JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4105
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

1年半ほど前から緊張する場面で左手が震えるようになりました。当初はゴルフの練習をよくしていてその影響だと思って気にし

質問者の質問

1年半ほど前から緊張する場面で左手が震えるようになりました。当初はゴルフの練習をよくしていてその影響だと思って気にしていませんでしたが最近になって何もしていない時も震えるようになり、緊張 する場面では足も震えます。思い当たるところでは高校生のときにラグビーの練習中に背骨を痛めそれ以来左の手足が一箇所で立ちっぱなしの時や座りっ放しの時にしびれるようになり未だに続いています。診察に行けばいいのでしょうが現状生命保険に加入しておらず病気と診断されるのではないかと少々不安でいけません。何かリハビリ的な物(食生活や睡眠時間など)で改善できませんでしょうか?ちなみに食生活は現状一日一食のダイエットをたびたびこころみています、睡眠時間は平均5時間半です、仕事は副業もしていてかなりハードです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 5 年 前.
何歳ですか。体重と身長はいくらですか。体重の変化はありますか。何かをしようとするとき手が震えますか。それとも何もしていない時手が震えますか。お腹がすいたときに手が震えますか。手が震えるときに他の症状がありますか。家族の方で同じ症状を持っている方がいますか。家族に何か病気はありますか。他に病気がありますか。市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

年齢は45歳で身長169センチ体重70キロ体脂肪22%くらい。


体重は最近の一日一食ダイエットで3キロ落としました。


人と話をする時に振るえます。最近は何もしてなくても長時間座っているとだめです。


おなかの加減にはあまり関係ない気がします。他の症状はありません。


家族に同じ症状は(父は自殺、母は卵巣癌で十年ほど前に他界しています)が生前父はアルコールによる振るえがあったと思います、おじいさんは脳梗塞、父の弟さんも脳梗塞で左手が不自由です。


病歴、服用している薬共にありません。運動を毎日していて腕立て伏せ150回、ゴルフスイング50回程度、テニスのコーチを副業で月、水の夜間と土日にしています。振るえが気になりだした時に腕立て伏せで左手に急に力が入らなくなりそれまでは200回出来たのが100回が限度になりました、現在は150回程度まで回復しています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 5 年 前.
本態性振戦を持っていると思います。その原因の半数は遺伝によるもので、他の半分は原因不明です。年齢とともに多く見られるようになります。それ自体、危険な状態ではありませんが、時間とともに悪化する傾向にあります。ベータ遮断薬がその症状に有効です。神経内科に行って、神経学的身体検査を受けてください。
質問がありましたら、評価の前に躊躇わずに質問してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

しばらくは病院に掛かりたくないので、自分でリハビリに勤めたいのですが、食生活、通常生活、睡眠等で改善した方が良いところはありますか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 5 年 前.
カフェインを含む飲み物を避けてください。ストレスを避けるために運動をしてください。少なくとも7時間は睡眠をとってください。針、催眠術、マッサージを試みてください。臨 床心理学者からバイオフィードバックを行なってください。この方法は電気センサーを使い、肉体の機能をコントロールするために、あなたの精神を使いことを学びます。
一日一回の食事はかえってリバウンドとして大食する可能性があるので、代わりに少しの食事を5回に分けて食べてください。色とりどりの野菜とフローツをたくさんとってください。ファーストフード、揚げ物、乳製品を避けてください。無脂肪の乳製品はとってもかまいません。豚肉、牛肉、羊肉は避けて、鳥の胸肉、魚を食べてください。トランス脂肪を避けてください。飽和脂肪はできるだけ避けてください。不飽和脂肪を含むナッツのような食品を適度にとってください。甘いものは避け、かわりにフローツを食べてください。白米の代わりに玄米を食べてください。質問がありましたら、評価の前に躊躇わずに質問してください。

医療 についての関連する質問