JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは、 私はサッカー大好きな44歳の男性です。 左膝内側が痛く医者に通いました、6月に痛めて、10月に

解決済みの質問:

こんにちは、
私はサッカー大好きな44歳の男性です。

左膝内側が痛く医者に通いました、6月に痛めて、10月に復帰?

しかしながら、未だに膝が深く曲げられない状況です

何が原因なのか?、どうすれば治癒できるのか?調べるいいお医者さんいませんか?

私は、埼玉県南西部に住んでいます。

よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めております。

 

膝内側の疼痛、関節の可動制限ということですから、もっとも可能性が高いのは半月板損傷であろうと考えます。膝が曲げられないのは、千切れた、もしくは千切れかけた靭帯が間接に挟まる「ロッキング」と呼ばれる症状であろうと予想します。
靱帯損傷を伴っている可能性も否定できません。

 

【膝半月板損傷】

http://hone.ninpou.jp/seikei/meniscus.htm

 

既に医者には通われているとのことですが、その医者はスポール整形外科医ではなく、MRIによる膝関節の状態評価も行われていないのではないかと推察いたします。

非常に専門性の高い分野ですから、適切な診断と治療を受けられるためには、スポーツ専門医を受診される必要がございます。

恐らく、関節鏡手術による半月板の縫合か切除術の対象となるでしょう。

 

各種トラブル回避のため、JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。
ただし、スポーツ外傷であれば、日本整形外科学会のサイトから、学会認定のスポーツ整形専門医が検索可能です。

【日本整形外科学会認定スポーツ医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問