JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

健康診断で、血圧が高いことがわかり、げんいんは、腎臓にありました。町の泌尿器科にかかり、病名は、慢性腎臓病と診断され

解決済みの質問:

健康診断で、血圧が高いことがわかり、げんいんは、腎臓にありました。町の泌尿器科にかかり、病名は、慢性腎臓病と診断されました。

血圧は、薬で120に下がり、週5日(一日5時間 保育園の調理)の仕事もそのまま続けていいといわれました。

今は、一日の塩分を10gに制限していますが、何かほかに気をつけたほうがいいことがありますか。教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

腎性高血圧で、生活習慣上留意すべき点としては、以下の事項が挙げられます。

①食塩制限(1日6~7g以下が推奨されています)

②適正体重維持

③130/85mmHg未満を目標とした血圧コントロール(高血圧自体が腎不全の悪化因子であるため、悪循環が起こるのです)

体重は、もしも標準体重を超過していたら減量が必要ですし、塩分はもう少し低用量を目標にされるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

悪化させないために、大きい病院でも、診ていただいたほうが良いのでしょうか。


そのときは、泌尿器科と腎臓内科どちらがよろしいのでしょうか。


 


教えてください。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
腎性高血圧の場合は、コントロールがうまくいかなければ、最悪の場合、将来的に人工透析が必要になることもありえます。

早期から専門性が高い大きな病院で治療を受けられていた方がよろしいかと存じます。
泌尿器科を受診すべきか腎臓内科を受診すべきかは、病院ごとに異なりますので、受診前に病院側に問い合わせるか、現主治医と相談されるのがよいでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問