早急な対処を要する疾患の症状として現れることがありますので、眼科を受診して検査を受けておくことはお勧めします。

しかしながら、加齢に伴う硝子体の濁りによって起こった飛蚊症に対する治療方法はありません。

飛蚊症を完全に取り除く為には、硝子体切除術という手術を受ける他には手段がありません。しかし、現在、日本ではよほど強い硝子体混濁でなければ、改善のメリットよりも手術のリスクの方が高いと判断され、老化現象による硝子体混濁に対して手術を行うことは一般的ではありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご解答有難う御座いました。


 


外科的治療以外に、症状を改善する、または進行を抑制する薬か有効なサプリメント及びメーカーを、ご教示頂けませんか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
残念ながら、飛蚊症の進行を抑制するお薬はありません。

サプリメントは効きません。効かないからサプリメントなのです。あくまで栄養補助のためのものですから、病気に対する効果は期待できません。

この回答は医学的に正しい回答ですので、感情的にマイナス評価を下すことはお控え下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問