JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

右足の指先が急にあがらなくなってしまいました。医者にきましたが、ビタミンB12と炎症を抑える薬をもらって1週間たちま

解決済みの質問:

右足の指先 が急にあがらなくなってしまいました。医者にきましたが、ビタミンB12と炎症を抑える薬をもらって1週間たちましたが、改善のきざしがみえません。
 針などで刺激をあたえたり、マッサージをしたほうがいいのでしょうか?
原因はうたた寝していた際、右足の膝裏の腓骨神経を圧迫したのではないか?という診断です。
多分2時間ぐらい変な状態でねていたかもしれません。
痛みもないが右足ひざ下が絶えずしびれた状態です。つまずく状況です。
早く直してソフトテニス競技へ復帰したい。なんとかお願いします。
55才男子です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

それで、腰のレントゲンは正常だったんでしょうか。
持病や服用されているお薬は他にもありますか。

ソフトテニスはその当日もプレーされていたんですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
,レントゲンは正常。多少腰の骨でおされているかもしれないが、問題ないか?土曜日はソフトテニスはやっていない。2時間ぐらい買物であるいていただけ薬はソレトン錠80mg、レパミピド錠100mg(ケミファ)も一緒に処方されてのんでいる。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

そうしますと今のところは腓骨神経麻痺ということになっているんですよね。

撮ったレントゲンは腰椎のみだったのかどうかがわからないのですが、明らかに外傷はなかったようですし、膝の外側からの圧迫が何らかの形であったということなのでしょう。
MRIがまだなら詳細を知るためにも一応撮っておかれるといいんですけどね。

このように原因が明らかでない場合は保存療法を3ヶ月ほど続けるのが基本的な治療法ですが、そのように説明はあったのでしょうか。

今後、リハビリは予定されていますか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

3週間ぐらいかかるといわれました
そんなにかかるのは困るのでいまこの依頼をしているのです、


そのぐらいの価値が

質問者: 返答済み 5 年 前.

3週間ぐらいかかるといわれました
そんなにかかるのは困るのでいまこの依頼をしているのです、


そのぐらいの価値がありませんか


リハビリの方法を知りたい。21日の試合にまにあわせたいのですが無理でしょうか

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そういうことですか。

これは理学療法の域に入りますね。

どのようなリハビリでも試合に間に合うような保証付きのものはないです。
この神経には表面にあるものと深部にあるものの二つがありますがどちらが麻痺しているのかすらわからないですし。

一般的な詳細はお話しできますがそれ以外は無理です。
それでいいかどうかお知らせ下さい。

それいかんでは私はオプトアウトしますね。
お返事をお待ちしています。
質問者: 返答済み 5 年 前.


わがままいっていますよね。すいません。


神経は表面なのか深部なのかはわかりません。今日も指はあがりませんが、親指を上に動かしている骨?がやっと少し見えるようなかんじがしてきました。


一般的なリハビリ方法でいいので教えてください。


現在は毎日朝晩に足の指をもみほぐすこと、足首を回すこと、また会社へは自転車で通勤すること(片道8KM)など、やりつつあるところです。


お風呂なども効果あるのでしょうか?あっためたり冷やしたりすると神経に刺激があっていいいのかと思います。今日は会社休日ですがリハビリかねて自転車でいってきます。(スポーツしていますがどちらかというと太って


います。161CM 69KGです。)その後近くのお風呂でもみほぐす予定です。また整体にもいきたいとおもっていますが、あまりよくないのでしょうか?


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。
それでは一般的なリハビリの方法をビデオで示します。

これは英語のサイトですが、神経の腰椎からの出方がよくわかります。
また腰椎のL4-5間のヘルニアからもこのような問題が起きますのでもしまだ調べてもらっていないのなら腰椎のMRIをお願いしてもらってくださいね。

http://www.youtube.com/watch?v=J7-L9MFRXD8

文章では説明がしにくいですので、画面を見ていただきますね。

http://www.youtube.com/watch?v=achIjayAVF0&feature=fvwrel

このような個人的にアレンジされたコンピューターソフトウェアで、腓骨神経を特定して神経を刺激する装置もあります。
こういう装置はあるということをご紹介しておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=yeYHF6-WksE&feature=related

Walkaideという名前がついているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=jSB6t7QQBxo&feature=related

このようなAFOと呼ばれる装具も安全に歩くためには必要かもしれません。

次にストレッチ法です。

http://www.youtube.com/watch?v=-Bsz9OaQPTI

どなたかにやってもらわなければいけませんが、このビデオではストレッチの方法を紹介しています。
最初の分は足を二箇所つかんで足を足底の方向へ抵抗があるまでゆっくり押して30秒ほど押さえ、そのあとゆっくり離します。
二つ目の方法は、その逆方向へストレッチをします。

http://www.youtube.com/watch?v=hpDpvOWKGO0

うつぶせに寝ますと、歩くモーションをシミュレートして膝のストレッチも含めたこのようなストレッチもします。

http://www.youtube.com/watch?v=3FUjiMWZW1w

これが最後のビデオとなりますが、こういう運動をすることにより、神経麻痺により使えない前脛骨筋を補う上で後脛骨筋を鍛える運動を紹介しています。
英語はわからなくともビデオの真似をすればいいということと、どのような運動が役に立つか参考になると思います。

温めるのはいいと思います。

理学療法を理学療法士のもと受けられるのが一番いいんですけどね。

最後に足外科専門医のサイトをお送りしておきます。
参考にされてください。

http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

すべて英語のサイトで申し訳ないですが、参考になればと思います。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を記入されて下さいね。


docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問