JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

47歳女性です。宅配便のドライバーをしています。  今年2月、仕事中に足を滑らせて右膝を強打し、その後膝の裏から足

解決済みの質問:

47歳女性です。宅配便のドライバーをしています。
 今年2月、仕事中に足を滑らせて右膝を強打し、その後膝の裏から足首にかけて痛みが続いたため受診、整形外科で半月板損傷と診断を受けました。2週間に一度ヒアルロン酸の注射を4回受け、痛みが引いたために治療は中止していました。
 その後特に問題なく仕事もしていたのですが、先日重い荷物をしゃがんだ状態から持ち上げた時に右膝に違和感を感じ、その日の午後から膝の内側が痛み始めました。翌日には膝がひっかかるようになり前回と同じ整形外科を受診したところやはり半月板損傷と診断を受けました。前回のけがが治りきらないところに大きな負荷をかけたために再発したのではないかとのお話でした。
 ヒアルロン酸の注射と週2~3回のリハビリに通うよう言われたのですが、仕事の都合でリハビリに週3回も通うのは難しい状態です。正直なところを申しますと、整形外科で行ういわゆるリハビリに本当に効果があるのか疑問を感じているというのもあります。職場に無理を頼んでシフトを組んでもらえば通えなくはないかもしれませんが、それは職場にかなり迷惑をかけることになりますし、そこまでしてまで通う必要といいますか価値があるのかと。
 また診断はレントゲン撮影と触診のみでMRI撮影はしていません。
 現在、仕事中はスポーツ用のサポーターを付けています。宅配便のドライバーですので30キロ程度の荷物を持って階段を上がったりすることもあります。
 今後どのように治療を進めていくべきでしょうか。ご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

怪我の性質についてどのように説明を受けられているのかご記載がありませんが、半月板は血行がほとんどない組織であるため、損傷すると、自然治癒はしません。
損傷したまま様子を見るか(保存的治療)、手術をして縫合もしくは切除を行う必要があります。
「膝がひっかかるよう」になったのはロッキングという症状で、千切れた(千切れかかった)半月板が関節に挟まって起こります。
通常、この症状が見られると手術適応になります。
http://www.zamst.jp/tetsujin/ask/40_medical.html

半月板損傷はMRI検査を行わなければ正確な診断はつきません。
現在通われている整形外科に、的確な診断・治療能力があるようには見受けられませんので、膝の関節鏡手術を行っていて、MRIを備えた専門医を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 猫山様


 


 おはようございます。早速のご回答ありがとうございました。



 現在かかっているドクターからは半月板損傷についてあまり説明してもらっていません。自分でネットで調べて半月板はレントゲンには写らないと知りました。


 今回の診察の際「2月のけがが治りきらないうちに…」とドクターからは言われましたが、半月板は自然治癒しないということは2月のけがは治った訳ではなかったということなのでしょうか?だとすると、痛みがなくなっていたのはどうしてだったのでしょうか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

例えばスポーツ選手であっても、半月板断裂後に一定期間の安静を維持すれば痛みは無くなります。炎症が収まるからですが、半月板は血管だけでは なく神経の分布も乏しく、そもそも「鈍い」組織なのです。
それでもやはり、断裂はしたままですから、半月板に負担がかかるような動きや姿勢をとることで痛みは出てきます。

保存的治療とは、鎮痛剤を処方したり、リハビリテーションとして膝関節の安定性を増すような筋力トレーニングを行って半月板への負担を減らす治療のことです。

相談者様の痛みが一時的にでも無くなったのは、保存的治療による一時的なものです。
「2月のけがが治りきらないうちに…」という説明は、それ自体が破綻していると思います。

ただ、前述のように、レントゲン検査しか受けられていない相談者様の場合、診断が半月板損傷なのかどうかも確定はしていませんから、痛みの理由や痛みが無くなった理由をここであれこれ推理してもあまり意味は無いかもしれません。
質問者: 返答済み 4 年 前.


 ご返信ありがとうございました。


 


 ご説明よくわかりました。おっしゃるとおり前回のけが自体、ほんとうに半月板損傷かどうかわからないわけですし、とにかく病院を変えてみようと思います。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 昨日、いただいたアドバイスを参考にネットで病院を探し、自宅からは少し遠いですが設備が整っていて専門性も高いと思われるクリニックへ行ってきました。


 簡単な問診の後のレントゲン検査を経て診察を受けたところ、診断はなんと坐骨神経痛でした。健康な左ひざと比べ、右ひざは筋肉が強張ってしまって真っすぐ伸び切らない状態になっていることが分かりました。右足の親指は力がしっかり入らないようになっていて自分でもびっくりしました。


 ひざ関節自体は特に問題はないとのことで、前回の半月板損傷を疑われたけがと今回の痛みは無関係だろうとのお話でした。確かに前回の痛みと今回の痛みは場所と痛さの性質が少し違っていましたので、なるほどという感じでした。ただ、腰自体には全く痛みを感じていませんので、まさか腰が原因でひざに痛みが出ていたとは思いもしませんでした。


 リハビリ室で腰のけん引と電気治療を受け、ストレッチ法を教えていただいて、テルネリンという薬を2週間分処方していただきました。


 


 今回、こちらで相談させていただいてほんとうによかったです。ぼんやりと「今の病院でいいのかな…」と思ってはいたのですが、猫山様にアドバイスをいただいて思い切って病院を変えることができました。昨日診ていただいたクリニックは、設備はもろちん理学療法士さんなどスタッフの数やレベルも今までかかっていた病院とは比べ物にならないと感じました。遠いので通うのは少し面倒ですがそれだけの価値があると思いました。やはり病院はしっかり選ばないといけませんね。


 


 このたびは本当にお世話になりました。感謝しています。どうもありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ご丁寧にご報告をいただきましてありがとうございます。

坐骨神経痛とは意外な診断でしたね。確かに、膝裏痛が現れることはありますが……

とにかく、適切な診断が付いたのは何よりでした。
ご快癒を祈念しております。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問