JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

お訊ねします。 私は本人ではありません、職場の上司です。 ですから、症状等は本人から聞いたものや、他の者から間接

解決済みの質問:

お訊ねします。
私は本人ではありません、職場の上司です。
ですから、症状等は本人から聞いたものや、他の者から間接的に聞いたもので、検査結果の数値等も一切ありません。  このような条件で的確な回答をしにくいとは思いますが、今後の職場の体制を考える上で参考にしたいのでお答え頂きたく存じます。
経過
○ 本年8月に本人より、「肝臓に腫瘍が見付かった、切らずに「焼く」治療を受けるので10日ほど休ませてもらいたい」旨の申し入れがありました。
○ 腫瘍が発見されたきっかけは、約10年前にやはり癌で精巣切除をしているので、定期的に検診を受けていたためです。
○ 8月末 事前の検査を受ける。
○ 9 月12日 手術実施。
○ 9月20日頃 そろそろ退院と考えていた矢先に何だか分からなくなって倒れた(本人言)、すぐに集中治療室に収容された。
○ 9月21日頃 呼吸困難になった。
○ 後日本人から聞いたところ、倒れた原因は「内蔵」に出血し、血圧が70以下になってしまったためで、呼吸困難の原因は「横隔膜」に「みず」が溜まったためだと説明を受けたとのこと。
○ 9月29日 見舞いに行った者によると、食事がそれまではお粥だったが、昨日からご飯になったとのこと。
○ 10月5日 本人からの電話によると、血小板が少ないので輸血を受けている、退院の時期はまだ分からない。
○ 血小板が少ない件は、以前から私も知っていた事ですし、当然ながら本人も認識していました。

以上のような経過です、お訊ねしたいのは。
1 今後どのような経過をたどって退院できるのか。
2 再発の可能性は? 「可能性」といえば0ではないとは思いますが、一般論としていかがでしょうか。
3 骨髄等への転移の「可能性」はどうでしょうか、現在、輸血をしていることから、どのように推測されますか。
4 第三者が詳細を医療機関から直接聴く事は可能なのでしょうか。
お手数をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

情報が限られていますのでとても難しいですがお答えにチャレンジしてみます。

①退院は血小板の数が安定して肝機能がある程度正常化された時点でOKが出ると思います。輸血を受けている限りは無理でしょう。

②再発の可能性は昔精巣ガンを患われていることからも高いのではないかと思います。
この肝臓がんがそもそも原発なのか、どこかから転移したものかもよくわからないですが。

③血小板が低下している理由は骨髄の転移ではなくおそらく肝臓がんにより脾臓が肥大して血小板を取り込みすぎているためでは?と想像します。

④守秘義務があります。ご本人から直接聞くか、ご家族から様子を聞くことしかできないです。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。


質問者: 返答済み 4 年 前.

docmmart 様


 


回答有難うございます。


 


肝機能および脾臓の状態が正常化するのに、通常はどのくらいの日数を要するのですか?


 


第三者がある程度的確に今後の経過を予測するためには、どのような情報を入手すればよいのでしょうか?


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。

今の状態ではなんとも言えないですね。
情報がなさすぎます。
しかし、一般的には集中治療室におられる限りはまだまだダメでしょう。
そこからいきなり退院という事はなく、一般病棟に移って様子をみますから一ヶ月以上はかかるのでは?

今後の動きは、ご家族から伺われるのが一番でしょう。
それか、ご本人が面会できる状態なら了解をとって本人が同意されれば主治医とお話しされてもいいのではないですか。
でも一応それは文書にしておいたほうがいいでしょうね。
質問者: 返答済み 4 年 前.


お世話になりました。


情報不足のためこれが限界でしょう。


有難うございました。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。

上司としては確かにご心配でしょうね。
お気持ちは十分伝わっていました。

こちらこそありがとうございました。
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験: 医師
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問