JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

66歳男性 横浜在住のKです 仕事は軽作業を月15日ほど行っております 大きな病気は 8年前に副腎腫瘍で片方

解決済みの質問:

66歳男性
横浜在住のKです
仕事は軽作業を月15日ほど行っております
大きな病気は
8年前に副腎腫瘍で片方の副腎を大学病院で摘出しました
その後経過観察で泌尿器科でCT、血液、尿検査おこなっております
その都度経過は良いとの事です。

本年1月より
小さなかゆみを伴う発疹が昼夜問わず胸部、背中に出来て近くの病院を受診しました
検査を行いアレルギー検査では
非特異的IgE501とさらに
RAST-かもがや0.35と結果が出ました
医師は毛のう炎も出来てるとおっしゃっていましたが
顔にはニキビなども出来、その頃老人性いぼも大き くなってきました
病院では生活環境に変化は無かったかと質問されましたが
10月から12月まで木造家屋のリホームを行いましたと答えました
その病院では
ステロイド塗り薬とかゆみ止め飲み薬をもらいましたが改善せず
大きな地域医療の病院を紹介してもらいました

その病院でも毛のう炎と診断されました
通院中も症状が頭部、手足まで全身に広がりました
処方された薬は
アレルオフ錠、リンデンロンVGローション、ヒルドイドソフト軟膏、アゼプチン錠、マイザー軟膏
パスタロンクリーム、アンテベートローション
以上の処方いただいたのですが
改善せず発疹の様な出来物の痒みは止まりませんでした
5ヶ月後さらに大学病院を紹介され
その病院でも毛のう炎が主と診断され
処方された薬は
ハイボン錠、ピドキサール錠、アレロック錠、ダラシンTゲル軟膏、フルメタ軟膏
以上9ヶ月になりますが
毛のう炎(発疹?)は頭部(頭髪部)顔など足の指に至るまで全身に
広がるばかりです
医師の診断では
播種状紅班丘疼型で小型の紅班、丘疼が認められると判断された様です
1月頃に出来た毛のう炎あとも残り小さいですが黒く硬くなり時折かゆくなります
新しく出来た毛のう炎も赤く腫れかゆみが伴います
かゆい時は全身の数十箇所がかゆくなり30分位でかゆみが軽度になり
他の部分の箇所にかゆみが移動します
老人性いぼも数箇所出来ていますがそれも一斉にかゆくなります
病院では内科の診療も受けましたが内科的には症状が認められず
現在も皮膚科診療が続いており殆ど病状の改善には至っておりません

大きな病気(悪性りんぱ腫)などかくれた病気が潜在されているのではと
思い心配です
以上ご相談申し上げます
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへんですね。
今ではあまりにも治らないため悪性の病気ではないかなどと考えられるのも無理はないと思います。
悪性リンパ腫でしたらもうすでにリンパ節の腫れをどこかに触れられていることでしょうから違うと思います。

さて、もうすでにいくつかの病院を受診されていますよね。
皮膚の生検は行われましたか。

好酸球性嚢ほうせい毛包炎というのがあるのですが、

http://www.nanbyou.or.jp/entry/731

この可能性は示唆されたことはありませんでしょうか。

お返事をまずはお待ちしています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとう御座いました


今日ちょうど大学病院受診日でしたので


'好酸球性嚢ほうせい毛包炎’の症状聞いてみました


血液検査の結果


好酸の検出は異常ではないとの事でした


皮膚の生検は今のところ必要がないとの事で


病状がはっきりしているので


現在治療の為の薬の投与などで十分であるとの事でした


長くかかるので長期的に治療の継続が必要との事でした


患部の大小20数個の'いぼ’に冷却した窒素?を当て


ウイルス駆除?対応してもらいました


今日も


フルメタ軟膏、ロコイド軟膏、オイラックスクリーム、


ダラシンTゲル


ハイボン錠、ヒドキサール錠、クラリチン錠


を処方され塗る場合の注意など詳細説明がありました


好酸球性嚢ほうせい毛包炎の病状ではなさそうですので


安心しました


今まで医師からの一方方向で疑問があっも質問する事はありませんでした


今回で7~8回の受診の受診になりますが


こちらの心配事を初めてぶつけて質問する


勇気をもてました


ありがとう御座いました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。

それはよかったです。

ちょうど受診の前に気になる鑑別を書き込んでおいてよかったですね。
そういう難病だったらほんとうに困りますものね。

ちゃんと説明を受けられたようですし、治療も進んでいるようですしこちらも安心しました。

今回、お役に立てたかよくわかりませんが、心配事を聞いて差し上げるだけでもよかったかなと思っております。

もしこの件でもっとご質問がございましたら続けられてくださいね。

これであまりにも長引くようなら生検をお願いしましょう。

こちらこそありがとうございました。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問