JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

長期療養型病院に入院中の母(77歳)の事です。 症状: 1)口の咀嚼が、昼間ズーッと無意識で、パクパクと止ま

解決済みの質問:

長期療養型病院に入院中の母(77歳)の事です。

症状:
1)口の咀嚼が、昼間ズーッと無意識で、パクパクと止まらない現象が、現在まで続いている。
  本人は、口の周りをさわると痛いと言っています。
2)左手足の麻痺がだいぶ出てきている。
3)話す事もままならなく、なりつつある。
4)舌の動きが悪い様子。
5)意識レベルはよく、昼間ラジオをよく聞いている。現在、ADL:3、要介護:5です。
6)口の周りの筋肉の動きが悪い様子

経歴:2004年3月27日に、母(当時69歳)が自宅2階、階段上から一階へ転落して
   いるのを、外出から帰ったときに、私が 発見し、地元東京都府中市の都立府中病院
   (救急病院)に救急車で連れて行きました。病名は、左外傷性硬膜下血腫、右頭頂脳挫傷、
    外傷性硬膜下血腫となり、たまった血液を抜くための手術を受け、延命治療終了の
    1ヶ月後にリハビリのため、山梨県のリハビリ病院に転院。2007年7月30日、
    同じ病院に入院中の父死去。そのためなのか?病院内にて嘔吐し、その後、胃ろう生成。
    その後、口の咀嚼が、昼間ズーッと無意識で、パクパクと止まらない現象が、現在まで
    続いている。上の前歯も少し削れている。

考察:本人が、喋りにくいので、よくわかりませんが、上あごと下あごのかみ合わせが良くない様に思えます。
   以前、下の歯を全て根本を残して、一度取って、その上にブリッジみたいな形で、白い歯をかぶせてありますが、
   正面から見ると、右に少し傾いているように見えます。

   一応、長期療養型病院なので、担当医にも、話したのですが、なぜか、うやむやに?されてしまいます。
   病名も、告げられません。なぜ?

   脳梗塞の後遺症による咀嚼異常だとは、思うのですが、なにか手だては内のでしょうか?
   母は、このまま死ぬまで、病院で咀嚼異常のままなのでしょうか?
   せめて、痛みを軽減させてあげたいのですが・・・
   よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

「パクパク」は口唇ジスキネジアである可能性が高いと考えます。

【口唇ジスキネジア】
http://www.treatneuro.com/archives/2367

加齢によっても生じますし、脳の器質的障害や、服用されているお薬の副作用としても生じます。

治療は非常に難しく、神経内科を受診して様々な薬物療法をためし、試行錯誤を重ねる必要があります。
長期療養型病院ですと、保険の問題で他院の受診が難しく、またジスキネジア自体は高齢の患者様では珍しい症状ではないため(一種の老化現象と見做される場合もあります)、主治医は治療には消極的なのだと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の返答ありがとうございます。


 


追伸ですが、口のパクパクは、正確には、上の歯と下の歯を、カツカツと約1秒ごとにご飯を食べている
様に音を立てて噛んでいます。また、食事は胃瘻チューブから摂取しています。


寝ている時には、止まっています。


よくわからないのですが、舌の動きが悪くなってきてることも関係しているのですか?


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ジスキネジアも、舌の動きの悪さ(呂律の回りの悪さ、呑み込みの悪さ)もどちらも脳の深い部分にある大脳基底核という部分の障害によって生じますから、無関係ではないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

以前の回答から、調べました。


・口唇ジスキネジア


・脳卒中後に硬く緊張した手足


以上の症状が、長期療養型病院入院中の母(77歳)に起きていますが、インターネットで調べると、共に、「ボツリヌス毒素」を使用して治療の可能性が有るようなのですが、あくまでも、可能性のみなのでしょうか?


家族としては、少しでも、直してあげたいのですが?


 


 

医療 についての関連する質問